GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

バリバリ英語にしにくい日本語「さすが!」さてどう訳す?

f:id:moutainbook:20181225143651j:plain

北九州市立大学准教授であり、言語学者でもあるアメリカ人のアンちゃんが、新連載では日本語ならではの表現に挑みます。題して「かなり不思議な日本語の世界」。最初に取り上げるのは「さすが!」です。

日本語の言葉のほうが便利なことがある

私の子どもたちは、日本生まれの日本育ちだから、日本語はペラペラです。子どもたちは日本語の環境にいる時間が長いから、家にいるときにはできるだけ英語だけ話そうとしています。

だけど、やっぱり日本語のほうがうまいから、英語の単語がわからないときに、日本語の単語を英文に勝手に入れます。その結果は、バリ変な文です!

たとえば…

“Mommy, めいちゃん and I played 外 but her throat was ガラガラ so she went to the 保健室.”

超ヤバイ!

一番好きなのは、この前聞いた末っ子の発言です。社会見学から帰ってきたときに、授業で習ったことを教えてくれました。

“That 泥 that looks like a ちょんまげ is 固まっとう.”

今回は博多弁も入った!

何を言いたかったのかは、今も全くわかりません。でも、もしかたら「固まっとう」という、ちょんまげみたいな泥は、危ない物なのかもしれない。気をつけないかん!

それから昨日、私の口からこんな文が出ました。

“Don’t 消す it!”

うん。子どもたちだけじゃなく、私の言葉もちょっと怪しくなってきたらしい。

日本に長く住んでいる人は、誰もがこんなことをします。

なんでやろう?

なぜかはわからないけど、日本語の単語の方が便利なときがあるんです。

たとえば、「駅」「携帯」「水筒」や「玄関」。こんな単語を、英語ではほとんど言わない。

だから、“Hey, why is your 水筒 in the 玄関?” と言うと便利。日本に住んでいるアメリカ人の友達はみんな、同じようなことをします。

英語で何かを言いたいけど、当てはまる英語がないことはよくあります!超、腹立つ!!でも、どんな言語にも、ほかの言語に訳せない単語があります。

なぜ?

それは「言葉と文化はつながっている」ということが大きいと思います。たとえば、日本は曖昧さを大事にする国だから、その曖昧さを表す表現も当然多いです(その曖昧な表現については、後日書くバイ!)。

けど、今日話したいことは、バリバリ英語に訳しにくい単語「さすが」についてです。

まず、「さすが」を漢字で書くと、バリカッコいいバイ!書けますか?「流石」です。「さすが」は〈流れ星〉といったいどういう関係があるんでしょう??

わからないけど、わからなくてもよい。バリすてきだ!

褒めるときの「さすが」

f:id:moutainbook:20181226171308j:plain

日本語で「さすが」という言葉を聞くことは多いですよね。たとえば、私が何かをしたときに、友達は「さすが、アメリカ人だ」とか「さすが、大学の准教授だ!」などと言います。

これをバリバリ堅く訳すと次のような感じ。

“Oh! That is to be expected from you as an American (Associate Professor).”

でも、こんなふうにはあまり言いません。

That is just like you!”

That is something an American (Associate Professor) would do!”

通じるけど、どっちも微妙に変。ぴったり当てはまる英語はないんです。

「さすが」は単独でも使いますね。

「日本語のスピーチコンテストで優勝しました!」

「さすが!」

“Hey, I won the Japanese speech contest!”

“I’m not surprised at all! That is just like you.”

“That’s what I expected!”

“It’s just like you.”

“Yeah, of course you did!”

You’re awesome!”

最後の2つくらいがいい気がするけど、それでも、「さすが」のニュアンスを完全に表せてはいないと思います。

事実に納得するときの「さすが」 

「さすが」にはこんな使い方もあります。

「さすがに暑い!」

これは、いったいどう訳したらいい?

“It’s hotter than I expected!”

こんな感じかな。

「さすがに暑いから、マフラーはいらない」なら、次のように言います。

“It’s hotter than I thought it would be, so I don’t need a scarf.”

こんな使い方もあります。

「さすがに遊びすぎて、そろそろ勉強しなければなりません」

Nonetheless, I have goofed off for so long, it is probably time for me to start studying.”

So, yeah, I have been having too much fun, so it is about time for me to get to work.”

Now since I have been goofing around so much, I should probably start studying.”

ひとつの当てはまる単語がないから、英語にするのはバリバリ難しい!文脈によって、訳が変わってきます。

私自身、「さすが」の意味がわかるまでに、かなり時間がかかりました。なんとなく褒め言葉だとわかったけど、どういう褒め言葉なのか、どんなふうに使ってほかの人を褒めるのか。そんなことが、ずっとわからなかった。数年たってやっとわかったけど、英語にどうやって訳したらいいかは、その後もずっとバリ迷っていました。

価値を認めつつ否定する「さすが」

f:id:moutainbook:20181226171412j:plain

「さすが」には、「ポジティブなことを期待しているけど、結果はあまりよくない」という意味もあります。

「英語は楽しく勉強しているけど、さすがに発音が難しすぎる」

“I am having a blast studying English, but the pronunciation is crazy hard.”

「冬の北海道はとてもきれいだけど、さすがに寒い」

“Winter in Hokkaido is beautiful, but it is so stinking cold.”

次のような使い方もあります。

「さすがに大統領でも、国の問題は一人で解決はできない」

Even though he is the president, he can’t solve his country’s problems on his own.”

「さすがに日本語の先生でも、この漢字は読めない」

Even Japanese teachers can’t read this kanji character.”

まとめ

私は英語の obnoxious という単語がめちゃ好きなんだけど、当てはまる日本語がなかなかありません。日本語の「うるさい」と「失礼」と「腹立つ」を混ぜると、このすてきな英語の形容詞の意味に近くなります。

アメリカのスポーツ試合では、こういうファンをよく見ます。何回も立ち上がって、審判に相手チームの選手やバリうるさいことを言い続ける。「あなた、バカやろう!?彼は明らかにセーフだった!眼鏡を買ってやろうか?」みたいに。

こういう人のことを、英語では The fan is so obnoxious. と言います。日本は平和主義で、応援団は冷静に応援することが多いから、そもそもこういうファンはあまりいませんね。

obnoxious みたいに、ぴったり当てはまる日本語がない英語はたくさんあります。一方、今回の「さすが」みたいに、どうしても英語に訳せない日本語も山ほどあります。やけん、これから、毎回、その単語をひとつずつ解説していきます。

ただ、ぴったり訳せない単語はいっぱいあるけん、できるだけ、一番近い、一番自然な英語を教えるね。さすがに難しいけど、頑張るバイ!

さすがアンちゃんだ!! 

アンちゃんのGOTCHA!新書、好評発売中! 

即使える「病院英語」ハンドブック?「診察して」って英語で言えますか? GOTCHA!新書 (アルク ソクデジBOOKS)

即使える「病院英語」ハンドブック?「診察して」って英語で言えますか? GOTCHA!新書 (アルク ソクデジBOOKS)

  • 作者: アン・クレシーニ
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/11/15
  • メディア: Kindle版

そのほかの本もぜひ!

ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?

ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?

  • 作者: アン・クレシーニ
  • 出版社: ぴあ
  • 発売日: 2018/08/31
  • メディア: 単行本

アン・クレシーニ

文:アン・クレシーニ
アメリカ生まれ。福岡県宗像市に住み、北九州市立大学で和製英語と外来語について研究している。自身で発見した日本の面白いことを、博多弁と英語で綴るブログ「アンちゃんから見るニッポン」が人気。Facebookページ更新中!