GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

動画でイチから学ぶ「Brexit」―Part 2:EU離脱を決めた国民投票

動画でイチから学ぶ「Brexit」―Part 2:EU離脱を決めた国民投票

アルクの英語情報誌『ENGLISH JOURNAL』(イングリッシュジャーナル)の連載「EJ Lecture」は、内容と連動する動画を毎月ご紹介しています。今回のテーマは「イギリス大混迷 未知なる Brexit」です。

2016年6月23日、イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票が行われてから3年。「離脱支持51.9%/残留支持48.1%」という投票結果は、イギリスだけでなく世界中の人を驚かせ、現在も大きな影響を及ぼしています。

そこで今回、イギリス出身のジャーナリスト、ギャヴィン・ブレアさんに、国民投票の結果とその背景について、さまざまな角度から「英語で」解説してもらいました。英語を学びながら、ただいま大混迷中の Brexit について学びましょう!

f:id:EnglishJournal:20190716095247p:plain

ギャヴィン・ジャイ・ブレア

1970年、イギリス、ロンドン生まれ。1997年から日本に在住し、『L.A.Times(ロサンゼルス・タイムズ)』など各紙の日本特派員やジャーナリストとして活躍。2014年から日本外国特派員協会の出版委員会会長を務める。専門は日本の政治、経済、映画、文化、スポーツなど。

Brexitのこれまで

国民投票の結果とその背景を知ろう

動画内に登場する「referendum(国民投票)」「split(〜を分裂させる)」「turnout(投票率)」などの単語が聞き取れましたか?Brexitに関して議論する際に頻繁に使われる単語なので、この機会にぜひ押さえておいてください。映像があると、英語でどんな内容を話しているか視覚的にわかりやすく、初級者の方にもおすすめです。レクチャー動画を実際に見ながら、「Brexit」についてイチから学んでみましょう。

この動画のスクリプトと和訳はENGLISH JOURNAL8月号で!

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年8月号

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年8月号

  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: 雑誌
  •  
 

英語でのレクチャーが充実! EJオリジナル動画はこちら

ENGLISH JOURNAL 4・5・6月号の Lecture は、経営コンサルタントのロッシェル・カップさんに「英語での働き方」について教えてもらいました。ビジネスパーソン必見の動画となっていますので、ぜひこちらも併せてお楽しみください。

www.alc.co.jp

写真:田村 充
構成・文:須藤瑠美(ENGLISH JOURNAL編集部)

トップ画像:DANIEL DIAZPixabay