GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語の発音がネイティブに近付くたった一つの方法とは?

英語の発音がネイティブに近付くたった一つの方法とは?

※写真は女優でプロのナレーターの宮本和歌子さんです。

英語をカッコよくしゃべれるようになりたい!帰国子女じゃなくても、留学経験がなくても、英語に自信が持てるようになりたい!そんな夢がかなう学習法ってあるの?女優でプロのナレーターの宮本和歌子さんに、2回にわたって英語上達法を教えていただきます。

こんにちは、宮本和歌子です。前回に続き、海外居住経験がなくても、「英語の発音がきれい」と褒められるようになるまでの、とっておき発音練習法をお伝えします。

「母音」を正しく発音すればネイティブの英語に近づく

bit、sit、is の発音/i/をマスターしよう!

大学では英語音声学という発音について学ぶ授業がありました。そのときに気付いたことは、母音を正しく使い分けることができると、かなり英語らしい発音になるということです。英語の母音は日本語よりもはるかに多く、使い分けるのが難しいのです。やはり、地道に発音記号で確認しながら、丁寧に発音練習していくことが重要です。子音よりも、母音を正しく使い分ける方が難しいと感じます。
例えば、bit(少し)、sit(座る)、is(~です) の/i/と、beat(打つ)、seat(席)、ease(安心) の/iː/の違い。どちらも日本語だと、「イ」ですが、/i/は、/iː/に比べるとあいまいな音になります。顎の力を抜いて、「イ」と「エ」を同時に発音するイメージです。

/i/ bit(少し) sit(座る) is(~です)
/iː/ beat(打つ) seat(席) ease(安心

low、so、toe の発音/ou/ができたら、ネイティブらしく聞こえる

二重母音にも気を付けています。これは英語と日本語で大きく違うところなので、英語の二重母音は、はっきりと発音することを意識しています。簡単に言うと、「オウ」なのか「オー」なのかの違いですね。

英語だと、二重母音なのか、単純に伸ばす音なのかで、まったく違う意味になってしまうので、注意が必要です。 例えば、law(法律)、saw(のこぎり)、talk(話す)の/ɔː/と、low(低い)、so(そのように)、toe(つまさき)の/ou/です。

/ɔː/ law(法律) saw(のこぎり) talk(話す)
/ou/ low(低い) so(そのように) toe(つまさき)

よく耳にする「オー・マイ・ガー!」は、英語の Oh my God!(何てことだ!)を意味する表現として使われていますが、Oh は二重母音ですので、「オウ」と発音するのが正しいのです。

また、Oh, no! (しまった!)は Oh も no も二重母音なので、「オウ・ノウ!」となりますね。「オー・ノー!」と言ってしまわないように気を付けてくださいね。

二重母音を見つけたら、正しく発音していくことで、発音全体が見違えるようにきれいになりますよ。

長い英文は、文のお尻から発音しよう!

大量の英語を覚えなければならないとき、これは本当に何度も繰り返し練習するのみなのですが、一つやっていた練習法があります。
長い文を覚えるときに、文のお尻から発音して覚えていきます。例えば、

Why didn’t you wear your glasses when you put on your makeup?

なぜ化粧をしたときに眼鏡を掛けなかったの?

“The Show Must Go On”『English in Three Acts』(Richard A. Via 著)より

という英語のせりふがあります。この文を覚える場合、まずは・・・

put on your makeup?

お尻からフレーズの固まりを何回か練習します。次に・・・

when you put on your makeup?

when you を加えて、何回か練習します。さらに・・・

wear your glasses when you put on your makeup?

wear your glasses も加えて、何回か練習します。そして最後に・・・

Why didn’t you wear your glasses when you put on your makeup?

と、一文全てを練習します。このように後ろから練習して覚えていく方法です。これは、正確に一つ一つの英文を覚えていくときに効果的な方法です。

スピーチやプレゼンなど、大量の英文を覚えていくコツとしては、全体の内容を理解するというのは大前提です。まず、大きな流れをつかんでから、細かく一文一文覚えていくことが大切です。
私は舞台で英語劇をすることがありますが、2時間ぐらいの芝居の台本を、自分のせりふ以外のところも全体を理解してから、自分のせりふの細かいところまで覚えていきます。お尻から練習する方法を取り入れると、短いフレーズから始めて、何度も音読できるので、覚える過程で感情移入がスムーズにできることも利点です。

音読におすすめの学習素材

音読練習におすすめしたい学習素材は、テキストがあって、音声も付いているものがいいです。どんな分野でも、自分の興味ある内容のものを選ぶのが一番だと思います。私は、アルクさんの『ENGLISH JOURNAL』は旬なトピックが取り上げられていて、 CD も付いているので、気に入っています(音声はスマホアプリ「ALCO」でも聞けます)。

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年7月号

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年7月号

 

ある程度、正しく発音できる力が付いたら、あとは全てのものが教材になると思います。今は YouTube などで、いくらでも英語の音声を聞くことができます。

今から2年前、NHKワールドというすべて英語で放送している海外向けの放送局の番組に出演、ナレーションを担当することになりました。そのときは、よく NHKワールドの番組をインターネットで視聴して、同じように発音できるように練習していました。
NHKワールドの番組は、英語を学習する上で、非常に優れていると思います。多様な番組がありますので、興味のある分野の番組を選んで、視聴されることをおすすめいたします。
私が出演していた Japan Railway Journal という番組は、日本の鉄道を扱った番組なのですが、NHKワールドの中でも最も人気のある番組の一つなのだそうです。

YouTubeですと、字幕を表示させることもでき、それを見ながら発音できるので、よい教材だと思います。

自分がお手本にしたい発音の人を見つけましょう

よくやっていた練習法は、こんなふうに話せたらいいな、という人を見つけて、その人のまねをするというやり方です。女性でしたら女性、男性でしたら男性、年齢も同じくらいだとまねしやすいと思います。

その人が英語を話している YouTube 動画を探し、まず字幕を付けた状態で、その人と同じように発音してみます。それを何度か繰り返し、同じスピードで言えるようになったら、今度は字幕を外します。字幕のない状態で今度は、その人の声にかぶせるように同じように発音してみます。つまりシャドーイングですね。これはその人のリズムやスピード、イントネーションを体得するには非常に効果的です。 

まとめ

  • bit、sit、kit の発音/i/をマスターしよう!
  • 二重母音に気を付けて Oh, no! と言ってみよう
  • 長い英文はお尻から読んでみよう
  • 音声付きのテキストを音読しよう
  • 自分がお手本にしたい発音の人を見つけよう

こちらもおすすめ

宮本和歌子さんが所属する劇団「狼少年」が「生きても死んでもこんにちは」を7月に公演します。宮本和歌子さんが出演します!

公演日:2019/07/03 (水) ~ 2019/07/07 (日)

stage.corich.jp 

文:宮本和歌子
早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、中学・高校の英語科教員を経て、現在女優。2017年にはNHKワールド『Japan Railway Journal』に出演(ナレーションも担当)。2019年7月3日~7日、「狼少年」第10回記念公演(下北沢の「劇」小劇場)に出演予定。
公式Twitterアカウントは @wakako_miyamoto

写真:寺岡祥平

編集:増尾美恵子