GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

海外人気アニメから学ぶ、面白くて使える英会話フレーズ10

第2弾! 海外人気アニメに学ぶ、ネイティブっぽく使える英会話フレーズ10

日常英会話で使えるフレーズを増やしたいときに、もってこいの学習法!それは、アニメ「ザ・シンプソンズ」のちょっとクレージーなキャラクターが使う生きた英語表現を、まるごと真似してしまう方法です。「ザ・シンプソンズ」には笑える表現や使ってみたくなるフレーズが満載です。この連載では3回にわたって3つのストーリーを紹介します。2回目は、アイスクリームの移動販売トラックを買って新しい人生に踏み出すホーマーのお話です。

「ザ・シンプソンズ」とは?

「ザ・シンプソンズ」とは?

前回の記事をご覧ください。

登場人物

シンプソン一家はアメリカにある架空の街スプリングフィールドに住む典型的な中流階級の一家です。

Homer Simpson(ホーマー・シンプソン)

一家の主。仕事は、スプリングフィールド原子力発電所の安全検査官。性格は天然で、少しおかしいところもあるが、冗談好きな明るい性格。口癖は、D'oh!(なんてこった)

Marge Simpson(マージ・シンプソン)

ホーマーの妻。アメリカの典型的な主婦像を具現化したかのような女性。

Bart(バート)

10歳の長男。トラブルメーカー。

Lisa(リサ)

長女、バートの妹。8歳にしては早熟。

Maggy(マギー)

次女。おしゃぶりをくわえていて、会話はしない。

Montgomery Burns(バーンズ社長)
ホーマーが勤める原子力発電所の社長。守銭奴で極悪人。

Krusty the Clown(クラスティー)
子ども番組のスターコメディアン。クラスティーの関連グッズによる商売に余念がない。今回はシリアルのパッケージに印刷された絵として登場します。

他にもホーマーの仕事仲間、家族の親類とその友人、バートの学校の教師たちや町の有名人などが登場します。

さっそく動画を見てみよう!

Homer Buys An Ice Cream Truck のあらすじ

ホーマーの息子バートは食べ物を粗末にしています。それを見た母マージは、バートに「お父さんは家族を養うために、毎晩声がしゃがれるほど身を粉にして働いているのよ」と反省を促します。

ところが、そのホーマーは職場で、「私は暇つぶしの王者だ!」と声がしゃがれるほど叫んだりしながら、同僚と一緒に椅子やほうきを使って遊んでいました。そこを社長に見つかってしまいます。ホーマーのさらにふざけた態度に激怒した社長はホーマーをクビにします。

会社を飛び出して、アイスクリームの移動販売トラックを追いかけたホーマーは、アイスクリーム1つを100ドル札で購入します。アイスクリームを売る老人マックスは、ホーマーに渡すお釣りを数える途中で、体力が尽きて亡くなってしまいました。

アイスクリーム屋の葬儀に参列すると、未亡人がホーマーにアイスクリームトラックを売りつけようとします。職を失ったホーマーは、新しい仕事と新しい人生を手に入れるチャンスだと気づき、トラックを購入します。そして新しい人生を切り開くすさまじいパワーが湧いてきます・・・。

日常会話で使えるクレージーな英語フレーズ10

1.That’s so wasteful.(もったいないじゃないの)

Lisa: Bart, what are you doing?

バート、何やってるの?

Bert: I only eat the clown heads.

僕はクラウンヘッドしか食べないんだよ。

Marge: That’s so wasteful.

もったいないじゃないの。

(動画0:11~)

バートはクラスティーブランドのシリアルの中から、クラウンヘッド(ピエロの頭の形)のシリアルだけを取り出して、残りをゴミ箱に捨ててしまいます。そこを母マージが注意する場面です。誰かに「もったいないよ!」とたしなめるときに使える表現です。

2.Oh, you should be ashamed.(恥ずかしいと思いなさい)

Bart: I’ve always done it. Just like I only eat the eyes off a lobster.

いつもやってることだよ。ロブスターの目だけしか食べないようにね。

Marge: Hmm. Oh, you should be ashamed. Your father works very hard to put lobsters on our table.

ふーむ、おお、恥ずかしいと思いなさい。お父さんはロブスターを食べさせてくれる(家族を養う)ために一生懸命働いているのよ。

(動画0:14~)

ロブスターの目だけしか食べずに捨ててしまうと言うバートに対し、母マージは「お父さんは家族を養うために一生懸命働いているのよ」と反省を促します。 “put food on the table” で「食卓にものを並べる」つまり養うという意味ですが、ここではロブスターを並べると言っています。誰かの言動を改めさせたいときに使える表現です。

3.I’m the king of goofing off!(私は暇つぶしの王者だ!)

Homer: I’m the king of goofing off!

私は暇つぶしの王者だ!

(動画0:35~)

ホーマーは会社で同僚たちと、会社の掃除用具を使ってポロのような球技をして遊んでいます。そこで I’m the king of goofing off!(私は暇つぶしの王者だ!)と豪語しています。暇つぶしを開き直るときに使えそうですね。ですが、会社では間違っても使わないように!

4.D’oh! Oh! What did I do?(なんてこった!私が何をしたというんだ)

Homer: D’oh! Oh! What did I do?

なんてこった!おお、私が何をしたというんだ?

(動画0:44~)

理由が分からないのににひどい目に合わされたときのフレーズです。ゴールキーパーが突然、レニーにパンチをくらわします。Ow! Unnecessary roughness.(痛い!必要のない乱暴だ)という相手に、キーパーは、So what? That’s legal in rolo-polo.(だからなんだよ?ロロポロのルールに則っているじゃないか)と言い返します。そこで、ホーマーが I thought we were playing Cincinnati time waste.(俺たちは「シンシナティ市の暇つぶしごっこ」をしていると思っていたよ)と説明すると、さきほど殴られたレニーが今度はホーマーに Ah, in that case, . . .(そういうことなら・・・)と言って一撃をくらわせます。遊びの名前は、ルールが多い、シンシナティ市のゴミ回収システム(Garbage & Yard Waste Guidelines)から取ったもの。

5.That’s more like it.(こっちの方が私の望みに近い)

Burns(社長): As for the rest of you, you're supposed to be a chair hockey team. All I see is five showboaters. Now sit down and give me 50 twirls. That’s more like it.

椅子のホッケーチームに残った皆さん。派手なプレー自慢の5人さん。さあ、椅子で50回転しなさい。こっちの方が私の望みに近い。

(動画01:57~)

アイスクリーム販売トラックを追いかけて、会社を飛び出したホーマーを除いた仲間の5人には、社長からの回転椅子に座って50回転するという罰が与えられます。That's more like it.はこの様子に喜ぶ社長の一言です。店で店員に少し異なるデザインを勧められて、気に入ったときなどに使えます。

6. I’m barely scraping by.(私の商売はいっぱいいっぱい)

Max(アイスクリーム屋): Homer, there you are. What does my best customer want today?

ホーマー、じゃないか。私の一番のお客様は、今日は何をご所望かな?

Homer: One butter-crusted choco rocket, please!

バターの衣を付けたチョコロケットを1本ください!

Max(アイスクリーム屋): I wish I had more customers like you. Oh, I’m barely scraping by.

君のようなお客さんがもっと来てくれたらいいのだが。私の商売はいっぱいいっぱいじゃよ。

Homer: Yeah, this economy is tough on everyone.

そう、この経済状態は誰にとっても厳しいよ。

(動画02:11~)

経済が悪くてぎりぎりの生活だというときに言うフレーズです。ホーマーのように安いアイスクリームを1本だけしか買わないお客が優良顧客というのですから、よっぽど商売あがったりなのでしょうね。

7.How he bored me.(私はそれがどれだけ退屈だったか) 

Homer: Max told you about me?

マックスは僕のことを奥さんに話していたの?

未亡人: Oh, yes. Max loved to talk about his work. How he bored me.

ええ、そうよ。マックスは仕事の話をするのが大好きだったわ。私はどれだけそれが退屈だったか。

(動画03:12~)

アイスクリーム屋マックスの未亡人は、葬式でホーマーに声を掛けます。ホーマーはマックスが自分のことを何か話していたのか知りたがります。しかし、マックスの仕事の話にホーマーが出てきたのですが、未亡人にはとても退屈な話だったようです。めちゃくちゃ退屈だったというときに、退屈だったものを○○に入れて、How ○○ bored me. のように使います。

8.I’m left with nothing but 〇〇.(私に残されたのは、〇〇だけよ)

未亡人: And now I’m left with nothing but my lover and this worthless truck.

そして今、私に残されたのは、愛人と価値のないこのトラックだけよ。

Homer: Wait a minute. You don’t want the truck. I need a job. You need money. I’m flush with severance pay.

待てよ。あなたはトラックが欲しくない。私は仕事が必要だ。あなたはお金が必要だ。私は退職金がある。

(動画03:12~)

「主人がいなくなって、私に残されたのは・・・」と、ここまで言うと、主人との思いでだけ、とか、主人が愛した〇〇だけ。というふうに続くことを想像しますが、この未亡人は違いました!愛人と役に立たないトラックでした。そして、このトラックをホーマーに売りつけようとしています。孤独を感じたときにつぶやいてみましょう。ただし、「愛人」と「トラック」はほかの何か入れ替えることを忘れずに!

9.How can we forget? (忘れるわけないじゃない)

Homer: Remember that crappy ice-cream truck I bought?

私が購入した、おんぼろのアイスクリームトラックを覚えているかい?

Lisa: How can we forget? Mom says now we can’t afford to go to the orthodontist.

忘れるわけないじゃない。ママが、歯列矯正代がまかなえなくなったって言ってたわ。

Homer: Well, sink your crooked, rotten teeth into this!

それなら、お前の曲がって腐った歯を、このトラックに沈めりゃいいさ!

(動画03:37~)

ホーマーはおんぼろだったアイスクリームトラックをこっそり改造していました。それを見せて驚かせようと、子どもたちに目を閉じさせてトラックの前に連れていくときの会話です。リサの歯列矯正のために貯めておいたお金を、ホーマーはトラックの改造につぎ込んでしまったようです。リサはショックを受けた分、忘れるわけはないですよね。「覚えてた?」と聞かれたときに、「忘れっこないよ!」と返すときに言ってみましょう。

 10. He was following my design.(私のデザイン通りにしたのさ)

Bart: Otto, you totally pimped Dad’s ride.

オットーさん、パパの車を完全に改造しちゃったんだね。

Homer: Puff! He was following my design. Now get dressed in a most unusual way.

プッ。私のデザイン通りにしたのさ。さあ、かっこよくキメて制服を着るぞ。

(動画04:07~)

ホーマーの子どもたちのバートとリサは、改造されたアイスクリームトラックを見て驚きます。流行の商品などを見たときに、周りの誰かに冗談っぽく言って使ってみましょう。 

さて、いかがでしたか?この動画のストーリーを見て笑いましたか?笑っているときはリラックスしているから、英語もインプットしやすいですよね。気になる英語フレーズは、動画を繰り返して見ているうちに、きっと覚えられますよ。自分を解放して、クレージーな英会話フレーズを日常で使ってみてはいかがでしょう。次回もお楽しみに!

文・構成:増尾美恵子