GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

海外人気アニメに学ぶ、ネイティブっぽく使える英会話フレーズ10

海外人気アニメに学ぶ、ネイティブがよく使う英会話フレーズ10

日常英会話で使えるフレーズを増やしたいときに、もってこいの学習法!それは、アニメ「ザ・シンプソンズ」のちょっとクレージーなキャラクターが使う生きた英語表現を、まるごと真似してしまう方法です。「ザ・シンプソンズ」には笑える表現や使ってみたくなるフレーズが満載です。この連載では3回にわたって3つのストーリーを紹介します。1回目は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のパロディーです。

「ザ・シンプソンズ」とは?

「ザ・シンプソンズ」とは?

「ザ・シンプソンズ」(原題: The Simpsons)は、アメリカアニメ史上最長寿番組のお笑いアニメです。FOXテレビで、1989年に放送開始後、60カ国以上で20の言語に翻訳され、全世界で毎週6000万人以上が視聴しています。アメリカの優れたテレビ番組の業績に与えられるエミー賞、アメリカの優れた放送作品に贈られるピーボディ賞の受賞歴があります。

クレージーなキャラクター、家族愛、パロディー、社会風刺などがストーリーの特徴で、笑いなしでは見らません。そして、真似したくなる&覚えたくなる面白い言い回しがたくさん出てきます。「ザ・シンプソンズ」のYouTube動画(約5分)を試聴して、ストーリに登場する、日常の会話で使える生きた表現を学びましょう。

登場人物

シンプソン一家はアメリカにある架空の街スプリングフィールドに住む典型的な中流階級の一家です。

Homer Simpson(ホーマー・シンプソン)

一家の主。仕事は、スプリングフィールド原子力発電所の安全検査官。性格は天然で、少しおかしいところもあるが、冗談好きな明るい性格。口癖は、D'oh!(なんてこった)

Marge Simpson(マージ・シンプソン)

ホーマーの妻。アメリカの典型的な主婦像を具現化したかのような女性。

Bart(バート)

10歳の長男。トラブルメーカー。

Lisa(リサ)

長女、バートの妹。8歳にしては早熟。

Maggy(マギー)

次女。おしゃぶりをくわえていて、会話はしない。

他にもホーマーの仕事仲間、家族の親類とその友人、バートの学校の教師たちや町の有名人などが登場します。

さっそく動画を見てみよう!

Bart & Homer’s Excellent Adventureのあらすじ

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のパロディー。タイムトラベルする車を手に入れた長男のバートは、両親が学生のころの過去にタイムスリップします。

若かりし父ホーマーが母マージをダンスパーティーに誘う場面で、バートは2人の仲を邪魔しようとします。なぜなら、2人が結婚しなければ、自分はもっと裕福で幸せな家庭に生まれてきたかもしれないと思ったからです。

バートは、マージに「何があってもホーマーと結婚しないで」とお願いします。バートは自分の人生が変わったかどうかを確かめるために、タイムマシーンの車で未来に戻るのですが、一緒に若いころの父ホーマーも車に乗り込んでいました。

現在に戻ると、母マージはお金持ちと結婚していて、その息子である自分の名字も生活も変わっていました。若いホーマーと現在のマージが出会います。さて、ホーマーの運命はどうなるのでしょうか?

日常会話で使えるクレージーな英語フレーズ10

1.That’s impossible! Or is it?(ありえない!いや、ありえるかも)

Bart: That’s impossible! Or is it? 

それはありえないよ!いや、ありえるか?

(動画00:16~)

バートは店で漫画を買おうとしますが、漫画本には25セントと書かれているのに200ドルで売っていることを店に抗議します。すると、25セントで買う方法は1974年に戻るしかないと話す店主。バートは「ありえない」と言うのですが、何かひらめいたようで「ありえるかもしれない」と考え直します。何か、企んでいるときに使えそうな表現ですね。

2.Forget it.(忘れてちょうだい)

Homer: Would you go to the prom with me? 

僕と一緒にダンスパーティーに行きませんか?

Marge: Promenade, with you? Forget it.

ダンスパーティーですって?忘れてちょうだい。

(動画03:05~)

教室で授業が始まるのを待っているホーマーのところに、突然バートが現れ、「未来からきたお前の息子だ」「お前の人生台無しにするつもりだ」と言ってからかいます。怒ったホーマーがバートに仕返しをしていると、マージが教室に入ってきました。

ホーマーはマージを見て、すぐにダンスパーティーに誘うのですが、からかわれたバートの首を絞めているところを見た彼女は誘いに応じません。Forget it.は、誘いをキッパリと断るときに使える表現です。

3.You’re looking at him.(それは、目の前にいる私だよ)

Marge: I know who I’m in love with. 

自分が好きな人は自分が知っているわよ。

Homer: You’re looking at him.

そうさ、目の前の僕だよ。

(動画03:20~)

目の前の相手に自分をアピールするときに効果的なフレーズです。

4.You are the first person whoever said that.(そっちが最初に言ったんでしょ)

Marge: You’re an idiot.

あなたって、ほんとにばか。

Homer: You’re the idiot.

お前がばかなんだよ。

Homer: Don’t act like I’m the first person that ever said that.

俺が言い始めたみたいに振る舞うなよ。

Marge: You are the first person whoever said that.

そっちが言い始めたんでしょ。

(動画03:25~)

「そっちが先に言ったんだから、そっちが悪いんでしょ!」というやりとりは、身に覚えがある人も多いのでは?売り言葉に買い言葉のフレーズ、この際覚えておきませんか?

5.Whatever you say. (言う通りにするわ)

Bart: Ma'am, whatever you do, do not marry that ape.

お嬢さん、何があっても、あのサルとは結婚しないでね。

Marge: Whatever you say, you little boy.

坊や、あなたの言う通りにするわ。

(動画03:48~)

相手のことを受け入れて、「何でも言うとおりにする」という場合や、相手の発言をしぶしぶ認めて「 はいはい、あなたの言う通りです」といった場面で使えます。

6. Unnecessarily big 〇〇!(無駄に大きな〇〇だ!)

Homer: Unnecessarily big TVs!

無駄に大きなテレビだ。

(動画04:26~)

バートが運転するタイムマシンにこっそり乗り込んで、現在にやって来たホーマーは、街頭に設置された大型のモニターを見てつぶやきます。昔の人が該当の巨大モニターを見たら、ホーマーと同じような反応をするのでしょうか?

7.Well, if we put our heads together, we could think of a plan.(僕たちが一緒に考えたら、いい案が出そうだ) 

Homer: Well, if we put our heads together, we could think of a plan.

僕たちが一緒に考えたら、いい案が出そうだ。

(動画05:35~)

タイムマシンで過去から現在に戻ってくると、ホーマーとマージは結婚していませんでした。タイムスリップして現在にやってきた若き日のホーマーは、現在のホーマーと相談して解決策を編み出そうとします。

8.Not so fast.(そんなに急ぐな)

Homer: I’m here to take my life back.

私はここに自分の人生を取り戻しに来たんだ。

Artie Ziff: I thought this might happen. So I mastered Brazilian jujitsu!

こんなことも起こるだろうと考えていたよ。だから、ブラジルの柔術をマスターしたんだ。

Homer: Not so fast.

そんなに急ぐな。

(動画06:04~)

ホーマーは、自分の人生を取り戻すために、マージが住む家に乗り込みました。すると、マージの夫アーティー・ジフがブラジルの柔術で迎え撃とうとします。Not so fast.は、「そうはうまくことが運ばないよ」と警告し、自分にはもっと優れた策があることを伝えるときの言い方です。

  9.I’m realizing that I married the wrong man.

Pope Homer: What’s she doing here?

彼女はここで何をしているんだ?

Marge: I’ll tell you what I’m doing. I’m realizing that I married the wrong man.

何をしているのか私が教えてあげる。私は間違った男と結婚したことに気が付いたのよ。

(動画6:54~)

これは、日常生活では、あまり言いたくないせりふですね。ですが、I’m realizing that ~は、何かを悟ったときに使える表現です。

 10. I wish that 20 years ago I had chosen love.

Marge: I wish that 20 years ago I had chosen love.

私は20年前に愛を選びたかった。

(動画07:17~)

上記のフレーズではなく、It’s been a wonderful 20 years together.(一緒になってからずっと素晴らし20年間だったね)とは言いたいです。

 

さて、いかがでしたか?この動画のストーリーを見て笑いましたか?笑っているときはリラックスしているから、英語もインプットしやすいですよね。気になる英語フレーズは、動画を繰り返して見ているうちに、きっと覚えられますよ。自分を解放して、クレージーな英会話フレーズを日常で使ってみてはいかがでしょう。次回もお楽しみに!

文・構成:増尾美恵子