GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

[ハマー式]TOEIC満点を目指し、その先に見えたもの

ハマー式スパルタ英語学習法

濱崎潤之輔さんのスペシャル記事、全6回の2回目!前回引き続き、講義や執筆などを通じて「英語を教える」プロとして活躍するハマーさんのこれまでのキャリアやその仕事観を、辛口ネコが聞いてみます。

濱崎潤之輔さんプロフィール

濱崎潤之輔さんは英語講師。明海大学、獨協大学などで大学講師を務めるかたわら、楽天銀、SCSK(住友商事グループ)、エーザイなどの大手企業でもTOEICテスト対策の講師を務めています。2006年からTOEICテストを受け始め、TOEIC満点の990点を50回以上獲得しており、『中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる問題集』『TOEIC L&Rテスト990点攻略など著書も多数(累計30万部超!)。無類のプロレス好きでもあります。

編集者になってTOEIC満点に到達!

辛口ネコ前回、TOEICの勉強ブログがきっかけで編集者になった話を聞いたニャ。著者さんのスカウトは聞くけど、編集者をスカウトするのは珍しいニャ。

gotcha.alc.co.jp

ハマーさんその出版社には当時、英語学習書を担当する編集者が少なかったので、僕のような仲間が欲しかったのかもしれませんね。

で、入社後は予定通り、TOEIC対策書の編集者としての仕事を始めました。引き続き自分のための勉強もしていたので、生活の全部がTOEICでした。TOEICに触れる密度が濃くなったおかげでしょうか。その出版社に入社した後、初めて満点も取ることができました。

辛口ネコ公私ともに充実ニャ。

いつの間にかの著者デビュー

ハマーさんアルクに呼んでいただき「ヒットしたTOEIC本の編集者はこんな風に企画を考えている」みたいなテーマのセミナーでお話したこともありましたよ。

辛口ネコヒューヒュー。ヒット編集者が来たニャ。

ハマーさん実は、そのセミナーの打ち上げで、ある出版社の方から「うちで本を書きませんか?」とお誘いをいただきTOEIC本を書くことになったのが、僕の著者としてのデビューなんです。

 辛口ネコ塾の先生だった時には編集者へのお誘いが、編集者の時には著者さんへのお誘いが来たんだニャ。

ハマーさん同じような時期に、自分が担当した書籍のPRにもなるということで、企業でTOEICの講師を務めることもありました。今の仕事の原型はそんな感じなんです。

その後、講師と執筆をメインにしたフリーランスとして生きていこうと思ったんですが「他社から本を出しても良いから、うちで編集をやりませんか?」というお誘いを別の出版社の方からいただき、業務委託で本の編集もする、フリーのTOEIC講師という状態になっていた時期もありました。

ただ、頂ける仕事が多すぎて回らなくなってしまったので、今は、編集者としての仕事はナシで、講師と執筆をメインにしています。

続いたのはTOEICだからこそ

濱崎潤之輔さん

ハマーさん「どうすれば大学の先生になれますか?」「どうすれば本を書けますか?」というような質問をされることもよくあるのですが、なかなか上手くは答えられません。

先生になろうとも本を書きたいとも1mmも思ってはいなかったのだけれども「その立場に見合ったスキルが付いたら、仕事が向こうからやって来た」というような説明になるでしょうか。

辛口ネコ今にして思えば、TOEICを1回受けて満足しなかったのもポイントだニャ。

ハマーさんそうですね。1回目にたまたま790点が取れてしまったので、900点に手が届くかもしれない!と思って継続して受験したんですよ。最初が600点だったら、続けていなかったと思います。

それって、TOEICの良いところの一つですよね。例えば英検だったら、最初に英検2級を目指して、実際に2級が取れた時に「次は準1級を取ろう」という気になるかどうかはわからない。なぜなら試験が2級で完結しているからです。
辛口ネコ確かに、満足しちゃいそうだニャ。
ハマーさんところがTOEICだと、自分が取れるMAXの点数がとりあえず出る。それがたまたま790点だったから「これは頑張ればまだまだいけるな」と思わせてくれる。

最初に何点を目指せば良いのかもわからないんですよ。とにかく最初は、自分ができる限りの勉強を精一杯やってみただけで、その結果が790点でした。

辛口ネコ当時はどんな本で勉強したニャ?

ハマーさんこのあたりの本ですね。とてもお世話になりました。

新TOEICテスト700点突破パーフェクト攻略

新TOEICテスト700点突破パーフェクト攻略

 
CD-ROM付 改訂版 TOEIC(R)TEST 英単語 出るとこだけ!

CD-ROM付 改訂版 TOEIC(R)TEST 英単語 出るとこだけ!

 

ハマーさんあとはもちろん、公式問題集です。他にもいろいろな本で勉強しましたよ。ただ、あたりまえですが、買った本はすべて、しっかりとやりきっていますよ。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

 

[ハマー式]TOEICスパルタ学習法とは?

濱崎潤之輔さん

辛口ネコ執筆、編集、講師の「三足のわらじ」の時期TOEICの勉強をしてたなんて、かなり無理ゲーな匂いがするニャ。

ハマーさん毎朝1時間30分、定時よりも早く出社するようにして、会社の自分の机でTOEICの勉強をしていました。朝は静かだから捗りますよ。オフィスもそうですし、通勤の電車も、1時間以上早いと比較的空いているので勉強しやすいんです。

電車内で使うのは、主に、模試の縮小コピー。常に持ち歩いているので、電車の中とか、他にもちょっとした時間ができたときは、常にTOEICの勉強をしていました。

昼休みも、食事を簡単なもので10分程度ですませて、とにかく使える時間の大半をTOEICの勉強にあてていました。

辛口ネコランチよりも勉強を優先するなんて、ものすごいストイック。。。

TOEICにも効く「音読」に目覚める

ハマーさんそういえば、シャドーイングに集中的に取り組んだ時期もありましたよ。非常に効果的でしたね。アルクさんの出している『究極の英語学習法K/H System』に出会ったんです。

究極の英語学習法K/H System (入門編)

究極の英語学習法K/H System (入門編)

 
究極の英語学習法K/Hシステム入門編 ワークブック

究極の英語学習法K/Hシステム入門編 ワークブック

 

ハマーさんK/Hというのは著者さんたちの頭文字です。このシリーズの一番最初の本を買いました。最近も新しいものが出てますよね。

CD付 究極の英語学習法 はじめてのK/Hシステム (究極の英語学習法 K/Hシステム シリーズ)

CD付 究極の英語学習法 はじめてのK/Hシステム (究極の英語学習法 K/Hシステム シリーズ)

 

ハマーさん紙に「最強の英語学習法」という言葉もあって、そこに惹かれました。「最強ってことは、これをやったら自分が最強になれるんだ!」と。

辛口ネコそのまんまニャ。

ハマーさん最強ということは、それより良いものはないはずだ、この本によると、最強の英語学習法はシャドーイングということだったんです。

「最強になれるなら」と思って、この本に書かれている通りにシャドーイングの練習をたくさんこなしたんですよ。実際、TOEICにおける最強、つまり、スコア990に到達し、それを今でもずっと維持しています。

辛口ネココメントしづらいくらい単純ニャ。でも、効果があったならよかったニャ。。。次回はその最強の「シャドーイング」について、詳しく聞いてみるニャ!

関連記事

こちらもおすすめ!

f:id:alc_nakosan:20161129143539p:plain

編集:GOTCHA! 編集部

写真:山本高裕(GOTCHA!編集部)