GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

自分の英会話力を日常生活ですぐに試す方法4つ

自分から外国人に話しかけるための、失敗しないテクニック4選

英語を実践の場で使うチャンスを探しているあなた、自分から外国人に声をかけてみるチャンスは意外と突然やってくるもの。英語は勉強してきた。目の前に外国人がいる。まさに絶好のチャンス。だけど「どうやって話しかければいいんだろう…?」「話しかけて迷惑じゃないかな…?」と焦ったりすることもありますよね。この記事では相手を笑顔にする、失敗しない話しかけ方のテクニックをご紹介します。

テクニック1:バックパックを持っている人には、話しかけやすい

バックパックを持っている人には、話しかけやすい

勇気を出して話しかけるのですから、できれば笑顔で返事が欲しいですよね。1つの判断基準として、大きなバックパックを持っている方は英語圏の方である可能性が高いです。このような方々は、「バックパッカー」「FIT(foreign individual tourist)」と呼ばれ、地元の方との交流を通じたオリジナルな体験を楽しみにしている人が多いので、きっと笑顔で応対してくれると思います。冬には多くの欧米人旅者が日本のパウダースノーを楽しむために来日するので、ウィンタースポーツグッズを身に着けていることも、これからの季節では目印になりそうですね!まずは、こんな一言からチャレンジしてみましょう。

Hi.

こんにちは。

Nice weather, isnt it?

天気がいいですね。

Have you seen much of our country?

日本ではいろいろってみましたか?

Where are you from?

どちらの出身ですか?

Enjoy your trip!

旅を楽しんでね。

テクニック2:観光スポットで写真を撮ってあげよう

観光スポットで写真を撮ってあげよう

バックパッカーに最も話しかけやすい場所は、ズバリ「観光スポット」です。言い換えると、「写真を撮りたいと思うような場所」です。皆さんも、海外にったときに、思い出を形に残すために写真を撮りますよね。海外旅者もせっかく日本まで来たのですから、きっと有名な観光名所の前では自分を入れた写真を撮りたいはず。こんなふうに声をかけてみましょう。きっと喜んでもらえるはず!

Would you like me to take your picture?

写真を撮りましょうか?

Are you ready?  Say cheese!

せーの、チーズ!

Are you ready? Smile!

せーの、笑ってー!

Would you like to check the photo?

写真これでオーケーですか?

Would you like another one?

もう1枚撮りましょうか?

Could you please take a picture of us this time?

今度は私たちの写真を撮ってもらえますか

Would you please press the shutter button for us?

シャッターを押してもらえますか?

テクニック3:観光案内板・切符売り場の近くで声をかけてみる

観光案内板・切符売り場の近くで声をかけてみる

皆さんは、国内でったことのない場所へくときは乗換案内のアプリや、Google マップを使ったりしませんか?特に、東京駅、新宿駅、渋谷駅は日本人でも迷ってしまいますよね。海外からの方ならなおさら。都心は迷路だと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。ガイドブックや地図、スマートフォンを見ながら、観光案内板や切符売り場のあたりをウロウロしています。きっと、いち早く目的地にたどり着きたいはず。こんなふうに声をかけてみましょう。

Hi. Are you lost?
こんにちは。道に迷ったんですか?

Do you need any help?
何かお手伝いしましょうか?

Where do you want to go?

どこへきたいのですか?

彼らが本当に道に迷っていたのなら、あなたは救世主です。また、もし困っていなくても、現地の人からの優しさを嫌だと思う人はまずいません。きっと、感謝の気持ちを伝えてくれると思います。

もし、あなたの友人が日本に来るときには、日本人に話しかける日本語表現を覚えていたら役に立つかもしれませんね。参考になりそうな、SMUの記事はこちら!

samuraimeetups.or.jp

テクニック4:リラックスして話しかけるための「おまじない」

リラックスして話しかけるための「おまじない」

外国人に話しかけたい!と思っても、いざ声をかけようとすると緊張してしまうことが少なくありません。そんなときにぜひ試していただきたい「おまじない」があります。次の2つのことを想像するだけ!リラックスして気軽に外国人に声をかけている自分に出会えると思いますよ!Enjoy!

・「長旅お疲れさま」と心の中で声をかけてみる

・日本の常識に戸惑っていることは何かないかな?と察してみる

 

いかがでしたでしょうか?

訪日外国人の方のお手伝いをしたい、いい旅にしてほしい、という気持ちで接することで、結果的により円滑なコミュニケーションが図れると思います。

今日からあなたも、もし街で困っていそうな海外の方がいたら思い切って話しかけて見ましょう。あなたの一言で、世界に1人、日本を好きになってくれる人が増えるかもしれません♪

こちらもおすすめ!

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp

 

SAMURAI MEETUPS

文:宮下晃樹 / Koki Miyashita http://samuraimeetups.or.jp/
1992年東京生まれロシア育ち。慶應義塾大学経済学部卒。20歳で公認会計士論文式試験合格。2014年大手監査法人に入社し、IPO支援業務及びIFRS監査業務に従事。2016年6月に同社を退職し、独立開業。現在は、「インバウンド誘致・観光まちづくり・キャリア教育を通じて日本社会の幸福度を高めていくこと」をビジョンに掲げる、特定非営利活動法人SAMURAI MEETUPS代理事を務め、訪日外国人向けの情報発信や体験コンテンツの企画を実施。Ted x Keio High School 2016に”Live your own life with a Parallel Career ”をテーマに登壇。

編集:honeybun