読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語が苦手な人向け SVOO 、SVOC ってなんだっけ?

とりま英文法 STUDY BUSINESS

学生時代、英語が苦手でずっと避けて通ってきた、会社も英語とは縁遠いところに就職した……なのに、急に仕事で必要になるなんて! という方に向けて、「とりあえず押さえておけば大丈夫」という基本的な文法をご紹介します。

f:id:alc_nakosan:20160705174911j:plain

第5回 5文型の知識で正しく英語を使えるようになろう(後編)

 

前回は5文型の第1文型から第3文型について学びました。今回は残りの第4文型(SVOO)、第5文型(SVOC)について学びましょう。

今回もとりあえず次の英文をご覧ください。

文A I had him the document.
文B I gave him the document.
文C I gave the document him.
文D I named the plan "Z project".
文E I named "Z project" the plan.

文A~Eを見て、どう思いますか? おやっ、変な英文が混じっているすぐに気が付きましたか? 意味が変なので普通は「正しい英文」とはみなされないものもあります。文のどれが正しくて、どれが間違っているのか、すぐに判別できるよう「5文型」を学んでいきましょう。

第4文型(SVOO) Vの後は「O1」と「O2」(どちらも名詞が来る)

 

前回も説明しましたが、5文型とは「動詞の後ろにどのような性質の単語をどのような順番で並べるべきか」を記したものです。第4文型も「動詞(V)の後」に注目して考えましょう。

文A I had him the document.
文B I gave him the document.

文の文型を見極めましょう。文Aも、文Bも、動詞の後ろは him と the document です。この2つの単語の品詞を辞書で調べましょう。

him は代名詞ですね、これは名詞の一種です。documentは名詞ですね。この段階で文Aと文BはSVOMやSVCMにはならないと判明します。Mは副詞しかなれないからです。Mってなに? という方は「本当に覚えてる? 5文型をおさらいしてみよう(前編)」参照して下さい。

文の要素が2つあるので、文Aと文Bは第4文型(SVOO)か第5文型(SVOC)のどちらかである、と判明します。

第4文型(SVOO)と第5文型(SVOC)の違い

ここからは新しい知識です。

・SVOO の場合 2つのOは両方共に名詞(もしくは名詞の役割を果たす部分)でなければならない
・SVOC の場合、Oは名詞で、Cは名詞か形容詞でなければならない

のです。

今回は動詞(V)の後はhim と the documentで共に名詞。ここまでの知識ではSVOOかSVOCかまだわかりません。この区別をするためには更に重要な知識が必要です。それは

S V O1 O2 ならば O1 ≠ O2 になる
S V O C ならば O=C になる

というものです。(O1 は1つ目のO、O2は2つ目のOという意味です)

これがSVOOとSVOCの大きな違いです。さあ今学んだ知識で文AとBを見極めてみましょう。

文A I had him the document.
文B I gave him the document.

himthe document の関係を調べましょう。


すると

 himthe document

という関係だと分かりますね。「彼」は「その書類」ではないのでhim は「O1」 、the document は「O2」である、と確定します。つまり文Aも文BもSVOOの第4文型であると確定します。

辞書で単語の性質をチェックする

ではそれぞれ動詞 have と giveを辞書で調べましょう。それぞれに[SVOO]の説明部はあるでしょうか?

have の場合、『ジーニアス英和辞典』を見ると[SVOC]はありますが、have には[S V O1 O2]がありません。したがって文A I had him the document. は間違いである、と判定できるのです。

では give。『ジーニアス英和辞典』では1番目のところに[SV(O1)O2 / SVO2(to O1)]という表示があります。「/」 で2つに分かれていますが 手前の方は SV(O1)O2 です。(O1)は「あってもなくても良い」という意味ですが、今回はカッコを取り払いましょう。すると [S V O1 O2] が残ります。 したがって give には[SVOO]がある、ということになります。

では意味を確定させましょう。『ジーニアス英和辞典』のgiveには、「<人が>(O1<人>に)O2<物・金>を(無償で)与える」とあります。今回は[S V O1 O2]なので、「O1<人>にO2<物・金>を(無償で)与える」という意味になります。文B I gave him the document. は「私は彼にその書類を与えた」となり、普通に意味が通ります。したがってこの英文は正しいのです。

語順で意味が変わる

文C I gave the document him.

この英文が正しい英文か分かりますか? もし正しいとすれば意味は「私はその書類に彼を与えた」となります。意味がおかしいですね。通常はこういう英文は正しいとは言えないです。

なぜか? 文Cは文Bと the documentとhim の位置が逆なだけですね。S V O1 O2 のはずです。この形の give は「O1<人>にO2<物・金>を(無償で)与える」でした。これに則って英文の和訳を作ると 「私はその書類に彼を与えた」になってしまいます。順番で意味が決まるので「に」と「を」が逆にできません。意味的におかしいので、この英文は通常間違い判定されるのです。

でもhim をどうしても文末に持ってきたい場合、良い方法があります。『ジーニアス英和辞典』に載っていた文型表示をよくご覧ください。[SV(O1)O2 / SVO2(to O1)]と書いてある[SVO2(to O1)]を使えば O1 と O2 の位置を逆にできます。つまり to加えて [S V O2 to O1]にするのです。
ようするに

 文C I gave the document him. ←これだと☓ですが
     I gave the document to him. ←こうすれば○になります。

 

ただし

I gave the document to him. ←この文は第4文型ではなく第3文型扱いになります。なぜか? 実は to him が「前置詞+名詞」の塊として扱われto him の部分が「M」とされてしまうからです。この英文はSVOMと判断されてしまうからなのです。「前置詞+名詞」が「M」とされるのは、「本当に覚えてる? 5文型をおさらいしてみよう(前編)」説明参照して下さい。

第5文型(SVOO) Vの後は「O」と「C」(Oは名詞、Cは名詞か形容詞)

文D I named the plan "Z project".(○)
文E I named "Z project" the plan.(×)

文Dは正しい英文ですが、文Eは正しくない英文になります。文Eは「私はZプロジェクトにそのプランと名付けた」となり、意味がおかしいですね。

実は、この文DとEは、「英語は語順が大切! 適当だと伝わらないことも」紹介した英文です。そのとき「語順が逆だと意味がおかしくなる」という説明をしました。今回はこれを更に掘り下げます。

文の文型を見極めましょう。 文Dの動詞の後ろは the planと Z project の2つ、文Eの動詞の後ろはthe planと Z projectの2つがあります。順番が逆なだけですね。この2つの単語の品詞をまず調べましょう。plan は名詞です。Z projectは「Zプロジェクト」という名前の固有名詞ですね。

この段階で文D、文EはSVOMやSVCMのような形はありえないと判明します。Mは「副詞」しかなれないからです。となると、文の要素が2つあるので、これらの文型はSVOO かSVOC のどちらかである、と判明します。

SVOO とSVOC の違いを思い出そう

S V O1 O2 ならば O1 ≠ O2 になる
S V O C ならば O=C になる

これを使います。

文D I named the plan "Z project".
文E I named "Z project" the plan.

 

the plan と Z project もしくは Z project と the plan の関係を見極めましょう。

すると

the plan = Z project
Z project = the plan

という関係だと分かりますね。今度はイコールで結べます。この2つは同じものですね。したがって文Dも文EもSVOCの第5文型であると確定します。

辞書で動詞のnameをチェック

では動詞 name を調べます。name は名詞もありますから注意して下さい。動詞の name を調べてくださいね。『ジーニアス英和辞典』なら[S V O(C)] と書いてある部分があるはずです。意味は 「<人が><人・動物など>に(Cと)名前をつける」と書いてあります。今回はCがあるので「<人・動物など>にCと名前をつける」という意味ですね。文Dと文Eのそれぞれにこれを当てはめて意味を完成させましょう。すると

文D I named the plan "Z project".は
→「私はその計画にZプロジェクトと名前をつけた」
文E I named "Z project" the plan. →「私はZプロジェクトにその計画と名前をつけた」

になりますね。

文Dの「私はその計画にZプロジェクトと名前をつけた」、これは意味的に問題ないでしょう。だから文Dは正しい英文です。 しかし 文Eの「私はZプロジェクトにその計画と名前をつけた」、これはどうでしょうか? 変な意味ですよね。通常はこの英文は間違った英文とされてしまいます。

こうやって適切な場所に適切な単語を入れることで、英文を正しく作ることができます。

 

以上で5文型の説明はおしまいです。本当は第4文型と第5文型には応用形があり、そちらも学習しなければなりません。しかし初心者はそこまで一気に学習できないと思うので、この基本形の学習のみにとどめます。

どんなに長い英文でも、この5文型の原則の応用なのです。なのでまずはこの基本形を確認しましょう。そして簡単な英文なら正しい順序で適切に使えるようになりましょう。

 

答え
文A I had him the document.(×)
文B I gave him the document. (○)「私は彼にその書類を与えた」
文C I gave the document him.(×)
文D I named the plan "Z project".(○)「私はその計画にZプロジェクトと名付けた(名前をつけた)」
文E I named "Z project" the plan. (×)

 

文:マウスバード

早稲田大学卒。中高では英語は赤点ばかりの超オチコボレであったが、浪人時代に苦手なりにも受験英語をクリアーする方法に目覚める。未だに英語が嫌いなため、英語が嫌いで苦手な人に教えるのが好き。
ホームページ:本気で嫌いな英語を何とかする方法
英語学習SNS:Q-Eng