読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

本当に覚えてる? 5文型をおさらいしてみよう(前編)

とりま英文法 BUSINESS STUDY 英文法

学生時代、英語が苦手でずっと避けて通ってきた、会社も英語とは縁遠いところに就職した……なのに、急に仕事で必要になるなんて! という方に向けて、「とりあえず押さえておけば大丈夫」という基本的な文法をご紹介します。

f:id:alc_nakosan:20160705174909j:plain

第4回 5文型の知識で正しく英語を使えるようになろう(前編)

中学校で習った5文型、覚えていますか? 5文型は正しい語順を理解できることに加え、英単語の性質も学ぶことができます。英単語の正しい性質を理解すると、単語を適切な位置に置けるようになるので、語順を間違えて英語の意味が異なってしまうということがなくなりますよ。

5文型を学ぶなんて今さら…という方も、とりあえず次の英文をご覧ください。

文A I went.
文B I visited.
文C I went quickly.
文D I went to his office.
文E The flower is beautiful.
文F The flower is beauty.
文G I went his office.
文H I visited his office.

文A~Hを見て、どう思いますか? おやっ、変な英文が混じっているすぐに気が付きましたか? 文のどれが正しくて、どれが間違っているのか、すぐに判別できるよう「5文型」を学んでいきましょう。

5文型:動詞の後に何をどの順で置くか?

 

5文型は

第1文型:SV
第2文型:SVC
第3文型:SVO
第4文型:SVOO
第5文型:SVOC

です。

 

それぞれS=Subject(主語)V=Verb(動詞)O=Object目的語)C=Complement(補語)ですね。と言ってもなんのことやらさっぱり分からない人もいると思います。とりあえず前回説明したことを踏まえて「V(動詞)の後」に着目してみましょう。

第1文型:Vの後は「何も無い」
第2文型:Vの後は「C」
第3文型:Vの後は「O」
第4文型:Vの後は「O」と「O」
第5文型:Vの後は「O」と「C」

であることがわかると思います。

 

実は、5文型とは「動詞の後ろにどのような性質の単語をどのような順番で並べるべきか」を記したものなのです。

5文型を理解すると、辞書さえあれば、正しい語順で英文が作れます。辞書は『ジーニアス英和辞典』(大修館書店刊)のように、文の要素(SVOC)が記された辞書が望ましいでしょう。では第1文型から解説していきます。

第1文型(SV): Vの後は「何も無い」

文A I went.(○)
文B I visited.(×)

 

文Aは正しい英文ですが、文Bは正しくありません。理由は、go(went)は第1文型で使える動詞で、visit(visited)は第1文型では使えない動詞だからなのですが、なんだか分かりにくいですよね。

まずはgo を辞書で調べてみましょう。単語の意味より前に [SV(M)]という記号が書いてあると思います。Mは修飾語です(後で詳しく説明します)。(M)はMがあってもなくてもどちらでもよいということなので、SVつまり go は 「第1文型」で使える動詞ということを示しています。

I went.はどう考えても S(主語)とV(動詞)しかありませんね。辞書で調べたように go は 「第1文型」なので、I went. は正しい英語、となります。 I visited. もSとVしかありません。visit を辞書調べると [SVO(M)]はありますが、[SV(M)]はないので、I visited.は正しくない英語となります。

 

Mの正体

文型を学習する場合のMを説明しましょう。MはM=Modifier(修飾語)で「副詞(扱いするもの)」という意味です。Mは文の要素(SVOC)のどれにもなることができない部分のことです。典型的なMのを2つ紹介します。

 

Mのその1:単純な副詞
文C I went quickly.(○)

quicklyを辞書で引けば、意味(速く、急いで、すぐに)と同時に品詞(副詞)も分かりますね。quicklyは副詞なので I went quickly. はSVMという形を取っています。go は SV(M)の形を取るのを先ほど確認したので、この英文は正しく、文型はSV「第1文型」となります。
Mのその2:前置詞+名詞
文D I went to his office. (○)

この英文は「to his office」のto が前置詞、his office が名詞、つまりto his office」で「前置詞+名詞」のかたまりと認識します。こういう「前置詞+名詞」を5文型学習時はM扱いをします。全ての「前置詞+名詞」がM扱いされるわけではありませんが、5文型の初期の学習時は「前置詞+名詞」を見たら、M扱いする・・・と覚えたほうがいいかと思います。I went to his office はSVMなので、この英文は正しく、文型はSV「第1文型」となります。ちなみにこの場合の to の意味は「~に」ですね。

第2文型(SVC): Vの後はC(形容詞か名詞)が1つ

文E The flower is beautiful. (○)
文F The flower is beauty. (×)

 

文Eは正しい英文ですが、文Fは正しくありません。文EもFも動詞はis。動詞の直後はbeautifulとbeautyですね。この beautifulやbeauty がCなのかOなのかMなのかを判定します。品詞を辞書で調べましょう。beautiful は形容詞、beauty は名詞なのですが、Mは「副詞」でなければなりませんでしたね。文EとFは SV(M)という第1文型ではない、ということが確定します。

今度は文EとFの動詞(is ですが、be動詞なのでbe)を調べましょう。『ジーニアス英和辞典によると①に[SVC/to do/doing/that節/wh節/whether節/wh句/前置詞+(代)名詞]と書いてあります。②には[SVM]、③には[SV]と書いてあります。動詞の be はこれ以外はないので SVCの第2文型かSV(M)の第1文型のどちらかで使います。でもこの2つの文の場合、SV(M)ではないことが、先ほど確定したので SVC の第2文型である、と判断します。

 

S V Cは S = C になる

Cは「補語」と呼ばれています。SVCの場合、S=Cという関係が成立し、成立しない英文は正しくない、と判定できます。では確認しましょう。 the flower(その花)はbeautiful(美しい)と言えますね。S=Cが成立します。 the flower(その花)はbeauty(美)だと「その花」は「美」という存在、とは言えません。なのでThe flower is beauty. は正しくない英文となります。

ここまではよろしいでしょうか? ここまで「前置詞が入る? 入らない? まずは自動詞・他動詞を区別する」説明した「自動詞」が使われた場合の英文の説明でした。次からは違います。

 

第3文型(SVO): Vの後はOが1つ。Oは名詞(の役割をするもの)

文G I went his office.(×)
文H I visited his office.(○)

 

文Gは正しくない英文ですが、文Hは正しい英文になります。理由はgo(went)は第3文型で使えない動詞であるのに対し、visit(ed)は第3文型で使える動詞だからです。

文GとHの動詞はwentとvisited。その動詞の後はhis office ですね。この his office がCかOかMかを判定します。office の品詞は名詞ですね。M(副詞)ではないので、文GとHはSV(M)の第1文型ではない、と確定します。

では文GとHで使われている動詞goとvisitを辞書確認しましょう。何度も出てきましたがgoには[SV(M)]と[SVC]があります。[SV(M)]ではないことは確定しており、[SVC]だと S = C で I(私)= his office(彼の事務所)になってしまうので、文Gが正しい英文ではないと分かります。(ただしI went to his office. とto を入れれば正しい英文になります。詳しくは第1文型の説明中にある M についての部分を参照

次に文Hの動詞visitですが、 [SVO(M)]という文型で使いますとお伝えしましたね。[SVO(M)]の場合の visit の意味は「…を訪問する」です。

 

S V O では S ≠ O

第3文型は SVO です。Oは「目的語」という意味です。目的語は「名詞」もしくは「名詞相当語句(名詞を役割を担う部分)」なので、officeは名詞だからOになる条件には叶います。ここではもう1つ特徴をお伝えします。「Oは決してS(主語)と同じにならない(S≠O)」という特徴です。

I visited his office. の Sは I 、O は his office でI ≠ his office なのでhis office は「O」である、と確定します。[SVO(M)]の場合の visit の意味は「…を訪問する」ですから、文H の意味は「私は彼の事務所を訪れた」でこの英文は正しい、と判定できます。

初歩的ですが、まずはこうやって正しい語順を意識して、簡単な英文を作ってみることから、始めてみましょう。

第4文型(SVOO)と第5文型(SVOC)についてまた次回に。お楽しみに。

 

答え
文A I went.(○)「私はった」
文B I visited.(×)
文C I went quickly.(○)「私は急いでった」
文D I went to his office.(○)「私は彼の事務所にった」
文E The flower is beautiful.(○)「その花は美しい」
文F The flower is beauty.(×)
文G I went his office.(×)
文H I visited his office.(○)「私は彼の事務所を訪れた」

 

文:マウスバード

早稲田大学卒。中高では英語は赤点ばかりの超オチコボレであったが、浪人時代に苦手なりにも受験英語をクリアーする方法に目覚める。未だに英語が嫌いなため、英語が嫌いで苦手な人に教えるのが好き。
ホームページ:本気で嫌いな英語を何とかする方法
英語学習SNS:Q-Eng