GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

リチャード川口さんが伝授!英語「ネイティブの発音」を手に入れる方法とは?

RK English School潜入レポ

読んだら分かる英語でも、聞くと何を言っているか分からないということはありませんか?編集部がGOTCHA!でおなじみの発音の鬼、リチャード川口さんの英語学校、RK English Schoolの「発音」の授業に参加し、ネイティブの発音を手に入れるコツを教えていただきました!

リチャード川口

リチャード川口

英語学校 RK English School 校長。産業能率大学 客員教授。カナダ生まれ。オーストラリア、アメリカ、日本育ち。 明治大学卒業後、バンクーバーへ渡り、TOEIC専門学校の講師になる。学校の運営を始め、企業での研修、テレビやラジオのメディア出演、番組制作、小学校から大学、さまざまな教育機関とのコラボを通じて「日本人英語のネイティブ化」をすすめている。 著書に『 バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33 』(明日香出版社)、『 発音記号キャラ辞典 』(KADOKAWA)など。
Twitter Facebook

ネイティブの発音ってどうして聞き取りづらいの?

ネイティブ発音の特徴

日本人の英語力は、TOEICなどのテストで高得点を取ることに加え、スピーキング力などのより実用的な英語力が求められています。でも、そもそもネイティブの発音はどうして日本人にとってあんなにも聞き取りづらいのでしょうか?

その答えは・・・

自分が思っている音と、実際にネイティブが発している音が大きく食い違っているから。

とリチャードさんは言います。

例えば、見れば読めるし、意味もなんとなく分かる “Take it easy.”(意味:気楽にいこう。)でもこれ、発音は「テイクイットイージー」じゃありません。

実際の音は、

Take it easy.
ていけり゙ぃずぃ

(ていくいっといーじー)と(ていけり゙ぃずぃ)、これだけイメージと実際の発音が違えば、書いてある英語のようにリスニングが認識できないのも納得です。

自分が発音できる=ネイティブの発音を普通に認識できる

英語の発音が聞き取れない理由が自分がイメージしている音と、実際にネイティブが発している音との食い違いだということは、カタカナ英語と実際の発音の違いを知り、その食い違いをきっちり埋めていくのがポイントです。

音のイメージにズレがない状態

ネイティブと同じように発音できれば、自分の思い描く発音のイメージがネイティブの発音と直結し、当たり前のように聞き取れるようになるとリチャードさんは言います。

では、ネイティブの発音に近づけるためのRK English Schoolの「発音」の授業ではどのようなトレーニングをして、発音力アップにつなげているのでしょうか?実際に編集部が受けた授業内容と合わせてご紹介します。

RK English Schoolの「発音」の授業を体験してみた!

RK English Schoolの「発音」のクラスは毎週火曜日の18:45から始まります。今日は遠方から、Skypeでの参加の方もいらっしゃいました。この日は会社帰りの社会人の方が多かったです。シリアスに詰め込むぞ、というよりみなさん楽しそうで「仕事のあとの楽しみ」という雰囲気でした。

学校では、18:00からは無料の英会話ラウンジがオープンしており、授業の前にラウンジでネイティブスピーカーとフリートークをするなどの、ウォームアップができます。

また、授業の際にもネイティブスピーカーの先生は、担当の授業がない空き時間に、一緒に授業に参加し、レッスンを盛り上げてくれます。これはあまり他校では見られない光景かも!? 取材用、というわけではないようです(笑)。

RK English School

授業は日本語と英語のバイリンガルで行われます。

f:id:yitengren:20200105152220p:plainSo, how are you doing? (さて、調子はどう?)

f:id:yitengren:20200105154625p:plainI’m exhausted. (すごく疲れています)

f:id:yitengren:20200105152220p:plainexhausted という単語の発音はどこに一番力を込めて発音すればといいと思う?ex(いぐ ) haus(ぞぁす) ted(てぃっ) の3つの波があるね・・・。そう!真ん中の部分だよね。「疲れたぁ~」って気持ちを込めるのはそこ!

RK English School

リチャードさんいわく、発音は、何より大事なのは感情を込めるということと、単語がいくつの音に分かれているか意識をすることが重要!だそう。続いて、発音の授業なので、一つの単語をじっくり時間をかけて母音や子音の解説をしていきます。

f:id:yitengren:20200105152220p:plainexhausted(いぐぞぁすてぃっ)の(ぞぁ)の発音のときは指を2本、たてに口の中に入るくらい、大きく開けて発音してみよう。開け過ぎかなって思うくらいがちょうどいい!ぞぁの「ぁ」は「あ」と「お」の間ぐらいの音だよ。力を抜いて、さあ、みんなで発音してみよう!

f:id:yitengren:20200105174119p:plainexhausted(いぐぞぁすてぃっ)
f:id:yitengren:20200105152220p:plainexhausted(いぐぞぁすてぃっ)の最初の “e” の部分は /i/、口を横に引かない「い」だね。口を横に引かないから日本語でいうと「え」と「い」の中間くらいの音になる。で、(ぞぁす)は疲れて魂が口から抜けちゃうくらい口を大きく開けて発音。最初の /i/ もそうだけど、(ぞぁす)以外は唇の力を抜いて発音してみよう。

英語の発音は滑舌が悪く、音があいまいになっちゃう部分が多いよね。しっかり差をつけて発音しよう。Who else is exhausted today? Kyle, are you exhausted?(他にも疲れた人いる?カイル、君も疲れた?)

RK English SchoolYes, I’m getting there. It's been a long day.

ネイティブのカイル先生は、違うフレーズで「疲れた」を表現しました。It's been a long day. が日本語の「なんでやねん」に聞こえるという人もいました・・・。と、そこは盛り上がったのですが、今回は割愛。なんでそう聞こえるかちゃんと分析してくれました!
f:id:yitengren:20200105152220p:plainカイルが言った、getting there は「(exhaustedに)到達しつつある」という意味で、「疲れてきた」とネイティブっぽく言ってるね。さすが!It's been a long day. (長い一日だった)という表現も同様に「疲れた」をちょっと遠回しに伝える、こなれた表現なので、覚えておこうっ!

このように完全参加型の授業で、リチャードさんと生徒さんとのやりとりで、実際にでてきた単語やフレーズを使って発音のレッスンをします。一つの音から広げていって、フレーズになったときのリズムまで、ときには手拍子でリズムを取りながら、じっくりみんなで発音しながら取り組んでいきます。

授業で使用する「発音」ノートは毎回、自然な会話ででてきた単語を書きためて作る、いわば「体験記」のような自分だけのオリジナル単語ノートになります。このノートを活用しながら授業を受けることにより、発音が改善されるだけでなく、理解も深まり、語彙力も増えそうです。

「発音」ノート

その場で自分や誰かが発話した実際に使った言葉なので、このノートにたまっていくのは、まさに自分が使いたい実用的な単語やフレーズのみ。また、授業に出てきた語彙を使って発音のレッスンを進めるので、1回も同じ授業はありません。

ネイティブの発音を手に入れるためのポイント3つ

それでは最後にネイティブの発音を手に入れるためのポイントをおさらいしましょう!

POINT

①  一つの発音を徹底的に練習しよう!日本語にはない音は、音の出し方を知った上で体に覚えさせる。

② 感情を込めよう!英語に自分の感情を乗せて、生き生きとした自分の言葉にするための発音、ということを忘れずに。

③ 英語は滑舌が悪い!英語の音は正確に発音する部分とあいまいに発音する部分が極端。仕組みを意識して発音するとネイティブの発音に一気に近づきます。

「発音」の授業のレッスンを受けた感想

1.とにかくレッスンがユニークで楽しい!

体を使って、手拍子でリズムを取って発音を練習したり、発音の構造も細かく説明し、口をどのくらいあけるの開け方、舌の位置なども詳しく、面白く解説してくれます。体がその発音を覚えるまで徹底的に音を分解して音の練習をしてくれるので、英語の勉強というより、ボイストレーニングのようでした。

2.先生たちが親身になって盛り上げてくれた!

先生はパーソナルトレーナーのような立ち位置で、レッスン中、上手に発音できるまでもっともっと!と引き出してくれます。また、先生も一緒に楽しんで授業に参加してくれるので、英語は楽しいものだよ!と思い起こさせてくれます。

3.授業では脱線も楽しめる!

リチャードさんが、熱く面白く全力で解説してくれるので、2時間の授業もあっという間でした。使う時のシチュエーション、たまに下ネタ(?)やスラングも交えて、発音を楽しく学べます。

RK English Schoolの「発音」の授業の動画はこちら!

リチャード川口さんの「発音」の授業の様子を動画で紹介します。見れば「きっと」RK English School に通って、英語の発音を極めたくなるはず!ちなみに、RK English School はSkype経由で遠方の方も授業に参加できます。

ENGLISH JOURNAL 2月号はリチャード川口さんの発音特集!

1月6日(月)発売のENGLISH JOURNAL 2020年2月号は、ドドーンと16ページのリチャード川口さんの発音特集!ENGLISH JOURNAL読者の6人に、リチャード川口さんの個別指導内容に従い、1週間猛特訓していただきました。その効果はいかに?Before & Afterの音声付きでどのくらい上達したのか、読者の効果や感想も掲載しています。

ENGLISH JOURNAL 2月号

ぜひ、あなたも英語の「発音」をネイティブに近づけましょう!

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2020年2月号

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2020年2月号

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2020/01/06
  • メディア: 雑誌
 

RK English School

RK English School

2013年にリチャード川口が立ち上げた、講師全員がバイリンガルの英会話スクール。無料の英会話ラウンジや、「発音」「表現力」「英語脳」「TOEIC」等の技術の習得に特化しているのが特徴。留学しなくてもネイティブと対等にコミュニケーションができる「イケてる英語」が楽しく習得できる。

「RK English School」詳細はこちら

編集・取材:伊藤忍