GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

ポール・マッカートニー作の本、長年の思いが実りアニメ化へ【英語多読ニュース】

f:id:moutainbook:20191211155303j:plain

誰もが知る音楽家、ポール・マッカートニーが共作し、2005年に発表した『あの雲のむこうに(High in the Clouds)』という児童書をご存じですか?映画化を念頭に書かれたこの本が、Netflixなどの出資によりアニメーション化されるそうです。

文明批判や自然との共生がテーマの児童書

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が、100冊以上の著作を持つ児童文学作家のフィリップ・アーダー(Philip Ardagh)と共作し、「ピーター・ラビット」作品のアニメ化などの仕事で知られるアニメーター、ジェフ・ダンバーがイラストを添えた2005年発表の児童書『あの雲の向こうに』。

この物語は、人の開発により住み家を失ったティーンエイジャーのリスが、母が最期に残した言葉に従い理想の島を目指すというもので、動画配信サービスの「Netflix」とフランスの映画配給会社「Gaumont(ゴーモン)」により、映画化されることが決まったそうです。

Netflix has come aboard Sir Paul McCartney’s long-gestating animated film High In The Clouds, which is based on the children’s adventure novel of the same title written by the iconic Beatles musician as well as Geoff Dunbar and Philip Ardagh. The project hails from French company Gaumont, which optioned the book back in 2012 after it had been in development since 2009.
ネットフリックスは、サー・ポール・マッカートニーが長年温めてきたアニメ映画『あの雲の向こうに』に加わった。この映画は伝説ともいえるビートルズのミュージシャンとジェフ・ダンバー、フィリップ・アーダーが書いた同名の児童向け冒険小説をもとにしている。このプロジェクトはフランスの映画配給会社ゴーモンから迎えられた。同社は2012年に本の映画化権を取得しており、映画自体は2009年から製作が進められていた。

deadline.com

本自体が発表されたのが2005年で、その当時から映画化を前提としていたとのこと。長年の夢がついに実現するということで、ポールも喜びを隠せないようです。

“We are thrilled to be partnering with Netflix,” McCartney said. “They complement what is already an amazing team with Gaumont and we can think of no one better to be working with to bring our film to a global audience. I’ve always loved animated films and this is a hugely important passion project for me. I can’t wait for the world to see it.”
「ネットフリックスとパートナーを組めることをとてもうれしく思っています」とマッカートニーは語った。「すでにゴーモンと作っていた素晴らしいチームを彼らは称賛してくれた。僕たちの映画を世界のオーディエンスに届ける仕事を共にするのに、彼らは最高の存在です。私はアニメーション映画をずっと愛してきましたし、これは本当に大きな思いのあるプロジェクトです。世界の人に早くそれを見ていただきたいです」

variety.com

ニュースは『あの雲の向こうに』が単にアニメーション映画化される、というだけではありません。

Not surprisingly, McCartney isn't just there to give his seal of approval. He's one of the co-producers alongside veterans like Bob Shaye (of Lord of the Rings and Golden Compass fame), and he'll also write original songs.
当然のことながら、マッカートニーは承認印を押すためだけにそこにいるわけではない。彼はロバート・シェイ(『ロード・オブ・ザ・リング』や『ライラの冒険 黄金の羅針盤(原題:The Golden Compass)』で知られている)をはじめとしたベテラン勢とともに共同プロデューサーを務め、またオリジナル曲も書くことになる。

www.engadget.com

声のキャストや公開日はまだ発表されていませんが、オリジナル曲も提供するとなると、単に子どもたちだけではなく、ポールやビートルズファンも大注目の作品になりそうです。

なお、このポールの本はというと原書のハードカバー、ソフトカバー、日本語版のどれもが絶版のようです。でも、映画化にタイミングを合わせて再販されるかもしれませんね。

High in the Clouds

High in the Clouds

  • 作者:Paul McCartney
  • 発売日: 2005
  • メディア: ハードカバー
High in the Clouds

High in the Clouds

あの雲のむこうに

あの雲のむこうに

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。ビートルズの大ファンというわけではありませんが、ギターを手にして最初に練習した曲はやっぱり(?)ビートルズの『イエスタデー』でした。