GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

韓国留学、おすすめのポイントは?


2時間のフライトで週末旅行もできる韓国。K-POP人気でコスメやファッションなども日本で大流行しています。本場の韓国料理を味わうこともでき、文化も似ているため日本人にとっては留学生活を送りやすい国かもしれ ません。そんな韓国へ留学するにあたって気になることを解消していきます!

1.韓国留学11の質問

Q.韓国に留学する人は多い?

韓国の文化や流行に興味を持つ人は年々増え、観光旅行では物足りないという人も。より身近に韓国について学ぶため韓国語をマスターしたいというニーズが増え、特に若い世代で多くの人が韓国へ留学をしています。

Q.留学先として韓国を選ぶ理由は?

隣国の韓国は文化も似ており、食事などで苦労することがありません。また教育熱心な国で水準も高く大学留学や語学留学での受入れ体制も整っていることから、ハングルを勉強して韓国やアジアでも活躍の場を広げたいという人に選ばれています。

Q.韓国の教育はなぜ質が高い?

教育熱心で学歴社会である韓国では、英語習得のための留学や海外への教育移住が盛んです。そのため、個人個人の意識が高く、しっかり勉学に励むということが身に付いています。真面目で意欲的な学生が多く、国を挙げて教育に力を入れているため高水準の教育が保たれています。

Q韓国の大学の特徴は?

学位取得のための留学が主で、入学することが難しい韓国の大学。ハイレベルな講義が韓国語で行われるため、まずは大学付属の語学堂と呼ばれる外国人向けの韓国語レッスンをうけることで韓国語習得ができるようになっています。

Q.韓国の大学の学費は?

韓国では1年間が4学期に分かれています。1学期が3~4ヶ月で、20万円程です。学校によって幅がありますが、多くの大学では日本に比べてかなり安いと言えます。奨学金などの利用もできるので、しっかり調べると費用が抑えられます。

Q.韓国と日本の時差は?

韓国・日本間には時差はありません。日本での生活を崩さずに行き来ができるのも韓国留学に人気のひとつです。

Q.韓国の治安はいいの?

比較的安定していますが、日本に比べると犯罪率は高くなっています。スリや、ぼったくり、女性の一人歩きなどには十分注意してください。また、時々で変化する日韓関係にも注意をしつつ、安全に留学生活が送れるようにしましょう。

Q.韓国留学ならではと言えば?

韓国への留学で楽しみの一つと言えばやはり「韓国料理」です。どこへ行ってもおいしいものが食べられます。また、ショッピングで流行のファッションやコスメを探したり、マッサージやエステを安価で受けられるので多くの楽しみが韓国留学生活で味わえます。

Q.韓国はどんなスタイルで大学留学できるの?

語学力が大学の基準に満たない場合は、大学付属の語学堂(語学レッスン)へ通います。交換留学では比較的厳しくないですが、事前に韓国語の勉強をしておく方が良いでしょう。

Q.韓国では留学生も働きやすい?

長期留学(91日以上)の場合の学生ビザ(D-4)の場合、入国6ヵ月までは働くことができません。6ヶ月経過後、出入国管理事務所にて「資格外活動許可」を取得すれば週20時間のアルバイトができます。近年、韓国での最低賃金は大きく上昇していますが、日本に比べると時給も安い場合が多いので、月に3~6万円ほどの収入になります。少しでも生活の足しにできるのは嬉しいですね。

Q.韓国は観光スポットも充実している?

コンパクトな国土ですがどこへ行っても見どころが多く、多くの観光客でにぎわっています。ソウルやプサンは日本人にもメジャーな観光地ですが、その他の都市ではまた違った魅力に出会えます。

韓国留学 おすすめ都市のBEST 5

日本とほぼ変わらない気候で、特別な準備をしなくても気軽に訪れることができる韓国。その土地ならではの料理や文化に触れることができる留学先を探してみましょう。

ソウル

韓国の経済の中心

朝鮮の王を代代祀る世界遺産の「宗廟(チョンミョ)」をはじめ、ロッテワールドやNソウルタワーなどの近代的な観光スポットまで、韓国の観光がぎゅっと凝縮されているかのような充実感を味わえます。屋台で食べ歩きをしたり、ドラマのロケ地を見学したりと、時間が足りないくらいに楽しめます。

釜山(プサン)

おしゃれなリゾート地

韓国の夏はココで決まり!「海雲台海水浴場(ヘウンデヘスヨクチャン)」は韓国でも有数のリゾート地。ホテルやカフェ、バーが多くあるのでのんびり夏の一日を過ごせます。カラフルな街並みでまるでマチュピチュと呼ばれる「甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)」も絶対見ておきたいスポットです。

大邱(テグ)

屋台文化を楽しめる

韓国南部に位置する第3の都市テグ。テグのシンボル「83タワー」で街を一望したら、「西門市場(ソムンシジャン)」で屋台を楽しみましょう。生活にまつわるすべてのものが揃ってしまうという歴史の古い市場を満喫できます。

済州島(チェジュ島)

アジアのハワイ

朝鮮半島の南、アジアにハワイと呼ばれる楽園があります。韓国人も多く訪れているリゾート地。新鮮な海の幸や瑞々しいフルーツを存分に味わえます。
「Boromwat GARDEN(ボロムワットガーデン)」では広大な敷地にラベンダー畑が広がる美しい光景を見ることができます。

全州(チョンジュ)

ビビンバ発祥の地

韓国の古都チョンジュでは伝統的な家屋や韓国料理の発祥を知る体験ができます。全州韓屋村では民族衣装のレンタルができるので写真撮影をするのも楽しいです。ビビンバ発祥の地でもあり、グルメの街として知られているので食も大いに期待できそうです。

まとめ

観光地としては以前から人気のあった韓国ですが、近年の韓流ブームを受けて年齢問わず人気の観光地となりました。特徴のある食文化や活気溢れる雰囲気に魅了される人が多くなりました。また逆に韓国から日本への観光客も増え、両国の国際交流は最盛期を迎えています。語学留学や大学留学のほかにも、ワーキングホリデーやボランティアなど、異文化体験できるチャンスがたくさんあります。メリットがいっぱいの韓国留学にぜひ挑戦してみてください。

韓国留学 おすすめの留学スタイル

あなたのピッタリの留学は?様々なスタイルで韓国留学ができます!

☆語学留学in韓国 https://anokuni.com/country-info/language-kor/
☆ 大学留学in韓国 https://anokuni.com/country-info/university-kor/

gotcha!

執筆&編集:あの国で留学 編集部

海外留学の専門情報サイト「あの国で留学」の編集部です。32か国、800以上のプログラムからあなたの理想の留学を見つけることができる!留学に必要なお役立ち情報、ビザ情報、体験談など、豊富な情報であなたの留学をお手伝いしています。