GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

イチローが英語でスピーチ!気になる英語表現をチェック

イチローが英語でスピーチ!気になる英語表現をチェック

今年3月に現役を引退した、シアトル・マリナーズのイチロー氏。9月14日に行われたマリナーズの功労者をたたえる表彰式で、英語のスピーチを披露し話題になっています。

まずは動画でスピーチをチェック!

渡米して18年になるイチロー氏。英語でのスピーチも堂々としたものです。まずは聞いてみましょう。

動画の長さは、およそ5分間です。

クールな印象の強いイチロー氏が、時おり言葉に詰まりながら話す様子が胸に迫りますね。

聞き入るチームメイトや球団関係者たちの表情からは、イチロー氏に対する信頼の厚さが伺えます。

ぐっとくる英語表現をチェック

それでは、気になる英語表現を見ていきましょう。

ファンや関係者が見守るなか、スピーチを始めたイチロー氏。彼ほどのスターでも、やはりこんな気持ちなんですね。

I am so nervous. OK, let’s do it.
僕はとても緊張しています。よし、始めましょう。

そして、アメリカや応援してくれた人たちへの感謝を伝えています。

Baseball is truly a national pastime in America.
野球は、アメリカで本当に国民的な娯楽です。

次に、自分の選手生活を振り返ります。

I was so happy to play in front of the people who love and respect the game so much.
野球を愛し、敬意を持ってくれる人たちの前でプレーすることができ、とても幸せでした。

後半では、後輩たちへの熱いメッセージが。

As we enter the final days of a long season, every player should remind himself “What does it mean to be a professional?”
長いシーズンの最後の時期に入り、すべての選手が思い出すべきことは、「プロフェッショナルとは何か」ということです。

Every day you need to go about your business with the same passion.
毎日、同じ情熱をもって自分の仕事に取り組まなくてはなりません。

身にしみます・・・。これは、彼自身がまさにずっと続けてきたことなのでしょう。

To the Seattle Mariners organization, I am forever grateful to you for giving me the chance to play the game I love in the city I have come to love.

シアトルマリナーズの皆さん。私が愛する街で、私が愛する野球をするチャンスを与えてくださったことに、永遠の感謝をささげます。

そして、最後はこの一言!

Now, let's play baseball!

さあ、プレイボールです!

イチロー選手(という呼び方がやっぱりしっくりきますね)、本当にありがとう。お疲れでした!

GOTCHA! 編集部

文:尾野七青子

都内某所で働く初老のOL兼ライター。