GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

生徒はもちろん先生にも人気のオンライン英会話「QQ English」の考え方

f:id:izudondon:20190123093538j:plain

いつでもどこでも学べ、しかもリーズナブルということから利用者がうなぎ登りに増えるオンライン英会話。しかし、その一方で「なかなか続かない」という声も少なくありません。そんな中、継続率の高さで注目されているのがQQ English。なかには学習開始から10年間も続けている方もいらっしゃるとか。QQ Englishはなぜ続けられるのか?その理由を代表の藤岡頼光さんに伺いました。

「しっかり学べる」オンライン英会話

f:id:izudondon:20190123093311j:plain
ネットベンチャーではなく、英会話学校

オンライン英会話は、時間や場所を選ばず、これまでにない低価格を実現することから、いわばネットベンチャーによる革新的な事業として注目される傾向があります。しかし、2009年よりオンライン英会話を提供するQQ Englishについて、藤岡さんは「自分たちをネットベンチャーと考えていない」と語ります。

そもそもネットベンチャーが提供するサービスと、私たちのサービスとでは目的が異なるのだと思います。ネットベンチャーが提供するサービスでは、ネットを介したマッチングシステムの革新性に意味があり、それによって『英語で話す機会を安価に数多く提供する』という新しい価値を生み出しました。一方、私たちはあくまで英会話学校における『学習方法の1つ』として、オンライン英会話を捉えています。もちろんオンラインによる価格や手軽さなどのメリットは享受していますが、もともとサービスの仕組みも、質に対する考え方も、異なっているのです。」

話すだけでは伸びない。「体系」が必要

「単に話すだけでは英語力は伸びない」という考え方が起点にあるといいます。母国語であっても、日常生活の中で言葉を使うだけでなく、国語として学び、敬語や書き言葉など知識を習得することが必要です。まして大人になって学ぶ外国語においては、より「体系的に勉強する必要がある」というわけです。

「効果的に学ぶためには、いくつか重要なポイントがあります。まず、よい教師から学ぶこと、良質な教材を用いること、体系的な学習計画をたてること、そして継続して学び続けることです。QQ Englishではそうした“学び”を提供することを目的としてサービス設計を行ない、品質向上に努めてきました。」

「外国人に英語を教えるプロ」を育てる

f:id:izudondon:20190123092951p:plain

正社員&有資格者のプロが1000人超

では、QQ Englishが取り組んできた「品質向上」とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。藤岡さんは「一言で言えば、『英語学校としての総合力』」と語ります。そして、その実現のために最も大切に考えているのが「教師の質」だといいます。

「私達はフィリピン政府の許可を得て英会話学校をつくり、そこで教えるプロの教師を1200人、正社員として雇用しています。全員に外国人に英語を教える国際資格であるTESOLを取得させ、研修や勉強会を行ない、日々研鑽に励んでいます。さらにQQ Englishが重視するのは、スキルだけではありません。日本人が英語を継続して学ぶためには『ホスピタリティ』が重要と考え、人柄を重視して、ていねいさや親切さなどを備えた方を採用しています。自身が外国語として英語を習得してきた経験を持ち、気質的にも陽気で明るいフィリピン人は、日本人にとってベストな先生だと言えるでしょう。」

先生にとっても魅力的な環境を用意

www.youtube.com

とはいえ、そうしたハイレベルな先生はフィリピン国内にも決して多くはありません。その先生たちがこぞってQQ Englishに集まる理由は、一流の英語学校としての仕組みや環境にあるといいます。

「多くのオンライン英会話の先生は学生を含めたパートタイマーが多く、ネット回線も自前がほとんど。それでも会話はできますし、様々な人と話すことはよい経験になるでしょう。しかし、学習を重視するQQ Englishでは、ネット環境も重要な品質の一部と考え、校舎を “リトルシンガポール”と呼ばれる、フィリピン国内でも最も設備の整ったエリアに置いています。六本木ヒルズみたいな場所ですね。そうした最先端のエリアで正社員として採用されるとなれば、誰もが働きたいと考えるでしょう。そうして集まった優秀な先生たちが学校に集まり、現場で切磋琢磨し合うことで、さらに英語教育のプロとしての専門性を高めているのです。」

学習計画に基づいて提供される良質な教材とメソッド

f:id:izudondon:20190123093200j:plain

計画的に学べるしくみを重視

さらに、藤岡さんは効果的に英語力を高める方法として「学習計画」の重要性を強調します。確かに体系的に順を追って習得できれば、やみくもに英会話の経験を積み重ねていくよりも、ずっと効率的に学ぶことができるでしょう。そこでQQ Englishでは、日本人のコミュニケーターがネットを介して様々な相談に乗り、学習計画のサポートを行っています。

「レベルチェックはもちろん、何にどのように英語を使いたいのか、ゴールイメージを伺いながら、その人に最適な学習計画を提案します。多くのオンライン英会話ではレッスンを終わらせないと次に予約ができないなどのシステムになっているようですが、QQ Englishの『月会費プラン』では、学習計画に合わせ、その人のペースに応じてレッスンを2週間先まで決めておくことができます。つまり、先生の予約も可能となり、同じ先生から継続して学ぶことも可能になります。」

同じ先生とじっくり学ぶ人も多い

初対面の先生が続くと、どうしても、自己紹介などに時間が奪われがち。慣れ親しんだ先生なら、自分のクセや状況を知ってもらい、より快適にレッスンを受けることができます。

QQ Englishでは生徒だけでなく、先生の定着率も高いため、専属のコーチのように、数年間にわたって同じ先生から学ぶ人も多いのだそう。

「もちろん、どの先生から学んでも同じ効果が得られるように、教材にも工夫がなされています。それらは『読・書・聞・話』の4技能に対応し、マンツーマンのオンライン英会話に特化して開発したQQ Englishオリジナルのものです。多彩なカリキュラムの中には、『英語脳をつくる』と注目されているカランメソッドの正式認定校としてのレッスンも用意されています。ぜひ相乗効果を体験してみてほしいですね。」

100年に1度の好機!英語力で世界は必ず広がる

f:id:izudondon:20190123093238j:plain

「英語のパワーを広めたい」きっかけは自身の体験

QQ Englishが提唱する学習法は、自らを「オンライン留学」とうたっているように、フィリピンの英会話学校での学習メソッドをオンラインに置き換えたもの。かつて藤岡さん自身が14年前にフィリピンへの留学で体験したことをもとに、日本人向けのサービスとして開発しました。

「留学のきっかけは、好きなバイクについて外国人ともっと英語で話せたらと考えたことです。仕事があるので日本からは近いほうがいいし、若い人に混じってグループでやるより個人レッスンがいい。それで韓国人が運営していたフィリピンの学校を見つけて留学しました。10ヶ月の間、多い時はひと月に2週間、少ない時は1週間と、仕事の合間に時間を見つけてはセブ島で英語の特訓を行い、日本にいる間は、セブ島で仲良くなった先生とSkypeで話すという英語漬けの生活をしていました。この生活で、仕事にも十分に使える英語力が身につき、仕事の幅が一気に広がったのです。英語ができるようになるだけで、こんなに見える世界が変わるのかと驚嘆しました。」

英語は「必ず」マスターできる

「自分の経験を多くの人に広めたい」と考えた藤岡さんは、フィリピンのセブ島に留学とオンラインで英会話を学ぶQQ Englishを立ち上げました。

「人によって時間差はあるかもしれませんが、誰もが “必ず”、“100%” 英会話を習得できる方法を開発したと考えています。あとは、いかに続けてもらうかが肝心。そのためにこれまでご紹介したような様々な取り組みを行ってきましたが、加えてもう一つ、リアルな英語でのコミュニケーションの場を経験することが有効だと思っています。その意味でも、QQ Englishの強みはオンラインとリアルがシームレスにつながっていること。オンラインで会った先生に、留学先で直接英語を教えてもらえるサービスは、他にはないでしょう。」

武器としての英語を手に入れよう

オンラインで学んだ人が留学で手応えを感じると、帰国後に再び行うオンライン学習にも、さらに力が入るといいます。英語だけでなく、仕事や生活にも大きな活力を得る人も多いのだとか。

「これからはアジアの時代。日本人が世界で活躍する100年に1度、いや有史以来最大のチャンスだと思います。先進国としての経験をもとに、アジアの一員として世界で力を発揮することができるはず。その重要な武器となるのが英語です。ぜひともこの好機を逃さぬよう、QQ Englishを活用して早々に英語力を高めていただきたいと思います。」

詳しくはこちら

QQ English についてはこちらの記事もご覧ください。サービスの概要無料体験のようすをご紹介しています。

gotcha.alc.co.jp