GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「バッグは無事です」って英語で言うときは safety だっけ?【上級編】

爆笑必至の「エイゴ言い間違い」シリーズ!こんな日本語、英語でどう言う?

私のバッグは無事でした。

エイゴ言い間違い

× My bag was safety.

これでは、「私のバッグは『安全』そのものでした」になっちゃう!どういうこと!?

正しくは

○ My bag was safe. 

と言いましょう!

Tim 先生の解説

My bag was safety. だと、まるでバッグが「安全の象徴」みたいな印象を与えてしまう。でも、ホントはそういうことが言いたかったわけじゃないよね?盗難騒ぎがあったとき、地震・火事が起きたときなんかに「私のバッグは無事でした」と言うのなら、My bag was safe. が正解。safety は「安全・安全性」という意味の名詞で、safe は「安全である」という状態を表すんだ。ちょっと紛らわしいけど、しっかり区別してね。

さらに、My bag didn’t get stolen.(私のバッグは盗まれませんでした)や My bag didn’t get lost. (私のバッグはなくなりませんでした)のように、より具体的に状況を伝えると分かりやすいと思うよ。ただし、地震や火事が起きたときなんかは、「自分の持ち物のことばかり心配しているヤツ」と思われないように注意

例題

以下の日本語を英語にしてみましょう。

① この水は飲んでも安全だ。

② 財布は金庫の中に入れてください。

③ 安全な旅を!

解答

① This water is safe to drink.

② Please put your wallet in the safe.

③ Have a safe trip!

解説

① 「・・・するのに安全な」は safe to ...

② safe には「金庫」という名詞としての意味もある。

③ 旅立つ人を見送るときの決まり文句。

ティム・ヤング

ティム・ヤング(Tim Young)
米国アイオワ州出身。イリノイ州オーガスタナ大学にて英文学学士号取得。高校時代に日本人のペンフレンドを持ったことから、日本文化への興味を深める。
ホームページ:http://www.machigai.com/

イラスト:牧野良幸 http://mackie.jp/