GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

子ども向けオンライン英会話のおすすめは?

幼児向けオンライン英会話

オンライン英会話は子どもにこそピッタリ!

小学校での教科化や大学入試改革など、子どもと英語との関わりが、どんどん早期かつ強固なものになってきています。親世代が学校に通っていた時とは、ずいぶんと様子が異なります。

今回の記事では、幼児・未就学児から高校生まで、年代ごとの「子ども向けオンライン英会話」サービスをご紹介します。

記事の前半では「高校生」「中学生」「小学生」の英語事情について簡単にまとめつつ、それぞれに適したオンライン英会話の選び方などは、別の記事にまとめてありますんので、詳しくはそちらをご覧ください。

記事の後半では、小さなお子さま(幼児、未就学児)に適したオンライン英会話サービスをご紹介しています。

高校生向けのオンライン英会話

今後は大学受験も英語を「話す」能力が重視されるように。すでに一部の大学では、TOEFLやIELTSなど外部の資格試験のスコアを提出することで、英語の試験が免除される仕組みが導入されています。

しかし、英会話の能力は、集団授業ではなかなか身につきません。どれだけ少人数の授業であっても、英語を実際に話す時間は微々たるもの。本当に英語で会話を交わし、議論するにはとても十分とは言えません。

もし、お子さまの英会話力を本当に伸ばしたいなら、学校外での英会話の機会を設けてはいかがでしょうか。その方法はさまざまですが、なかでもおすすめしたいのがオンライン英会話です。

こちらの記事では、高校生のお子さまのためのオンライン英会話の選び方などをまとめています。

gotcha.alc.co.jp

中学生向けのオンライン英会話

中学校における英語の授業もますます「コミュニケーション重視」に。学校の授業が英語で行われるようになったら、英会話に慣れていない子どもにとってはハードルが高く、英語嫌いになってしまう可能性もありますよね。

また、中学生くらいになると「将来、英語を話して世界で活躍したい」「洋楽を聞くようになって、英語をきれいに、スラスラ話せるようになりたい!」など本人がやりたい!と思う気持ちも前面に出てきます。

そこでおすすめなのが、自宅で気軽に学習できるオンライン英会話です。こちらの記事では、中学生向けのコースを設けているオンライン英会話を3つご紹介しています。

gotcha.alc.co.jp

小学生向けのオンライン英会話

いよいよ2020年度より、小学校3年生から英語が必修に。各校の判断によっては、2018年度からの先行実施が可能となります。

3年生と4年生は「外国語活動」として、英語を楽しむことを念頭にした授業(活動?)がスタートする予定。あくまで「勉強」ではないわけですね。しかし、5年生と6年生は、これまで「外国語活動」として組み込まれていた英語が「教科」に。

つまり、国語や算数などと同じように教科書を使い、テストを行い、成績をつける形で授業が行われることになります。

英語の読み書きより、話す聞くことが重要視されるので、できれば早い段階から英語に親しむ素地を作っておきたいですよね。そこでおすすめなのがオンライン英会話です。

オンライン英会話ならパソコンがあれば自宅でレッスンを受けることができますし、多くの場合英会話スクールよりも安い値段で済み、しかも入会も退会も簡単。

「試しにやらせてみようかな・・・」程度の軽い気持ちで始められるので、小学生のお子さんの習い事としても、うってつけです。

gotcha.alc.co.jp

子ども向けのオンライン英会話

幼児(未就学児)向けのオンライン英会話を選ぶ際に、大人向けのオンライン英会話選びよりも慎重に行いたいのが「講師選び」です。

というのも、幼児にとって、講師との相性がレッスンの質を決める最大の要素となるからです。大人であれば、仮に相性が悪くても「TOEICで○○点取るために受けているのだから・・・」など、 目標がはっきりしていれば我慢できます。

しかし、幼児はそうはいきません。

自分で「やりたい!」と言って始めたならまだしも、多くの場合は保護者が「受けさせよう」と考えて始めたはずです。幼児自身に、何かしら目標意識があるわけではないのです。

したがって、相性のよい=楽しませてくれる講師を選ぶのが重要なのは自明。無料体験を必ず受講して、相性を見極めるようにしましょう。

子どもと一緒に「親子レッスン」が可能なコースも

f:id:yitengren:20170714140403j:plain

オンライン英会話のレッスンは、基本的に子どもと講師が1対1で進めます。1対1なので、20分なり25分なりといった短いレッスン時間を最大限に活用できます。

しかし、パソコンの操作やレッスンの進捗など、つい気になってしまう人も多いことでしょう。また、知らない外国人と、しかもパソコン越しで話をする環境に慣れていないお子さんですと、お母さんやお父さんがいなくて泣いてしまうケースもあります。

そうした人向けに、保護者同伴を認めていたり、中には一緒にレッスンを受けられたりするオンライン英会話も存在します。3~4歳となると、人見知りの幼児も多いですから、できれば同伴できるところを選んだ方がよいでしょう。

子どもの頃から楽しく学んで「英語耳」を修得

よく言われることですが、小さい頃から英語学習を始めた方が、ネイティブのようにきれいに発音できるようになる可能性が高まります。また、大人にありがちな「英語アレルギー(ガイジンの前だと固まってしまう・・・)」にかかる心配もありません。

英語を当たり前のように聞き、当たり前のように話す環境を小さい頃にいったん作っておけば、成長してから本格的に英語を学んだときの成長力が変わります

中には月額3,000円弱で始められるオンライン英会話もあるので、まずは手軽に、そして徐々に本格的に英語の世界を子どもに紹介してあげましょう。

お子さまは楽しい時間を過ごすことができますし、保護者としては(自分の時間を確保しつつ)お子さまを自然な形で英語に慣れさせることができますよ。

おすすめの子ども向けオンライン英会話3選

数多くある幼児向けオンライン英会話の中から、おすすめのものを3つ選びました。
ポイントは、講師の質と値段、レッスンの信頼性です。1つずつ、特徴をご説明します。

  • ネイティブキャンプ
  • リップルキッズパーク
  • DMM英会話

ネイティブキャンプ

予約不要だから子どもの機嫌がよいときにレッスン可能

ネイティブキャンプ

月額5,500円(税込)でレッスン回数無制限というのがうれしいオンライン英会話です。幼稚園レベルから、中学生レベルまでを対象としたキッズレッスンを設けており、「Let's Go」という児童向け英語教材を使って、飽きずに楽しく英語学習を進めることができるようになっています。

ネイティブキャンプの特長は次の通りです。

  • 英語の音だけでなく単語や文法もしっかり学べる
  • カード、ゲーム、歌を駆使して飽きさせない工夫がしっかり
  • 予約不要なのでいつでも受講可能
パソコンが苦手な親御さんにもおすすめ!

ネイティブキャンプは、ブラウザ上でレッスンを受けられます。複雑なPC操作がないので、機械が苦手な保護者でも全く問題ありません。また、レッスン中に保護者が付き添うのもOKです。

リップルキッズパーク

親子や兄弟一緒に英会話レッスンができる

リップルキッズパーク

DMM英会話とは異なり、子ども専門のオンライン英会話です。3歳からレッスンを受けることができます。

アルファベットも分からないような子どもであっても、楽しく英語学習を進められるようカリキュラムの改善・向上に力を入れています。講師の研修プロセスも公開されており、厳しく講師の絞り込みが行われていることがうかがえます。

ポイントは以下の通りです。

  • 家族や兄弟でレッスンを分け合うことができるので、1人分の料金で 一緒にレッスンを楽しめる
  • ゲームや人形(パペット)を取り入れた楽しいレッスン
  • 期限厳しい実地研修レッスンで子どもから十分な評価をされた講師のみデビュー可能
「子どもに特化した」オンライン英会話サービス

子ども専門ということで、ゲームやパペットを使った飽きさせないレッスン構成が特徴的です。また、実地研修のアンケート評価がよくないと、そもそも講師としてデビューもできないようになっているため、講師の質もある程度担保されていると見なすことができるでしょう。

DMM英会話

子ども向け教材があり、毎日レッスンが可能

DMM英会話

オンライン英会話業界の中でも、最大手の1つがDMM英会話です。年齢制限はなく、何歳からでもレッスンを受けられます。

特に子ども向けのプランがあるわけではないのですが、世界的な児童向け英語教材「Let's Go」を採用するなど、ちゃんとキッズ向けの講師や教材が用意されており、大人と同じ月額5,980円(税込)という格安の値段で受講することができます。

ポイントは以下の通りです。

  • リーズナブルな「スタンダードプラン」と、ネイティブ講師のレッスンを受けられる「プラスネイティブプラン」の2通りが用意
  • 日本語サポート可能な講師もいる
  • コンシェルジュが日本語で疑問に答えてくれる
リーズナブルな価格で始めやすい

幼児向けの対応がそつなく揃っており、安心して気軽に始められます。値段もそれほど高くありませんから、まずはDMM英会話を軸に体験レッスンの受講を考えるとよいでしょう。 

子ども向けのオンライン英会話[まとめ]

どのオンライン英会話が合っているのか、は一概に言うことはできません。子ども向けオンライン英会話選びでもっとも重要なのは「講師が合うかどうか」であり、正直なところ、それ以外の違いはそれほど大きなポイントではありません。

したがって、ある程度試行錯誤を繰り返した方がよいかもしれません。

幸い、無料体験を実施しているオンライン英会話ばかりですから、何度か試してみて子どもの反応も確認しつつ、どこがよいのか・誰がよいのかじっくり考えていきましょう。

また、相性のよい講師を何人か見つけることができたら、なるべく同じ講師に担当してもらえるように予約をするといいでしょう。

大人と違い、幼児は「相性はよくない気もするがとりあえずレッスンは友好的に受講する」ということはできません。講師選びは慎重に取り組むとよいでしょう。

gotcha!

編集:GOTCHA!編集部 協力オンライン英会話ソムリエ