GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

フロリダ発!動画で学ぶ「子育てあるある」英会話フレーズ5選

子育てあるある英語フレーズ

日常生活でよく使う英語フレーズを、フロリダ在住の「ひみママ」のTwitterから紹介します。「子育てあるある」を、英語で言ってみましょう。動画を見て発音もチェック!

ゴロゴロしないで

土日や夏休みに出番が多そうなこのフレーズ。家事でバタバタしているときにのんびりされると、イラッとしてしまいます。

Stop being a couch potato.

ゴロゴロしないで。

「カウチポテト」は、長椅子(カウチ)に寝そべってポテトチップを食べながらテレビやビデオを見て過ごす様子のこと。確かにゴロゴロしている感じですね。

ひどいじゃん

顔色からテストの点数まで、いろいろなことがひどいときに使える便利なフレーズ。

That is awful.

ひどいじゃん。

洗い忘れた体操着や、粉々になったスナック菓子がスクールバックから出てきたときは、It smelles awful.(ひどく臭うよ)ですね。

楽勝だよ

これはママより子どもたちがよく使うフレーズ。

It's a piece of cake.

楽勝だよ。

「ケーキの一切れくらい簡単に食べられる」ということから,「簡単な仕事」「楽勝」という意味になったそうです。

後悔するわよ!

sorry の意味は、「ごめんなさい」だけではありません。いろいろな使い方があるようです。ママが何度言っても聞かないときは、これ!

You're gonna be sorry.

後悔するわよ!

 しかし、ひみママに叱られたイーラン君、あんまり反省していないように見えます……。 これはもう1回くらい、You're gonna be sorry. が出るのでは?

全くその通りだよ

叱ってばかりというのもかわいそう。「そうだよね」と共感を示したいときはこれです。

You can say that again.

全くその通りだよ。

ネイティブ・スピーカーと会話するときに、ぜひ使ってみたいですね。

まとめ

いかがでしたか?ひみママはTwitterで、動画で学べる英会話コンテンツを発信しています。アカウントはこちら @himimama1 です。Instagram @himimama300 では、英語フレーズについてより詳しく解説しています。こちらもぜひチェックしてみてください!

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。