GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

大学の卒業要件を突破!TOEIC対策にこの本を薦める理由3つ

大学卒業に必要なTOEICのスコアを取ってちゃんと卒業しよう

初めてTOEICを受ける方から730点突破を目指す方まで、さまざまなレベルの方のやる気に応える1冊がリリースされました。この本のポイントを3つ紹介します。 

はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略

はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略

 

【理由1】初めてTOEICを受ける人にも分かりやすい

試験の概要から当日の流れまでをしっかり把握

初めて受験するテストでは、試験問題の構成から当日の流れ、必要な持ち物まで、分からないことがたくさんありますね。本書ではこれら全てを詳しく解説。

試験当日の流れについても丁寧に説明しています。

TOEIC試験当日の流れ

これを読んでおけば、当日のシミュレーションは完璧。余裕をもって受験できます。

パートごとに「特徴と攻略法」を解説

TOEIC L&R テストは、Part1~4がリスニング問題。Part5~7がリーディング問題。全200問で、問題文まですべて英語です。

はりきって公式問題集や模試を購入しても、どうやって学習すればいのか戸惑ってしまう人も多いのでは?

本書では、まず、パートごとに「特徴と攻略法」を解説しています。

TOEICのパートごとの特徴と攻略法

問題を解くのに欠かせないスキルは、「鉄則」として紹介。

初めてTOEICに挑戦して「手も足も出なかった……」という方も、この「特徴と攻略法」に取り組むことで、「問題の解き方」を身に付けることができます!

パートごとに頻出表現がまとめられているのもうれしいところ。

TOEICのパートごとの頻出表現

このコーナーに集中的に取り組むだけでも実力アップできそう。もちろん、音声も付いていますので通勤時間などに聞いてみるとよさそうです。

【理由2】600点、730点とレベルに応じた学習ができる

書店へ行くと、「TOEIC○○点突破!」というような、レベル別の対策本がたくさん並んでいます。それを見て「今は○○点レベルだけど、本当は××点まで取りたいんだよね」と戸惑ったことはありませんか。

本書はまず、確実に600点をクリアすることを目標としていますが、プラスアルファの演習で730点越えも可能な構成になっています。

目指すレベルに合った問題に挑戦

「まずは600点を突破したい」という方は、Part1~7までの「600点攻略問題」に取り組んでみてください。

TOEICの600点レベルの問題の解き方

730点以上を目指す人は「730点以上攻略問題」にも取り組みましょう。

TOEICの730点レベルの問題の解き方

目標とするスコアが違えば、取り組むべき問題も異なります。本書なら、レベル別の学習が可能です。

Part7も怖くない!

長文読解問題のPart 7 は TOEICのラスボスとも言われ、苦手とする人が多いパートです。しかし600点を目指すなら、全54問のうち30問ほど正解できればOK。

Part 7 の最後に出るトリプル・パッセージ(3つの英文を読んで解く問題)2題と、4問付きのシングル・パッセージ1題は取り組まなくていいのです。

本書では次のように述べています。

950点以上を目指すのでない限り、最初からスルーする(取り組まない)問題を決めて、問題数を減らして取り組むと、焦りが少なくなり正解率が上がります。

取り組む問題が最初からわかっていれば、学習するときも、テスト本番でも、余裕をもって効率的に取り組めますね!

【理由3】200問、2時間の「完全模試」が付いている!

別冊の完全模試が付いているのも、本書のポイント。TOEIC対策の本は、レベル別、パート別にたくさん出版されていますが、本試験と同形式の200問の模試が付いているものは意外と少ないのです。

模試の解説には、その問題を解くのに必要な「鉄則」が記されているので、間違えた問題は本誌に戻ってしっかり復習しましょう。

模試をやりっぱなしにせず、弱点を把握して補強する。ここまでできるから、この1冊で、600点または730点以上という目標スコアを達成できるのです! 

TOEICのスコアが足りなくて卒業できない!?

今年1月に報じれらた北海道教育大学函館校の話題をご存じでしょうか。国際地域学科地域協働専攻の4年生のうち3割が、卒業要件として指定されているTOEICのスコアに到達していなかったため、このままでは卒業できないというニュースです。卒業要件のスコアは専攻グループによって違いますが、480点または640点でした。

「就職が内定しているのに卒業できないなんて」という声もあったようですが、そもそも卒業要件として決まっていたらなら、早いうちにクリアしておきたいもの。

また、社会人になってからもTOEICのスコアは重視される傾向にあります。昇進・昇格の要件にしている、またはしたいと考えている企業は4割以上。600点以上が目安となるケースが多いようです。転職する場合も、履歴書に書けるのは600点以上と言われています。

大学卒業時にも社会人になってからも、600点くらいのスコアが必要ならば、早めにそのスコアを獲得しておきましょう。まずは本書を手に取ってみてください! 

はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略

はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略

 

gotcha!

構成・文:川浦奈遠子(GOTCHA!編集部)
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。