GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

イギリス以外で通じない英語スラング88。英語多読ニュースフラッシュ

イギリス以外で通じない英語スラング88。英語多読ニュースフラッシュ

2018年最初の「英語多読ニュースフラッシュ」(1月11日号)をお届けします。今年も英語の多読にどんどん挑戦しましょう。早速、過去1週間で気になった英語ニュースをご紹介します。

イギリス以外で通じない英語スラング88

ビジネス・IT系のニュースを伝えるウェブサイト「ビジネス・インサイダー」のスタッフが、イギリス育ちの人以外には通じない(confuseという動詞を使っています)英語表現まとめたそうです。

Whether you think this list is the “bee’s knees” or if it's enough to make you want to “pop your clogs,” scroll on to discover 88 very British phrases -- in alphabetical order -- that will confuse anybody who didn't grow up in the UK.

もしあなたがこのリストを“bee's knees”だと思うか、“pop your clogs”したくなるようであれば、記事をスクロールしてブリティッシュっぽさ満点、イギリス育ちではない人には分からない88のフレーズをご覧いただきたい(アルファベット順に掲載)。

この説明からして私には意味不明なので、これはもう、記事を読むしかありません。

www.independent.co.uk

サハラ砂漠、雪で覆われる

オーストラリアのシドニーでは約80年ぶりの猛暑を記録(最高気温47.3度!)。アメリカ・ピッツバーグのとある街では、猛吹雪が引き起こした洪水が凍結し、町じゅうが氷に覆われたり…。以前にも増して、世界各国で異常気象が猛威をふるっているように感じます。

そしてこちらは1月9日の珍しい雪のニュース。砂漠と言えば雨はほとんどふらない場所…というイメージですが、近年はそんなこともないようです。

The orange dunes frosted with snow look at first as though they could be images from a frozen moon circling some distant planet.

In fact, the rolling hills with the alien-looking white peaks were formed by a more earthly — if unusual — phenomenon: snow in the Sahara.

雪をかぶったオレンジの砂丘は、一見すると、どこか遠く離れた惑星を回る、氷に覆われた月の映像にも思える。

しかし実のところ、この見慣れぬ白い頂きが連なる丘陵は、もっと身近な現象(それが珍しいものだとしても)によって生まれたものだった。サハラ砂漠に降った雪である。

美しい光景です…と言っていいものか分かりませんが、美しいです。

www.nytimes.com

せっかくなので、シドニーの猛暑、そしてピッツバーグの氷の世界の様子を扱った記事もご紹介します。

www.theglobeandmail.com

jalopnik.com

もうひとつこちらは、アメリカとカナダの国境に位置するナイアガラの滝が凍った様子。

mymodernmet.com

自分の住むアパートに火をつけた男性。その理由とは

アメリカ・カリフォルニアから届いたのは、男性が誤って自分の住むアパートに火をつけてしまった、というニュース。その男性は何でも、火力の強いライターで「クモ」を退治しようとしたのだとか。

クモの種類は「wolf spider(日本名:コモリグモ)」。モノによっては5センチ程度もあるそうで、「朝のクモは殺すな」という教えがあったとしても(アメリカにあるかどうか知りませんが)、つまんで外に出してあげる…という雰囲気ではありませんね。

でも、バーナーのようなライターで着火させようとするなんて、その男性はかなり慌てていたのかもしれません。

A witness living in the flat where the fire occurred told a local newspaper that the burning spider may have spread the fire across the apartment itself.

It is not clear whether the spider survived the fire. No injuries were reported but the block was evacuated.

火災現場のアパートに住む目撃者が地元新聞社に語ったところによると、火が付いたクモがアパートに火を燃え広がらせたとのこと。

クモがその火事を生き延びたかどうかは不明。けが人は報告されていないが、一帯は立ち入り禁止となった。

クモの安否も気にかけるとは…。

www.bbc.com

ストレスを和らげるのは、愛する人のシャツのにおい

アメリカの学術誌『ジャーナル・オブ・パーソナリティー・アンド・ソーシャル・サイコロジー』に掲載された調査によると、愛する人のにおいはストレス緩和に一役買うのだとか。たとえその人がそこにいても、いなくても。

ひとりで旅をするとき、または何かに挑戦するときのストレス緩和策として提案されているのは、“Take an article of your partner’s clothing along.”(パートナーの衣類1点を持っていくとよい)。これは一歩間違うと◯態扱いされそうです…。

“Being separated from young kids can be very stressful for both parties,” says Hofer. “If we can make it easier to leave your child at daycare for the first time or train them to sleep through the night without you, this could have very practical implications.”

「子どもと離れ離れになるのは、親と子のどちらにとっても非常にストレスフルなことです」とホフナーさん(この論文の主執筆者)は言う。「子どもを初めて保育園に預けるときや、夜に子どもをひとりで寝られるようにすることが容易になるとしたら、この調査結果は非常に実用的な意味合いを持ちます」

なるほど!そうだとしたら、それはとても助かる!という親御さんも多いのでは。

time.com

90分長い睡眠がダイエットにつながるってホント?

ロンドン大学キングス・カレッジの科学者たちの調査によれば、長く寝ていると、過度に糖分や炭水化物を摂取する機会が減り、より健康的になれるのだそうです。

In the trial, 21 volunteers who slept for less than the recommended seven hours a night, were sent to counselling to learn how to change their habits so that they could sleep for longer.

研究では、推奨される7時間より睡眠時間の短い21人のボランティアが、より長い時間睡眠を取る習慣を身に付けるカウンセリングを受けた。

その結果、どうなったかというと…。

Lack of sleep was already known to be a risk factor for obesity because it alters levels of hormones which control appetite.

But a new study showed that by getting more sleep, people naturally choose healthier foods within a week, eating on average 10 grams less sugar each day.

食欲をつかさどるホルモンのレベルを変えてしまうことから、睡眠不足は肥満の危険要因として知られている。

しかし新たな研究結果によると、より長い睡眠を取ると、人は一週間以内に自然と健康的な食事を選ぶようになり、1日の糖分摂取は平均10グラム少なくなった。

記事には「よい睡眠」を取るための5つのアドバイスも掲載されています。健康的でありたいと思うそこのあなた!記事を読んで、今すぐ生活習慣を改善しましょう!

www.telegraph.co.uk

GOTCHA! 編集部

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。