GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

エマ・ワトソンがお手本!TOEICスコア920点達成のカギはシャドーイングだった

PR 株式会社アルク

エマ・ワトソンみたいな英語をしゃべりたい!

TOEICスコアを伸ばしたい!でもどうやって?そんな悩みを持つ方必見!スコアアップを達成した方々にその秘けつをインタビューします。今回は大学在学中にTOEICスコア920点を達成した澤田知佳(さわだちか)さんの体験談を紹介します。

憧れのイギリス長期留学実現

澤田知佳

澤田知佳さん(大学生)
早稲田大学教育学部英語英文学科3年生(取材当時)。大学1年生の夏休みにオックスフォードへ短期留学をし、イギリスのとりこに。長期留学のための奨学金プログラム応募に際し、TOEICを受験したところ、830点を獲得。その1年8カ月後、留学中の再受験で920点までスコアアップ。現在、満点を目指して勉強中。

イギリスへの短期留学で実践的な英語の習得を目指す

大学入学後の夏休みに、イギリスのオックスフォードへ短期留学した澤田さん。現地の英語は今まで学校で触れていたアメリカ英語とまったく違うイギリス英語のため、ほとんど聞き取れずコミュニケーションに苦労したそうです。

しかし“新しい英語”に出合えたワクワク感もあり、澤田さんは次第にイギリス英語にはまっていきました。そして、大学で勉強している英語だけでは通じないと実感し、実践的な英語を独学で習得しようと決心しました。

澤田さんがまずしたことは、YouTubeでイギリス英語の素材探し。そして巡り合ったのが女優エマ・ワトソンの英語でした。すごくかわいい話し方で、こんなふうに話せるようになりたいとほれ込んでしまったそうです。

彼女のインタビューを繰り返し見たり聞いたりするうちに、アルクの『ENGLISH JOURNAL(以下EJ)』にインタビューが収録されていることを知り入手、シャドーイングを始めるようになりました。

特に誰かから『シャドーイングがいいよ』と勧められたわけではありません。ただエマのように話せるようになりたいという一心で、彼女の英語を聞いて読んで、まねして声に出していたら、結果的にシャドーイングになっていたんです。EJにもシャドーイングのやり方や効果が書いてあるのに後で気付いて『あ、この方法っていいんだ』と思いました」と澤田さん。

エマ・ワトソンのシャドーイングでテスト対策

今度は長いスパンで留学したいという思いが芽生えていた澤田さん。ちょうど、イギリスでのインターンシップを含む奨学金プログラムを見つけ、心を決めました。この時に初めて、TOEIC受験を意識したそうです。それは、応募条件の一つとして、TOEICのスコアが必要だったためです。 受験をわずか1カ月後に控え、TOEIC対策としてったのは先述のEJのシャドーイングでした。

「この奨学金プログラムの応募にはSW(スピーキング/ライティング)テストのスコアも必要だったのですが、シャドーイングは苦手なスピーキングとリスニング対策にもなると思ったんです。エマ・ワトソンのインタビューをスマートフォンに入れて、空き時間にひたすらシャドーイングしました。彼女の英語表現が豊かで、語彙力アップにも役立ちましたね」。

こうしてシャドーイングを繰り返すうちに、自然とエマの言葉が彼女の口調で澤田さん自身の口から出てくるようになったそうです。これはアメリカ英語以外の多様な英語が出題に使われるTOEICリスニング対策にもなったといいます。初めて挑んだTOEICでは、奨学金プログラムに必要な最低ライン560点を大きく上回る830点をマークし、SWテストも無事クリアすることができました。

シャドーイング効果を折に触れて実感

TOEICスコアや他の要件も満たし、奨学金を得て実現した1年間の留学生活。ロンドンの大学で、イギリスをはじめ各国から入学してきた学生と共に学んだ1学期は、かなりハードなものでした。澤田さんが受講したジャーナリズム関連の授業は、いずれもディスカッションが主体で、意見を発信しないと議論に加われません。さらにライティングの課題が多く、1万ワード以上の長文エッセーの提出に追われ、図書館にこもることも頻繁にありました。

ただ、身に付いたエマ・ワトソンばりの発音は注目を浴び、「どうやって勉強したの?」「イギリスで生まれたの?」と度々聞かれたといいます。このおかげでイギリス人とすぐ友達になれたそうです。学部での勉強を終えた後は、ロンドンの日系メディア企業でインターンとして3カ月働くことに。日本語から英語への翻訳作業、電話応対、ミーティングなどの実践の場でエマ・ワトソンのシャドーイングは実に役に立ちました。

エマの英語が身に染み込んでいるので、考える前に彼女の表現がするすると出てくるんです。その中で必要な所だけ単語を変えれば、いろんな状況で応用できるんですよね。つくづくシャドーイングをやっていて良かったと思いました」と澤田さん。

留学中に、就職活動に備えて高得点を獲得しておきたいという思いからTOEICの再受験に挑みました。この時の受験準備は、エマ・ワトソンのインタビューのシャドーイングに加え、大学受験時代から愛用している『英語頻出問題総演習』を解いて文法を復習。大学やインターン先で鍛えられた成果もあり、920点を獲得しました。

留学から戻った今は、イギリスのテレビドラマ鑑賞やスカイプでの友人との英会話英語力キープを心掛けながら、イギリスを紹介するウェブ新聞の運営、英語力を生かしたインターンシップなどで充実した日々を送っています。

TOEIC対策におすすめの教材

完全攻略シリーズ

TOEIC®テスト通信講座 完全攻略シリーズ

レベルに合わせて効率的に学習できるよう、目標スコア別に6コース用意しました。目標達成に必要な学習内容と時間を、順序立てて効率良く1日単位で用意いたしました。無理なくカリキュラム通りに学習すれば確実に目標達成するプログラムを組んでいます。

詳細はこちら

澤田さんがよく使用した教材

[音声DL付]ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2016年10月号 ?英語学習・英語リスニングのための月刊誌 [雑誌]

[音声DL付]ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2016年10月号 ?英語学習・英語リスニングのための月刊誌 [雑誌]

 
大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ) 最新六訂版

大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ) 最新六訂版

 

※本記事は、アルクの情報誌『マガジンアルク』2014年9-10月号に掲載したインタビューを再編集しています。

gotcha!

取材・文 鈴木香織/マガジンアルク編集部
編集:末次志帆