GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

TOEIC講師直伝!スコアアップするための効率的な英単語の覚え方

英単語って、どうやって覚えるんですか?

こんにちは。TOEIC講師の岡本です。生徒さんから「英単語って、どうやって覚えるんですか?」という質問をよくいただきます。単語暗記は重要だとわかっていても、やり方がわからなくて覚えられずに苦しんでいる人が意外と多いようです。そこで今回は、TOEIC900点オーバーの私が実践する単語暗記法を画像付きでご紹介していきます!

1.単語ってどうやって勉強すべき?

「単語帳を買ったほうが良いですか?」と聞かれることも多いのですが、スコアが500点以上の人は、単語帳を買わなくてOKです。

500点未満の人は、まず初級者用の単語帳を一冊網羅するところから始めても良いと思います。それ以上のスコアの人の場合は、単語帳を買っても「知ってる単語と知らない単語が混じっている」ということが多いんじゃないでしょうか。知っている単語をもう一度覚え直すのは、時間がもったいないですよね。効率的に語彙力をアップさせるなら、「自分の知らない単語だけがまとまった単語帳」がベストです。

そこで実践してほしいのが、自分で単語帳をつくるということ。わからなかった単語だけをノートにまとめていけば、自分の苦手だけがつまった単語帳がつくれるのです!

2.単語ノートの作成&暗記方法具体的なステップ

(1) 単語用のノートを準備する

単語用のノートを準備する

持ち運んだり電車の中でチェックしたりしやすいように、小さめのノートを用意しましょう。毎日使うことになるので、少しでもテンションの上がるようなお気に入りのノートを用意するのがオススメ。私はB6サイズのリングノートを使っています。

ノートを準備したら、ページの真ん中に縦線を一本引いておきます。この線の左側に英単語を、右側に日本語記載していきます。

(2) 知らない単語をピックアップして書いていく

問題演習の中で「わからない単語」が出てきたら、すぐに単語ノートにメモをします。例えば "candidate" という単語がわからなかった場合、線の左側に "candidate"、右側に「候補者」とメモしておきます。

線の左側に英単語、右側に日本語の意味を書く

実際はその単語が複数の意味を持つ場合もあると思いますが、TOEICのスコアアップに限って言えば、とりあえず問題集に出てきていた意味を覚えるのが効率的です。

TOEICの試験で出てくる文章には傾向があって、使われる単語にも偏りがあります。問題集に出てくる単語と意味は「TOEICで出そうな単語」ですから、その意味を覚えるのが効果的です!

(3) 暗記&テストを3回繰り返す

単語帳の単語をテストする

毎日1回以上暗記&テストをしましょう。暗記方法は、眺めて覚えても良いですし、繰り返し書いて覚えてもOK。自分に合う方法を選びましょう。

ちなみに私は書いて覚えるタイプです。1単語につき5回ずつ書きます。英単語を書きながら日本語訳を頭の中で思い浮かべることで、思考(日本語)と視覚(英単語)を結びつけます。ただ覚えるだけでは定着しづらいので、必ず1回以上テストをしてください。右側の日本語を別の紙やスマホなどで隠して、英単語を見ながら意味を答えていきます。

 

わからなかった単語にチェックマークを

日本語訳がわからなかった単語には、必ずチェックマークを入れます。自分が覚えていない単語を視覚的に把握しておくことも大切です。

 

3回以上暗記&テストのサイクルで覚える

チェックマークがたくさんついている単語は、かなり苦手ということですね。1ページにつき、3回以上は暗記&テストのサイクルを繰り返します。

(4) 覚えられなかった単語は再びまとめる

3回も繰り返すと、人間って「場所や順番で単語と意味を覚える」みたいなことができるようになっちゃうんですよね……。学校の単語テストで「このページの一番最初にあった単語は、こういう意味だ」って覚えてしまった経験のある人もいるのではないでしょうか。そうならないように、定期的に新しくまとめ直して、場所や順番を変えてあげるのがオススメ。覚えられていない単語だけ、新しいページにまとめ直します。

 

覚えられていない単語をまとめ直す

コレは3~4回テストし終わった後のページです。覚えられていない単語に緑のマーカーを塗っていて、この後その単語たちを新しいページにまとめ直しました。このページは、ほとんど覚え直しですね……(泣)。

あとは覚えるまで繰り返し暗記&テストをするだけ!単語暗記に終わりはありません。どんどん語彙力を増やしていきましょう!

3.単語暗記はいつやるべき?効果的なタイミングとは

単語暗記とテストは毎日1回以上やってほしいので、習慣化できるようなタイミングで毎日おこなうのがオススメです。例えば「電車に乗っている時は必ずやる」だったり、「寝る前に必ずやる」だったり、必ず実践できそうなタイミングを選びましょう。

ちなみに、暗記に最も効果的なのは「夜寝る前に暗記して、朝起きてからテストする」というサイクルです。人間の記憶は寝ている間に定着すると言われているそうで、朝起きてからテストをすることで、「ちゃんと頭に定着したかどうか」をチェックできます。単語暗記&テストは、1日10分ぐらいでできます。暗記をサボると覚えるべき単語だけがどんどん山積みになってしまいますので、毎日継続しておこないましょう!

さいごに

TOEIC(L&R)でのスコアアップだけを考えた場合、基本的には英単語を見て意味がわかればOKです。英単語に対応した意味が思い出せるよう、暗記&テストを繰り返しましょう。

また、単語ノートをつくっていると「何度も同じ単語で間違えているな~」とか「このジャンルの単語はよく出てくるんだな~」といったことに気づくと思います。自分の苦手分野を把握できたり、TOEICの試験傾向がわかってきたりするのも単語ノートをつくるメリットです。

ぜひ自分だけの単語ノートを活用して、目標スコア達成を目指してくださいね!

 

岡本美希

岡本 美希 http://miki-english.jimdo.com/
TOEIC講師 兼 フリーライター。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成した経験を生かし、英語関連のコラムを多数のメディアに寄稿。マンツーマンのTOEICレッスンも開講中。

編集:末次志帆