GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

色にちなんだ表現って、ネガティブな意味が多いの?

色にちなんだ英語表現

色にちなんだ日本語の言葉を思い浮かべてみたら……意外と否定的な意味に使われていて、ちょっとショック!例えば、「腹黒い」(ずる賢い)とか、「白い目で見られる」(軽蔑される)、「赤字」(欠損)、「真っ赤な嘘」(明らかな嘘)、尻が青い(未熟だ)、「青天の霹靂」(思い掛けず起こる突発的事変)・・・・・・。

色が持つ意味はいろいろありあそうですが、英語だと、どうなんでしょう?やはりネガティブな意味合いのものが多いのでしょうか。 

 

アルクが運営する、英語コミュニティアルコムワールド内で、人生&英語学習ベテラン勢に「色にちなんだ英語」を聞いてみました!その一部をご紹介します。

アルコムワールドのみなさんに聞いてみました!

alcom.alc.co.jp

 

青は、空や海などの色ですね。精神を落ち着かせ、安心感や信頼感を与える色です。 集中力を高めたいときに身に着けるといいらしいですよ。

f:id:miraclenachan:20170411194335j:plain

Out of the blue, I was awarded a present.
突然にプレゼントをもらえちゃったわ

GoingNowhereさん) 

He is in the navy.

彼は海軍です

ちっぴーなさん) 

 blue in the face

精根尽き果てる

Mayabutaさん)

文中では、"I've been talking to him till [until]  I'm blue in the face, but he won't change his mind."(彼とはとことん話をしているのですが、彼は考えを変えないのです)のように使われるようです。

 

 My mother came from a blue blooded-family.

母は上流階級の出身です

palmtreeさん) 

The idea came to me right out of the blue.

突然、アイディアが浮かんだの

エレミヤさん) 

once in a blue moon

めったにない

Horaburoさん) 

満月が見られれるのは1カ月に1回だけですよね。ところが、まれに1か月に2回見られることもあるのだそうです。"blue moon"とは、このように「めったにない」満月のことをいうのだそうです。英文の中では、"It only happens once in a blue moon."(めったに起こらないよ)のように使えます。

I've got the blues.

落ち込んでいるんだ

243さん) 

I'm not feeling "BLUE" now. :D

落ち込んでなんかないよ

なこみさん)

緑は自然を象徴する色です。森林、芝生、野菜、海藻、などが緑色ですね。調和、寛容さや、良識、良心的動、理解力をもたらすとも言われています。なるほど~、学校の黒板の色が緑色だった理由が分かる気がしました!

f:id:miraclenachan:20170411203904j:plain

Just joking, but I would be green with envy if someone else was awarded a prize.

冗談だけどね、ほかの人が当選したらうらやましくて青ざめるよ

243さん) 

Boss, please give us the green light for "Project 243."

ボス、我々に「プロジェクト243」のGOサインをください

なこみさん)

 「Goサイン」を"green light"(青信号)ですとは、面白いですね。

 

green-eyed monster

嫉妬

あづささん) 

シェークスピアの「オセロ」に出てくるセリフです。"O, beware, my lord, of jealousy! It is the green-eyed monster which doth mock the meat it feeds on."(嫉妬にご用心ください。それは、人の心をもてあそび、肉を食い尽くす嫉妬の魔物です)

文中ではこんな風にも使えます。"His words awoke the green-eyed monster that lives in my mind."(彼の言葉を聞いて私の心に潜んでいる嫉妬の怪物が目を覚ました)

 

赤は、肉体的な力を表現するようです。赤い朝日や夕日、炎、血液なども、情熱的で、エネルギーを感じさせますね。勝負のときや、受験などのときに身に着けると頑張れるのだそうです。

f:id:miraclenachan:20170411205804j:plain

Today is a red letter day for me(for us).
 記念日、特別な日


Let's make it a red letter day!

今日の日を特別な日にしよう!

N35さん) 

red herring

人の注意を別の方に向けるもの/おとり

Keanuさん) 

Uh, I guess I'd better shut up now. Otherwise she'll see red.

あ~、そろそろお口にチャックした方がよさそうだ。じゃないと彼女が激怒するからね。

OED Loves Me Notさん) 

 "see red"「カッとする」とか「激怒する」という意味に使われます。

 

銀色は、気持ちを落ち着かせたり、気持ちを整える力を持っているそうです。銀の食器やアクセサリー、時計、金属などをよく目にしますね。才能を開花したい!と思う人は、銀色のアイテムを持つといいようですよ。

Every cloud has a silver lining.

どんな困難な状況下でも良いことはある

chipmunkさん)  

希望を捨てないで」というときに使われることわざです。"silver lining"とは、太陽の光が反射して雲のフチが輝いて見える現象すようです。暗雲にも輝いている部分があることから、どんな困難な状況下でも良いことはあるという意味で使われます。

 

金色は、名誉・栄光・金運を呼び込む色なのだそうです。金色のイメージは、ズバリお金ですよね。金貨、金賞、金メダル、アクセサリーなどが思い浮かびます。金運を上げたい人はぜひ身に着けて!

Stay gold, Ponyboy!

自分らしく輝いたままでいてね

alcom-comさん)

フランシス・F・コッポラ監督の「アウトサイダー」の有名なセリフですね。Ponyboyという名前の主人公に、友人が言い残した言葉です。

 

白は、純粋さをすのだそうです。砂糖、雲、紙、ウエディングドレスは白ですね。白にはすべてを白紙の戻して一からやり直したり、過去をリセットして新しいことを始めたいときに、縁起がいい色のようです。

white lie

 たわいのない嘘

Keanuさん)

文中では、" I'm torn between telling the truth or telling a white lie. "(真実を話そうか、罪のないうそをつこうか迷っています)などのように使います。    

 

カラフル

"colorful"は、「色彩豊かな」とか「変化に富んだ」「生き生きした」などのように華やかなイメージで使われますね。"She has a very colorful personality. " と言えば、「彼女はとっても面白い性格なんだよ」と性格を表現にも使えるようです。

Live a colorful and fruitful life.
彩りのある実り多い人生を!

norizaruさん)

 

いかがでしたか?色が持つ意味って面白いですね。英語では、ネガティブな意味色の表現もありましたが、give the green light(ゴーサインを出す)とか、a red letter day(特別な日)などは前向きな意味で使われているものもかなりありましたね。最後にnorizaruさんの言葉を借りて、私からも"Live a colorful and fruitful life!"

 

 

皆さまどうもありがとうございました!

今回もアルコムの皆さまから多くの回答をいただきました!

GoingNowhereさん、243さん、なこみさん、N35さん、OED Loves Me Notさん、Horaburoさん、 chipmunkさん、エレミヤさん、norizaruさん、palmtreeさん、あづささん、Mayabutaさん、、Keanuさん、、ちっぴーなさん、alcom-comさん、皆さまどうもありがとうございました。

 

gotcha!

文:honeybun
GOTCHA!のエディター&ライター。
アルコムワールド事務局メンバーの一人。
動物大好き。ダンス大好き。地球大好き。