GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

効果を出す人の「オンライン英会話」の選び方、使い方

f:id:n_urako:20170331155233j:plain

増刷御礼の新刊『英語力はメンタルで決まる』から。西田先生自身も続けているというオンライン英会話について効果を出すための使い方などを解説。

大半のプロが効果認める、稀有な学習法「オンライン英会話

パソコンやスマートフォンで受講するオンライン英会話はここ数年で人気を高め、利用者数が増え続けています。

MMD研究所が2014年にった「オンライン英会話に関する調査によると、「オンライン英会話を知っている」と答えた人は21.9%でしたが、2015年には29.2%に上昇しており、だんだんと認知度が高まっていることがうかがえます。皆さんの周りにも、英語学習のツールとして、オンライン英会話活用している人がいるのではないでしょうか。

私自身、3年ほど前にオンライン英会話を利用し始め、その受講回数は500回を超えました。多い時には、1日に複数回レッスンを受講しています。1レッスンあたり数百円という低料金で、英語力の伸びを日々実感できているからこそ、これだけ多くのレッスンを受講し続けているのです。

オンライン英会話の特筆すべき点は、あらゆる分野の英語を指導する立場の人がその有効性を認めているところです。オンライン英会話最大手の「レアジョブ英会話」のウェブサイトでも、カリスマ英語講師の安河内哲也さんやTOEIC界の有名講師であるロバート・ヒルキさんがオンライン英会話の利点について述べています。

これまでも、ありとあらゆる英語学習法や英語学習教材が登場しましたが、その有効について必ずと言っていいほど賛否両論がありました。オンライン英会話のように、大半の英語指導者に受け入れられた英語学習法はそう多くはありません。

気軽な価格での完全なマンツーマンレッスンが最大の長所

オンライン英会話の最大のメリットは、完全なマンツーマンレッスンにあります。日本にいながら、外国人講師と気軽にマンツーマンで英語学習ができるシステムは、オンライン英会話が誕生するまではかなり実現が難しいものでした。

確かに、従来からあるスクール型の英会話学校にもマンツーマンレッスンは存在します。しかし、1回40分程度のレッスンで8,000円程度という、かなり高額な料金がかかります。週1回通えば、1カ月で3万円以上の出費です。

また実際に英会話学校に通った経験から言うと、マンツーマンレッスンは非常に予約が取りにくい上に、ほとんどのスクールでは講師を選ぶことができませんでした。正直なところ、マンツーマンレッスンを担当する講師は、生徒からそれほど人気のない人である場合が少なくなかったです。

人気講師=実力講師とは必ずしも限りませんが、高い料金を払って学ぶマンツーマンレッスンなのに、なぜこの講師が担当になったのだろう……と思ったことはあります。

オンライン英会話は「アウトプット」のために使う

オンライン英会話では、基本的に1回あたり30分程度、講師とのマンツーマンレッスンとなります。英会話能力を磨く上で、実践する場が必要なのは言うまでもないことですが、オンライン英会話はまさにその実践する場を、リーズナブルな形で提供してくれます。

考えてみてください。日常生活で30分間、マンツーマンで誰かと向かい合って話し続けるようなことは、食事どき意外めったにないと思います。親子やカップルでも、30分間一緒にいることはあっても、face to faceで沈黙なく、ひたすら話し続ける機会はそう多くはないはずです(もしかしたら、職場の人事考課面接などでこういった機会があるかもしれませんが、せいぜい1年に2、3回ではないでしょうか)。このめったに体験できない環境を、オンライン英会話実現しているのです。

また、日本人の英会話学校の最も標準的な使い方である、「スクール型の英会話学校で、グループレッスンを受講する」とも比較してみましょう。

グループレッスンでは、face to faceで話したとしても、長くて1分程度です。いったん沈黙すれば、会話の主役はグループ内の他の人に移っていきます。そうなると、人の話を聞きながら、自分が話すチャンスをうかがわなくてはなりません。その結果、40~50分の間、自分が英語で発言した時間はわずか2、3分というケースもよくあります。これでは、アウトプットの場として適切な形とは言えません。

オンライン英会話は、アウトプット学習において最も適切なツールだと思います。インターネットが発達したからこそ受けられる恩恵を、しっかり活用しましょう。

サービス選びでは「ネイティブ講師」にこだわるな

先に挙げたように、メリットが多いオンライン英会話ですが、受講することにためらいを感じる人も多くいます。最大の理由は講師の質でしょう。1レッスンあたり数百円だと聞けば、その質を疑ってしまっても不思議ではありません。「生ビール1杯25円」と言われれば、「それ、発泡酒じゃないの?」と疑う心理とまったく同じです。

多くのオンライン英会話が1レッスンあたり数百円とリーズナブルなのは、フィリピン人講師が担当するからです(一部のオンライン英会話では、ネイティブ講師にこだわるなどの特長を持たせていますが、ほとんどの場合はフィリピン人講師を採用しています)。フィリピンの物価は日本の15分の1程度です。この物価の差が、1レッスンあたり数百円を可能にしているのです。

皆さんもよくご存じのとおり、人件費は固定費ですから、事業にかかる固定費が少なければ利益が出る体質になります。従来の英会話学校では実現できなかった人件費の圧縮が、オンライン英会話では可能になっているわけです。

ただ、受講する側としては、コストもそうですが、もっと気になるのは講師の質ではないでしょうか。実際、「フィリピン人講師の発音は大丈夫?」「文法は正確?」など、講師の英語能力そのものを心配する声も聞いたことがあります。

オンライン英会話は「講師の英語」をインプットする場ではない

フィリピン人講師のレッスンを500回超受けてきた経験から率直にお話しすると、アメリカ人やイギリス人といったいわゆるネイティブ講師に比べると、フィリピン人講師は語彙量がやや少ない印象があります。

また、フィリピン人講師は若い人が大半ということもあり、教養という点で少し欠ける人が多いということも事実だと思います。

しかし、私の考えでは、オンライン英会話は「生徒自らが英語を徹底的にアウトプットする場」です。講師の英語をインプットする場所ではありません(講師とのやり取りの中で、身に付けられた表現などもちろんあるでしょうが、それがメインではありません)。そう考えると、これらのフィリピン人講師たちの弱点はあまり考えなくてもいいでしょう。

英語力に加え「ホスピタリティ」を備えたフィリピン人講師

フィリピン人は全般的に高い英語力に加え、ホスピタリティが豊かなことでも知られています。そういったフィリピン人の資質は、日本以外の英語学習者が多くいる国々で好意的に受け止められており、韓国や中国では、フィリピンは英語留学先として近年人気が高まっています。

こういったフィリピン人講師ならではの良い点にも目を向け、なおかつオンライン英会話は「英語を徹底的にアウトプットする場」だと考えれば、安心して受講できるのではないでしょうか。

「完璧」ではなく「大量」のアウトプットで効果が出る

多くの日本人が英語を話すことを苦手としている理由の一つに、「大人なのだから、語彙レベルが高く、洗練された英語を使ってコミュニケーションしなくては」などといった「完璧な英語」志向が強すぎるから、ということが挙げられると思います。

学習を続けていれば、いつかはそのようなレベルにたどり着くかもしれませんが、まずは下手な英語でもいいのでとにかく話してみることが大切です。

特に多いのが、「間違いのない英語」を話そうとし過ぎる学習者です。「3人称のs
を付け忘れた……」「時制の一致を間違えた……」などと細かい点は気にせず、間違えていても相手に通じれば、それでいいのです。恐れることはありません。中学1年生レベルのインプットができていれば、アプトプット学習も始めましょう。

オンライン英会話活用するコツは、徹底的にアウトプットする場だと割り切ること。細かい文法や発音を考えずに、30分間のレッスン中とにかく話し続けることに集中しましょう。

英語力はメンタルで決まる

英語力はメンタルで決まる

 

西田大

西田大(にしだ・まさる)
1973年生まれ。関西大学文学部英文学科卒業。現在、静岡県立静岡城北高校教諭。 TOEIC990点、英検1級、通訳案内士のいわゆる「英語資格三冠」を持つ。大学入 試やTOEIC、英検などの試験対策から社会人の英語学習のコツまで、幅広い知見と 経験から導き出された英語学習法に定評がある。趣味は体を鍛えることと、サッ カー観戦。共著に『TOEICテストに必要な文法・単語・熟語が同時に身につく本』 (かんき出版)

編集:GOTCHA! 編集部