GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「英語は覚えちゃだめダロウ!」厚切りジェイソンが教える「英語脳」の作り方

why_japanese_people

「単語をまったく覚えられない」「文法がとにかく苦手」・・・そんな理由から英語習得をあきらめていませんか?実はそれ、英語の勉強法が間違っているのかもしれません。もし、英語をいちいち日本語に訳して覚えているならまったくのムダ!? 人気お笑い芸人で日本語ペラペラの厚切りジェイソンさんが、日本人の英語学習の根本から覆し、本当に役立つ学び方を教えてくれる単語集が出ました。その名も『ジェイソン式英語トレーニング 覚えない英英単語400』。英語は覚えず、体に経験させるというこの本。その学び方とはいったいどんなものなのでしょうか?

ジェイソン式英語トレーニング 覚えない英英単語400

ジェイソン式英語トレーニング 覚えない英英単語400

 

日本語ペラペラお笑い芸人、厚切りジェイソンとは?

「Why Japanese People!?」のセリフで一躍有名となった厚切りジェイソンさん。外国人には理解できない日本人の言動を紹介するジョークには、我々日本人も思わずうなずいてしまうことが多いですよね。

そんな彼は、日本でお笑い芸人をする傍ら、アメリカIT企業の日本支社で役員をしているエリート!日本語ペラペラの彼は、実はとってもスゴイ人だったのです。

彼の日本語の実力は、日本語能力試験1級を持っていることでもわかります。これは単に日本語がわかるということだけでなく、新聞の論説や評論などの難しい表現理解できるレベルであるということ。しかも彼が日本語を学んだのは、なんとアメリカにいたころ。日本に来てからではないというのだから驚きです!

独学でここまで日本語を話せるようになったジェイソンさんが英語の学び方を教えてくれるとなれば、これは期待できそうです。

日本人の英語学習をバッサリ!「英語英語考える

日本人が英語を学ぶとき、単語を覚えたり、英文を和訳したりするのは普通のこと。ところがジェイソンさんは本書の中で、「一語一義のインプットなんてムダ」と従来の方法をバッサリ切り捨てています。

日本語英語の間には、一言で言いかえられるものなんてない」とジェイソンさん。英語圏と日本では生活も文化もちがい、語彙のニュアンスに微妙な差があるのは当たり前。それを別の言語で言いかえることこそが、ナンセンスなのかもしれません。

ジェイソンさんが提唱するのは、「英語英語考える」というスタイル。「赤ちゃんのころ、日本語を“暗記”したか?“経験”ダロウ!」その通りですね。

彼も日本語をマスターするときは、パソコンやスマホの設定日本語表示に変えたり、日本語のドラマを見たりして生活に日本語を取り入れ、「日本語考える」スタイルを実践していたそう。それであんなに日本語を話せるようになったのだから、このやり方には説得力がありますよね。

英語脳の作り方がわかる“ジェイソン式”単語集のシステム

本書のページを実際にめくると、すぐに普通の英単語集とは違うことがわかります。見出し語となる英単語の横には日本語訳が並ぶのが一般的ですが、この本では英単語の横に英文が並んでいます。 英単語の意味を英語説明しているのです。文の和訳は書かれているものの、ページ全体のおよそ8割を英語が占めることに。

f:id:n_urako:20170123103730j:plain

「ただでさえ英語が苦手ないのに、これではますますわからなくなってしまいそう!」と思っていませんか?でもそれはまったくの間違い。細かく見てみましょう。

たとえば「admire」という単語。意味を見れば、「like and respect something」とあります。文はこの通り。

There's a really popular girl at school.

Everyone admires her.

She's charming, affectionate, approachable, and everything you can think of that is positive.

引っかかるのは「affectionate」でしょうか。これは、「friendly and loving for someone」と説明されています。つまり、学校にとても人気のある女の子がいて・・・

Everyone admires(=like and respect something). She's charming, affectionate(=friendly and loving for someone), approachable……

・・・というふうになります。どうでしょう、日本語に置き換えなくても、なんとなく意味がわかってきませんか?

実際に学習するときには、次のような流れになります。

f:id:n_urako:20170123112821p:plain

※ナンバーはGOTCHA!編集部が追記

  1. 見出し語❶を見て意味をイメージできなかったら❷の英英訳を確認

  2. ❸の文を読み、理解する

  3. 文の中で気になる単語は❹で確認

  4. 内容がつかめなければ日本語訳をチェック

他のページを見ても、  “opportunity”  は  “chance”  、“solution”  は  “answer to the problem”  といったように、どれも簡単な英語で解説されています。

つまり英語英語考え理解する」ことがスムーズにできるように構成されている本なのです。

ターゲットは「日本人全員」!

本書に掲載されているのは、「高校英語教科書頻出単語」。パラパラとめくってみると、見出し語には、確かに大学受験レベルの単語が並んでいます。そのため、大学生や社会人からすれば「こんな簡単な単語ばかりでいいの?」と感じられることもあるかもしれません。

しかし、そのレベルだからこそ、「英語英語考え理解する」ことができるのです。実際にネイティブ・スピーカーと話したり、英文を読んだりしたとき、「単語の意味はわかるのに、フレーズ全体の意味がわからない」という経験は誰にでもあるはず。それは英語を本当に理解しているのではなく、ジェイソンさんがいう通り「一語一義」で丸暗記しているからでしょう。丸暗記だから応用がきかず、実際に会話したり読んだりするときにわからなくなってしまうのです。本書を使って、「英語英語考え理解する」ようになれば、大学受験レベルの英語を、実生活の中で使いこなせるようになるはずです。

また本書に掲載されている文は、シチュエーションが実にさまざま。友だちや家族とフランクに話している場面もあれば、文化や社会情勢を取り上げたものもあります。ひとつひとつの単語は簡単でも、幅広い話題に触れられるので、高校生から社会人まで興味を持って楽しく読み進めることができます。

本書の中で「この単語帳のターゲットを教えてください!」という質問に、ジェイソンさんは「言語にターゲットなんてないダロウ!」と答えています。しいて言うなら「日本人全員」とのこと。確かに英語を身につけたいと思っている人なら、どんなレベルの人でも有効活用できそうです。

たくさんの単語集や英語学習書が書店に並ぶなか、英語脳の「作り方」が身につく本はなかなかないもの。あなたの英語学習法を、根本から変えるきっかけになるかもしれません。

ジェイソン式英語トレーニング 覚えない英英単語400

ジェイソン式英語トレーニング 覚えない英英単語400

 
こちらもおすすめ

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。