読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

秘密は「フィリピン」にあり!短期間で効果をあげる韓国人のすごい英語教育

STUDY 韓国

韓国の英語事情

英語を身につけたいけれど、なかなか長続きしない…」「英語は勉強したいけれど、スクールに高いお金を払うのはちょっと…」こんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?英語を学ぶなら、コスパのよい勉強法を知りたいですよね。

そこで参考にしていただきたいのが、お隣韓国の英語学習法。最近日本でも話題のフィリピン英語留学を開拓したのが韓国人だったのです。今回は、韓国の英語教育を参考に、「フィリピン人」を採用したオンライン英会話をご紹介します。正直、これが最もコスパのよい英語学習法と断言しますよ!

韓国はとても教育熱心な国と言われているけど、どのように熱心?

韓国がよく教育熱心な国だとは言われていますが、具体的にどのような状況かご存じでしょうか?塾通い、教育システム、教育投資の三点から見てみましょう。

韓国人の熱心な塾通い

中央日報日本語版の記事によれば、2015年の韓国国内の私教育市場は17兆8,000億ウォン(約1兆7,300億円)に達しています。塾の授業の終わる夕方から夜の特定の時間は、迎えの車で塾周辺地区に渋滞が発生するほどとされています。

japanese.joins.com

日本でも、大都市を中心に小学生から塾通いをすることは見慣れた光景となりましたが、韓国の塾通い事情は日本以上に熱心なものと言えそうです。

韓国は日本以上の学歴競争社会

ここまで熱心に塾通いをさせる背景には、韓国の特殊な教育システム事情があります。韓国では、日本以上に出身大学がその後の就職や出世に影響する傾向があるとされており、ソウル大学、高麗大学、延世大学(頭文字を取って「SKY」と言われています)を頂点とする学歴・学校歴ヒエラルキーが厳然として存在します。

大学に入った後も、就職で有利になるようにとTOEICをはじめとした英語の勉強にいそしみます。「○○点以上ないとあの会社では相手にされない」という強烈なプレッシャーの中で勉強を続けているわけです。

韓国では政府も家庭も教育投資に熱心

韓国は教育投資も熱心にっています。OECDの2013年の統計によると、韓国政府は対GDP比5.9%の教育支出をっており、これはOECD平均の5.2%を上回っています(日本は4.5%にとどまります)。

特筆すべきは私費負担割合の高さで、高等教育に至っては70%近くが公費ではなく私費となっています(OECD平均は約30%)。日本以上の学歴社会であり、政府も家庭も熱心に教育投資をっているのが韓国社会なのです。

【参考】図表でみる教育(Education at a Glance)OECDインディケータ:文部科学省

英語教育や留学にも力を入れる韓国社会

韓国では、大学入学後の英語教育や留学にも熱心です。2013年時点でのTOEIC平均スコアは632点で、日本の512点を大きく引き離しています。TOEIC受験者の大半が日本人か韓国人とされている中で、この差は無視できない事実ですね。

【参考】TOEICテスト Worldwide Report

また、2013年度時点で約23万人が海外留学を果たしています。日本では約5万5千人とされていますので、韓国の留学熱の高さは歴然です。

【参考】韓国の教育事情と留学事情

韓国ではどんな英語学習をしている?

そんな教育熱心な韓国では、どのような英語学習法がわれているのでしょうか?

アウトプットを重視した英語学習

かつては暗記型の教育一辺倒でしたが、近年ではアウトプットを重視した英語学習が広まってきています。TOEICにはSW(スピーキング・ライティング)テストがあり、日本でも2014年度で約2万4千人が受験していますが、韓国ではなんと約30万人が受験しています。

www.rarejob.com

フィリピン留学を開拓した韓国人

1990年代、韓国人がフィリピンで格安の英語学校を作り、「フィリピン留学」という英語学習ルートを開拓しました。

その特徴は、マンツーマンと長時間のスパルタ式学習法。通常、マンツーマン学習では莫大な費用がかかってしまいます。しかし、欧米に比べて物価の安いフィリピンでは、マンツーマンでも安くサービスを提供できるわけです。

また、韓国式のフィリピン留学特徴はその長時間トレーニングです。例えば、フィリピンのセブ島にあるIDEA CEBU(URL:https://philippine-r.com/idea-cebu/)では朝の7時からボキャブラリーテストがわれ、三食以外の時間は一コマ50分×9コマ+ボキャブラリーテストが延々と続きます。20時30分に自習時間(これも義務です)が完了するまで、一日9時間以上の学習時間が確保されています。外出規制も課されており、まさにカンヅメ状態の中でひたすら英語学習を続けるのです。

f:id:yitengren:20170111101301j:plain

フィリピン留学のメリット・デメリット

韓国人の開拓したフィリピン留学は、欧米への語学留学に比べて格安ということで近年日本でも人気を集めています。しかし、いいことづくめというわけでもありません。まずはメリットとデメリットを検討してから判断しましょう。

メリット1:怠けNG!スパルタ環境で集中できる

そんな韓国式フィリピン留学の最大のメリットは、絶対に怠けられないということです。学校の授業のように時間と学習ペースの管理われているため、自分で進めるのとは異なり怠け心の出る余地がありません。

「スパルタすぎてきつい…」と感じるかもしれませんが、本当に英語を身につけることに特化した環境で集中した方が、最終的には効率的に英語を身につけることにつながると言えるでしょう。

メリット2:意識の高いクラスメイトに刺激

周囲のクラスメイトから刺激を受けるのも韓国式フィリピン留学のメリットです。わざわざフィリピンに来てまで英語を学習しているのですから、そのモチベーションは日本にある英会話スクールの生徒の比ではありません。周囲の意識の高さに影響されて、自分も高いモチベーションの中で学習を続けられます。

デメリット1:数カ月は学ばないと身につかない

ただし、デメリットもあります。その最大のものは、やはり時間の問題でしょう。短期集中型とは言え、数週間から数カ月は合宿のようなスタイルで英語学習だけに身を入れる生活を余儀なくされます。仕事や大学のある方となると、フィリピン留学に割く時間を捻出するのは難しいかもしれません。

デメリット2:格安といってもそれなりに費用がかかる…

当然ですが、数十万円から数百万円の支出は覚悟しなければならないかもしれません。IDEA CEBUの場合、一週間四人部屋のコースで600~700ドルほど、半年一人部屋のコースで14,000ドルほどかかります。英語を身につけることさえできればペイするかもしれませんが、簡単に支払える額ではありません。

留学はムリ」それならフィリピン人講師のオンライン英会話

留学するのは英語学習の「劇薬」として効果てきめんではありますが、そう手軽に試せるものではありませんよね。現在の生活スタイルを崩すことなく英語のアウトプットを増やしたいのであれば、フィリピン人講師のオンライン英会話がおすすめです。

生活リズムに合わせた学習ペース

仕事や学校など、その人の生活リズムに合わせて学習できるのがオンライン英会話のよいところです。ガッツリ学びたいときはその分レッスンを増やすこともできますし、多忙なときは頻度や時間を減らすことも自由にできます。忙しい現代人にとって、レッスンスケジュールの自由度が高いというのは大きなメリットですよね。

英語のアウトプット量が格段に増える!

当然、英語を話す機会を豊富に得られるのもオンライン英会話のメリットです。PCの画面越しとは言え、相手するのはほとんどの場合日本語を解さないフィリピン人。アウトプット量を増やすことで、身につくスピードがグッと速くなります。

格安!フィリピン人講師のオンライン英会話はコスパ最高の学習法!

とにかく格安なのがフィリピン人講師のオンライン英会話の最大の特徴です。英会話スクールですと、一回当たりの費用が数千円に及ぶことも多い中、フィリピン人講師のオンライン英会話ですと一回当たり100円台のことも!うまく使いさえすれば、最高にコスパのよい英語学習法であることは間違いありません。

f:id:yitengren:20170111101925j:plain

おすすめフィリピン人講師のオンライン英会話3選

フィリピン人講師のレッスンを受けられるオンライン英会話はいくつもありますが、ここでは3つだけご紹介します。

★教育ISO認証取得!産経オンライン英会話

体験無料!産経オンライン英会話

オンラインとなると、レッスンの質が心配ですよね。この「産経オンライン英会話」は、採用率5%という厳しい選考をクリアした講師のみが在籍し、数ある国内オンライン英会話スクールで唯一「ISO29990」「ISO29991」を取得しています。客観的にサービスの質が認められたということで、安心して学習を続けられます。

★女性講師・スタッフで安心!WOMANオンライン英会話

高品質な英会話をワンコインで。【WOMANオンライン英会話】

平日でも土・日・祝日でも24時間レッスンを受けることができます。また、大きな特徴は講師もスタッフも女性であること。NOVAのネイティブトレーナーから直接指導を受けているため、講師としての高いクオリティとホスピタリティを両立しています。レッスン1回当たり200円ほどで、コスパも高いです。

★チケット制で明瞭会計。フィリピン英会話ネット(PEN)

チケット制のオンライン英会話【PEN】

月謝制ではなく、レッスン1回につき1枚チケットを消費するチケット制を採用しています。50枚で9,500円(税込)という格安価格なので、気軽に長期間レッスンを続けることができます。メールアドレスとSkypeのアカウントがあればレッスンを始めることができるので、とても気軽に、好きなタイミングで学習できます。

まとめ】フィリピン人講師のオンライン英会話で効率的に英語を身につけよう!

自動車教習所のテキストを読むだけでは運転できるようにならないのと同様、インプットばかりでは英語を使いこなせるようにはなりません。何より重要なのは、書いたり話したりといった「アウトプット」です。留学によって強制的に英語を使用する環境に置かれるのも有効ですが、大学や仕事を続けながら効率的に英語を身につけるにはフィリピン人講師のオンライン英会話がよいでしょう。ぜひチャレンジして、英語を使いこなせる新しい自分と出会う機会にしてください!

 

gotcha!

編集:GOTCHA!編集部

オンライン英会話

レッスン2倍キャンペーン中【4/30まで

アルクオンライン英会話

ネイティブスピーカー講師とのマンツーマンレッスンが特徴のオンライン英会話。短期間で大きな効果を実感できる質の高いレッスンは、忙しいビジネスパーソンにぴったりです。

無料体験はこちら

オンライン英会話