GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「早口な英語」が聞き取れるようになる3つのポイント

早口英語が聞き取れるようになる3つのポイント

3分あれば、学べることがたくさんあります!TOEIC 対策特化型スクール「トイグル」の講師であり、代表の田邉竜彦(たなべ たつひこ)さんに、3分で英語の上達法を教えていただく連載。5回目の今回は、早口な英語を聞き取る方法を教えていただきます。

こんにちは。トイグルの田邉です。

英語の学習中に必ずぶつかる壁が「聞き取り」です。あなたは次のような悩みを抱えていませんか?

  • 教材の英語は聞き取れるが、映画は何を言っているのか分からない。
  • 英会話の最中、リスニングができなくて話が止まってしまう。
  • 「ゆっくり話してもらえませんか?」と何度も聞き返してしまう。

日本人が英語の聞き取りが苦手な原因の一つに、発音の仕組みを知らないことがあります。日本語と英語は音の構造が異なるので、日本語の感覚で英語を聞こうとすると、たちまち追い付かなくなってしまいます。

そこで、この記事では英語の聞き取りを上達させる3つのポイントを解説します。すぐにでもリスニング力の向上を実感できるでしょう。

(本記事は分かりやすさを重視して、発音をカタカナで表記しています)

1. 音節の違いを理解する

音節とは音のまとまりを指します。

例を見てみましょう。次の単語はどのように発音されるでしょうか?

report

報告書

この単語を日本語風に表記すると「リポート」、すなわち ri・po・to3音節になります。しかし、英語は re・port と2音節で区切ります。

  日本語読み 英語読み

report(レポート)

ri・po・to re・port

日本語の感覚で英語を聞くと、長い箇所を早口に読まれたように感じますね。このような音節の違いが、英語を聞き取りづらくしている最大の原因です。

以下、音節別に英単語の例を紹介します。音節ごとに手を叩きながら読んでみましょう(例えば、report は re・port で2回手を叩きます)。日本語と英語の違いを実感できるはずです。

  日本語読み 英語読み
friend(フレンド)  fu・re・n・do friend
complete(コンプリート) ko・m・pu・ri・to com・plete
customer(カスタマー) ka・su・ta・ma cus・tom・er
reservation(リザベーション) ri・za・be・sho・n res・er・va・tion

2. 弱形で弱い音をキャッチする

弱形とは、特定の音が弱く発音される現象です。

例を見てみましょう。次の文で can はどのように発音されるでしょうか?

I can do it.

私はできますよ。

通常、この文で can は「キャン」のような強形では発音されず、代わりに「カン」や「クン」のような弱形で読まれます。

can の読み方を「キャン」だと思っていると、「ものすごい早口で音が消えた」ように感じてしまいますね。

以下、代表的な弱形の例とその読み方を紹介します。

  強形 弱形
to トゥ
of オブ
him ヒム イム
her ハー ァー
and アンド アン、ン
that ザット ザッ、ナッ

3. 連結で音のつながりを聞き取る

連結とは英語の音がつながって発音される現象です。

例を見てみましょう。次の文はどのように読まれるでしょうか?

John is a friend of mine.

ジョンは私の友達です。

おそらく、日本人であれば「ジョン/イズ/ア/フレンド/オブ/マイン」のように、単語ごとに区切ると期待するでしょう。

しかし、実際の英語ではこのような読み方はせず、「ジョンニザ/フレンダブ/マイン」のように音をつなげて発音します。音のつながりを知らないと、「ジョンニザって何?」となってしまいますね。

連結に関しては一定の規則性があります。以下、例を紹介します。

子音と母音がつながる

Stop it.

やめて。

Stop と it. がつながって「ストッピッ」のように読まれます。

子音と別の子音がつながる

I never let down a friend in need.

私は、友達が助けを必要とするとき、決して失望させない。

let と down がつながって、「レッダウン」のように読まれます。

同じ子音がつながる

If a black cat crosses your path, it’s bad luck.

黒猫が前を通ったら、縁起が悪い。

black と cat がつながって「ブラッキャット」のように読まれます。

母音と母音がつながる

Grow up!

大人になりなよ!

Grow と up がつながって「グロゥワップ」のように読まれます。

まとめ

この記事では、英語の聞き取りを良くする3つのポイントを紹介しました。内容をまとめると次のようになります。

1. 音節の違いを理解する

2. 弱形で弱い音をキャッチする

3. 連結で音のつながりを聞き取る

違いを知ったら、ぜひとも声に出して練習してみましょう。圧倒的な聞き取り力の達成はすぐそこです。

この記事の詳細はトイグルのウェブサイトでご覧いただけます。

次回もお楽しみに!

田邉竜彦(たなべ たつひこ

田邉竜彦(たなべ たつひこ)

英語教師。月間40万人に読まれる英語学習メディア「トイグル」を運営。TOEIC 対策特化型スクール「トイグル」代表。マンツーマン講座とセミナーで社会人を中心に200名以上の英語学習をサポート。英ストラスクライド大学大学院経営学修士(MBA)、英ウォリック大学大学院英語教授法修士。

トイグル: https://toiguru.jp/

編集:増尾美恵子