GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

通常の3倍速で泳ぐクラゲのサイボーグが誕生?!【英語多読ニュース】

通常の3倍速で泳ぐクラゲのサイボーグが誕生?!【英語多読ニュース】

海をゆらゆらと漂うクラゲ。刺されるのはいやですが、眺めていると癒やされる・・・そう思う方も多いのでは?でも3倍速で動くっていうのはどうなんでしょう。「英語多読ニュース」第114回は、そんな話題を取り上げます。

ゆらゆら漂わない俊足クラゲって?

クラゲと言えばイソギンチャクなどと同様、脳を持たない生物として知られています。体に張り巡らされた神経同士が連携し、考えることなく反射的に動きます。何かに疲れたときにクラゲを見て、「クラゲのように何も考えずにゆらゆら漂いたい」などと思ったことがあるのは、きっと筆者だけではないはず。

でも、「考えないならサイボーグ化してしまえ!」とは言わなかったと思いますが、クラゲを使った研究がアメリカのスタンフォード大学で行われたそうです。

They designed a weighted waterproofed controller with a lithium polymer battery, microprocessor, and set of electrodes, which they embedded into the jellyfish’s muscle tissuekind of like a pacemaker for a heart, but in this case, what looks like a bottle cap filled with electronics stabbed into the jellyfish with a toothpick to make it move faster.
彼らは、リチウムポリマー電池とマイクロプロセッサーを搭載した重り入りの防水制御装置を設計し、クラゲの筋組織に埋め込んだ。心臓のペースメーカーのようなものだが、この装置はつまようじを使ってクラゲに刺した電子装置入りのボトルキャップに見えるもので、クラゲの動きを速めるのだ。

gizmodo.com

 さて、どうしてクラゲの動きが速くなるのかというと・・・

The controller generated electrical waveforms and injected them into the jelly muscles.
制御装置は、電気波形を生成してクラゲの筋肉に注入する。

ほんの微量の電流でも、クラゲの動きはかなり速くなるようです。YouTubeの動画をご覧ください。

今はまだ動く速さが変わるだけですが、今後は進行方向を変えたりできる機能を追加したいとのこと。

つまようじを刺されて電気を流されて・・・クラゲは平気なんでしょうか。

Turning animals into living sensors obviously raises ethical questions. Dabiri notes, however, that moon jellyfish lack a brain, a central nervous system and the type of pain receptors that would make a mammal, for example, react to having a wooden pin thrust through its body tissues.
生物を生きたセンサーに作り替えることは、当然、倫理的問題を引き起こす。しかし、ダビリ氏(装置開発技術者の一人)は次のように言う。ミズクラゲは脳や中枢神経系を持たない。例えば、哺乳類が木製のピンを身体組織に突き刺されたときのような反応を引き起こす、痛みの受容体も持たない。

www.scientificamerican.com

完全なロボットを開発・維持するより手軽だそうですが、近い将来、「ふわふわ浮いているクラゲになりたい?」「電極刺されるよ」なんていう突っ込みが入るようになったら、少し嫌ですね。

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。

トップ画像:Vlad VasnetsovPixabay