GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

老化を遅らせたければ低脂肪牛乳を飲め?それって本当?【英語多読ニュース】

老化を遅らせたければ低脂肪牛乳を飲め。それって本当?【英語多読ニュース】

「英語多読ニュース」第112回をお届けします。今回取り上げるのは「牛乳と老化」に関する記事です。いつまでも若くありたい方は必読!?

5800人を対象とした調査から明らかになったのは・・・

牛乳を飲まないと背が高くならないよ!なんて子どものころに言われたことはありませんか?日本の平均身長付近に収まった筆者には、子どものころに飲んだ牛乳の効果があったのかどうかは分かりません。しかし、牛乳は栄養素をバランスよく含む栄養食品であることは周知の事実です。

さて、そんな牛乳ですが、最近「老化を遅らせたければ低脂肪乳を飲め」という研究結果が発表されたそうです。

Another study investigating the effects of dairy on human health and aging has found that swapping typical 2-percent milk for the lower-fat 1-percent milk has a noticeable positive impact on one’s rate of aging.
乳製品が健康と老化に与える影響を調べた新たな研究によると、一般的な2パーセント牛乳を1パーセント牛乳に切り替えると、老化現象に良い効果が顕著に表れることが判明したという。

www.slashgear.com

“2-percent milk”とか“1-percent milk”という言葉は日本人になじみが薄いですが、アメリカやカナダでは一般的のようです。例えば日本で売っている普通の牛乳は“whole milk”と呼びますが、低脂肪牛乳(日本では0.5~1.5パーセント程度の脂肪分だそうです)を“low-fat milk”とし、それを脂肪分の多少によりパーセントで区別しているのだとか。

でも、なぜ低脂肪牛乳の方が効果があるのでしょうか。それについては定かになっていないようですが、アメリカ・ユタ州にあるブリガムヤング大学が行ったこの調査は、5800人ものアメリカ人を対象としたもので、研究結果には一定の信頼が置けそうです。

... researchers have found that switching from 2-percent to 1-percent milk is ‘significantly’ linked to longer telomeres and slower aging.
研究者たちによると、2パーセント牛乳を1パーセントに切り替えることと、テロメアがより長いこと、老化が遅くなることとの関連は「非常に大きい」そうだ。

テロメア(telomere)?何でしょう?

調べてみたところ、テロメアとは生物の染色体の端にあるもので、細胞分裂、つまり老化とともに短くなると考えられている物なのだそうです。

低脂肪であればあるほど良いのなら、牛乳を飲まないという選択肢もあるのでは?

it also found that people who didn’t drink any milk had shorter telomeres than the people who drank low-fat milk.
また、牛乳を全く飲まなかった人は、低脂肪牛乳を飲んだ人よりテロメアが短かったことが判明している。

冒頭にも書いたように牛乳は栄養バランスに優れた食品なので、飲まないより飲む方が健康面ではプラスのようですね。

普通の牛乳を飲む人と低脂肪乳を選ぶ人、または牛乳を全く飲まない人・・・。それぞれのライフスタイルも「老化」に大きく影響していると思いますが、これから牛乳を買うときには、どの牛乳を選ぶか悩んでしまいそうです。

www.slashgear.com

 

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。

トップ画像:Александр ЗаяцPixabay