GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「小耳に挟んだ」をネイティブっぽく英語で言うと?【デイビッド・セイン】

上級者限定!サラッと言いたいネイティブの英語

英語を話すとき、「いつも同じ表現ばかり使っているなぁ」と感じることはありませんか?連載「サラッと言いたいネイティブの英語」は、学校では習わないけれど、英語ネイティブはよく使う、ちょっと使ってみたいと思えるスマートな英語表現を紹介します。

A little bird told me.

日常会話において、人のうわさ話などはよくネタになりますよね。ただ、「誰々が言っていた」とストレートに言ってしまうと、角が立つこともあります。また、誰に聞いたかよく覚えていないということもありますよね。今回はそんなときにとても便利な表現をご紹介したいと思います。

A little bird told me. は、直訳では「小さな鳥が私に教えてくれた」というフレーズです。もちろん実際に小鳥から話を聞いたわけではなく、「誰かに聞いたのかをごまかすため」に使うフレーズになります。日本語で言うところの「風の便りに聞いた」「小耳に挟んだ」と言うニュアンスがぴったりです。では使い方を見ていきましょう。

A: I heard that Nancy broke up with Ken.
ナンシーはケンと別れたみたいね。

B: No way! They were engaged, weren’t they? Where did you hear that?
うそ!婚約してなかった?どこで聞いたの?

A: Um … A little bird told me.
あ〜、ちょっと小耳に挟んだのよ。

上記の会話のように、話の出どころをはっきりさせたくないときや誰に聞いたのかを忘れてしまったようなときに使えるフレーズになります。

フレーズの由来は諸説あり、旧約聖書の「コヘレトの言葉」に「空を飛ぶ鳥が言葉を運んで、話を広めてしまう」という記載があったからだ、という説と、単に伝書バトのように飛び回る鳥が手紙(メッセージ)を運ぶ象徴だから、などと言われているようです。

他にも、すでに聞いている情報を「なんとなく聞いています」というときにも使えます。

A: Michael will join our department next month.
来月からマイケルはうちの部署に来るんだって。

B: A little bird told me that.
その話はそれとなく聞いてるよ。

また、「ちょっと小耳に挟んだんだけどね・・・」と自分から話題を切り出すときには、A little bird told me that ... とthatの後に話のネタを続けます。

A little bird told me that Mike quit his job after just one day.
風のうわさに聞いたんだけど、マイクはたったの一日で仕事やめたらしいね。

このように使います。thatは省略してもOKです。

また、話の出どころを聞かれて、「それは言えないな」とストレートに言いたいときは、I can’t tell you.というフレーズを使います。

また、Let’s just say that ... は「(詳しくは言えないので)〜ということにしておこう」「(詳細は省くけど)、〜とだけ言っておく」と言うニュアンスですので、今回紹介したフレーズとセットで

Let’s just say that a little bird told me.
まぁ、風の便りに聞いたということにでもしておこう。

という使い方もできます。「本当は知っているけど、言いたくない」という気持ちをほのめかすことができます。

通常はこのように言えば、相手は深く掘り下げてはこないものですが、「どうしても知りたい」と食い下がられ、やむなく言うときは「内緒にしてね」「ここだけの話だからね」と念を押す必要がありますね。そんなときの表現も併せて覚えておきましょう。

A: Where did you get that information?
その話どこから出たの?

B: I can’t tell you.
言えないわ。

A: Oh, come on. Who told you that?
いいじゃん!誰から聞いたの?

B: OK. This is off the record. Ruth told me.
分かった、内緒だよ。ルースに聞いたの。

off the recordは「記録をオフにする」という意味で、「ここだけの話」「非公式の」という意味になり、他言してほしくない会話をしたときにこのような表現を使います。

日本語でも内緒話をするとき「くれぐれもオフレコでね」などと言いますよね。他にもThis is just between us.(私たちの間だけにしておいて)、Keep this secret.(内緒ね)もよく使うので併せて覚えておきましょう。

こういった慣用句は、意味を知らないとなかなか理解できないものですが、日常会話でさらっと使えると、グッと洗練された英会話に近づきます。他にも、

A little bird said so. / A little birdie tweeted to me.

などアレンジして使うと、会話の幅も広がっていきます。ぜひ使ってみてください。

東京・根津エリアを散策するデイビッド・セインさん

東京・根津エリアを散策するデイビッド・セインさん

EJアーカイブスにセインさんの新刊登場!

より自然な英語らしい表現を選び、ネイティブの語彙感覚を身に付けてみませんか!?例えば、「許す」という日本語に対して、英語のallowpermit・forgiveの使い分けについてなど、意味は似ていても、ニュアンスや用法が異なる表現の使い分けを、クイズ形式で分かりやすく解説します。状況にぴったり合う英語表現を学んで、相手に誤解を与えずに自分の思いを伝えられるようになりましょう。

[音声DL付]ネイティブ語感が身につく52の方法 EJアーカイブス (アルク ソクデジBOOKS)

[音声DL付]ネイティブ語感が身につく52の方法 EJアーカイブス (アルク ソクデジBOOKS)

  • 作者: デイビッド・セイン
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/06/10
  • メディア: Kindle版

オススメの本

日本人が間違えやすい英語の動詞、助動詞、形容詞、副詞の類義語を48ペア取り上げて、その違いを比較しつつ、単語ごとのニュアンスと使い分けをデイビッド・セインさんが指南する一冊です。ドリル形式の練習問題を解きながら、ネイティブの表現感覚が体得できます。

間違えやすい英文法使い分けドリル

間違えやすい英文法使い分けドリル

  • 著者: デイビッド・セイン
  • 出版社: ディーエイチシー
  • 発売日: 2019/03/14
  • メディア: 単行本

David Thanye

David Thayne(デイビッド・セイン)

米国生まれ。証券会社勤務後に来日。日本での30年にわたる英語指導の実績をいかし、英語学習書、教材、ウェブコンテンツの制作を手掛ける。累計400万部を超える著書を刊行、多くがベストセラーとなっている。NHKレギュラー出演の他、日経・朝日・毎日新聞などに連載。企業・学校などでビジネス英語、TOEIC、日本文化を英語で紹介する講演会や行政向けのセミナーも開催。近年は自然英語キャンプを主催し、オンライン英語教育システムも開発中。AtoZ Englishwww.atozenglish.jp)主宰。

写真:山本高裕