GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

案外知られていない? 英語の want to ~の使い方

案外知られていない? 英語の want to ~の使い方

英語で want to ~ といえば、「~したい」という日本語が浮かびませんか?「want to ~」=「~したい」と覚えてしまうとマサカの事態に!?この記事では、Hapa 英会話を主宰する大人気の Jun 先生が、ネイティブが使う言い方をニュアンスの違いと共に解説します。英語の小さな疑問を解決して、英語を発信する力を付けていきましょう!

疑問:「want to」=「〜したい」じゃないの?

「want to ~ 」=「~したい」と覚えていてはいけないのでしょうか。英語ネイティブは want to ~ をどのような場面で使うのでしょうか。早速、動画を見てみましょう。

答え:「want to」=「〜したい」ではありません

「want to」=「〜したい」という固定概念を持ってしまうと、ネイティブとの日常会話で「言った」「言わない」のすれ違いが生じる可能性があります。それでは、「〜したい」だけじゃない、want to の意外な使い方を見ていきましょう。

want to の意外な使い方

多くのアメリカ人は、人に何か頼み事をするときに、Can you ~? と同じニュアンスで Do you want to ~? と言います。例えば、友達に「ピザを注文してくれない」とお願いをする際、Do you want to order the pizza? と言います。「ピザを注文したいですか?」と尋ねているのではなく、ピザを注文をするようにお願いしているのです。

お願いされていることを知らずに Yes. と返事をしてしまったら、ピザは届けられず、その上、「注文してくれるって言ったじゃん!」と文句を言われてしまうかも。そんな事態にならないように、自分からもお願いするときの言い方を次の文で練習してみましょう。

Do you want to ~?(~してくれない?)

Do you want to order the beers while I find us a table?

私が空いている席を探している間に、ビールを注文しておいてくれない?

Do you want to pick up John? I’ll get Peter.

私はピーターを迎えに行くから、君はジョンを迎えに行ってくれる?

自分から「~しようか」と申し出をするときの言い方

自分から相手に「私が〜しましょうか?」と提案や申し出をするときには、Do you want me to ~? と言います。

例えば、友達に「ピザを注文しようか?」と尋ねる場合は、Do you want me to order the pizza? になります。多くのネイティブは、Do を省いて You want me to 〜? のように言います。

Do you want me to make reservations?

予約を入れようか?

Do you want me to help you?

手伝おうか?

今回の英語の疑問解決はHapa英会話のブログで詳しく読めます。次回もお楽しみに!

Hapa 英会話の SNS

Jun 先生の本

CD付 Hip Talk LA

CD付 Hip Talk LA

  • 作者: ジュン・セニサック
  • 出版社/メーカー: ディーエイチシー
  • 発売日: 2016/04/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
CD付 Hapa英会話 ネイティブ感覚で話す英語フレーズ

CD付 Hapa英会話 ネイティブ感覚で話す英語フレーズ

  • 作者: ジュン・セニサック
  • 出版社/メーカー: ディーエイチシー
  • 発売日: 2018/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

ジュン セニサック

Jun Senesac(ジュン セニサック) アメリカ、ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親がアメリカで運営する英会話学校 BYB English Center にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア大学サンタバーバラ校在学中に1年間、一橋大学へ交換留学。大学卒業後に再来日し、国際交流員として石川県の内灘町役場で2年間勤務。2011年にアメリカへ帰国し、BYB 姉妹校をアーバインに開校。 2013年に英語学習サイト「Hapa 英会話」を立ち上げる。2014年2月にスタートした Podcast の配信数が、合計2000万ダウンロードを突破し、iTunes Japan の『Apple必聴Podcast作品』として2019年は3年連続5度目の選出となる。

構成・編集:増尾美恵子