GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「任せて」を trust を使って英語で言うと? 【スティーブ・ソレイシィ】

「任せて」を trust を使って英語で言うと? 【スティーブ・ソレイシィ】

2020年に、スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』が発売20周年を迎えます。本連載では、累計発行部数90万超、Amazonでベストセラー1位を記録したこともある「なるほどフレーズ」シリーズから、最も使える英会話表現を紹介。皆さんの「英語の得意表現」を増やしていきましょう。第12回は「私に任せて」をお届けします。

記事を読むのにかかる時間
約2分

頼みに応えようとする気持ちを表す、たった2語の便利なフレーズ

Trust me.

任せてください。

Trust me.(任せて)は、響きがいいし、相手を安心させることができるし、説明などが厄介なときにも便利なフレーズです。「任せて」「いいから」とソフトに言うとき、Don’t worry.(心配しないで)ではなく、Trust me. と肯定的に言いましょう。「これについては経験が豊富なのでよく知っているんですよ」という意味合いがあります。

トランプ大統領が非常によく使う Believe me. というフレーズには、「信じて」という意味だけではなく「私はこの分野を知り尽くしているので任せなさい」というニュアンスがあります。そのため、Believe me. も Trust me. と同じように使われていますが、使い過ぎるのもよろしくないのですが・・・。

「~のことなら任せて」は、Trust me when it comes to ~.が定番

Trust me . (任せて)の応用形として、Trust me when it comes to ~.(~のことなら任せてね)があります。自信を持っていることをどんどん表に出すことで、安心感を与えられるだけでなく、会話のキャッチボールが生まれます。

こちらも Trust を Believe に言い換えることができます。例えば、Trust/Believe me when it comes to good ramen restaurants in Fukuoka.(福岡県の美味しいラーメン屋のことなら詳しいから任せてよ)などのように積極的に言ってみましょう。to の後ろには名詞が来ます。good ramen restaurants は「おいしいラーメン屋」という意味の名詞です。

今日の英会話

クリスマスディナーの予定を立てている友達同士の会話です。

A:  Trust me when it comes to Christmas decorations.
B:  OK. You’re the boss.
A:  クリスマスディナーの飾り付けなら私に任せてよ。
B:  よし、任せた。

EXERCISES

trust を使って次の日本語を英語で言ってみましょう。

  任せて。あたなのために頑張るから。

  東京の電車のことなら任せて。

解答例は記事の最後をご覧ください。

※ 本記事は『英会話なるほどフレーズ100』の内容をもとに構成しています。

『英会話なるほどフレーズ100』ってどんな本?

不思議なことに、日本人はネイティブが知らないようなイディオムを知ってる・・・。

日本人に英語を教えている著者が「これだけでいいよ!」「もっと簡単な英語で話そう!」をポリシーに、アメリカ人が赤ちゃんのときから聞かされ成長とともに身に付けた100の表現を集めて解説しています。

掲載された基本フレーズ100とその発展フレーズ100は、簡単だけれども応用範囲が広い表現で、使えば使うほど味が出るものばかり。「これだけで伝えられるんだ」という開放感を感じて、英語の本当の楽しさを見いだしましょう。

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

こちらもオススメ
CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 
EXERCISESの解答例

Trust me. I’ll do my best for you.

Trust me when it comes to Tokyo’s trains.

Steve Soreisi

スティーブ・ソレイシィ(Steve Soreisi)
アメリカ・フロリダ州出身。1990年英語指導助として岐阜県に初来日。1998年早稲田大学大学院政治経済学部でマスコミュニケーション理論を学び同大学院修士課程を修了。2009年青山学院大学大学院国際政治学研究科博士課程を修了。拓殖大学、東洋英和女学院大学の専任講師を経て、2011年ソレイシィ研究所(株)を設立。現在、同研究所の代表として日本の「英語が使える国の仲間入り」を目指した英語教材の企画開発、英語教授法の研究と人材育成、英会話コーチ、セミナー、公演などを行っている。BBT大学教授。NHKラジオ第2放送「英会話タイムトライアル」講師(2012年4月~現在)。