GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

公開目前!スター・ウォーズの原点にある「神話」 

starwarstoshinwa

アルクの英語情報誌『ENGLISH JOURNAL』(イングリッシュジャーナル)の動画連動企画「EJ Lecture」。1月号からは「神話」をテーマとしたレクチャーが始まります!第1回は、神話学者の勝又泰洋さんに「現代に語り継がれる神話の持つ意味」について解説してもらいました。動画を見ながら、英語で「神話」について学んでいきましょう!

勝又泰洋

勝又泰洋

1987 年、神奈川県生まれ。京都大学ほか非常勤講師、各種カルチャーセンター講師。専門は、ギリシャ・ローマ神話、比較神話学。大学生および一般の人々に神話の魅力を伝えることに尽力。

「スター・ウォーズ」と「神話」の関係

12/20(金)、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が日米同時公開します。本作はシリーズの第9作目にして完結編ということで公開前から大きな話題を呼び、「スター・ウォーズ」ファンだけでなく世界中の人が公開を楽しみに待ち望んでいます。

この「スター・ウォーズ」、実は「神話」のアイデアをもとに製作されたということをご存じでしょうか?

アメリカの神話学者ジョーゼフ・キャンベルは、英雄の活躍や苦難を描いた「英雄神話」を研究しており、その中で(1)出立(2)イニシエーション[通過儀礼](3)帰還、という一定のパターンがあることを見つけ出しました。英雄は、まず慣れ親しんだ場所を離れ、自分の中での変化を経験し、そして最終的には故郷に帰ってくる、というものです。

「スター・ウォーズ」シリーズに登場するルーク・スカイウォーカーは、自分の父親が誰かを知らないまま、宇宙の旅に出ます。それから自分の父親ダース・ベイダーと出会い、仲間とともに戦い、父親の罪を許すことで、彼の旅は終わりを告げます。キャンベルの「英雄神話」のパターンといえるルークの精神的な成長に多くの人が感動し、「スター・ウォーズ」シリーズは世界中で大ヒットしたのです。

あれもこれも「神話」がモチーフ?

「スター・ウォーズ」だけでなく、実は、映画、小説、マンガ、ゲームといったさまざまなカルチャーの中で、「神話」は現代にも語り継がれ、世界中で愛されています。

単に「神話」と聞くと、伝説やおとぎ話、宗教の物語といった「古い」イメージを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、意外に身近なところにあるものなんですよ。

例えば、映画「アベンジャーズ」シリーズのキャラクターである“Thor(ソー/トール)”は、北欧神話に登場する雷神がモチーフとされています。ちなみに英語の木曜日『Thursday』は、この雷神Thorから『Thor’s day』となり、さらにそれが変化して『Thursday』となったそうです(※諸説あります)。

ほかにはゲームで登場する地名や武器などでも神話がモチーフとなっているものは多く、「ユグドラシル(北欧神話に登場する巨大樹)」「グングニル(北欧神話に登場する主神オーディンが持つ槍)」「草薙の剣(くさなぎのつるぎ: 日本神話に登場する神スサノオがヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治した時に見つけた神剣)」などは、ゲーム好きの方なら一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

「現代に語り継がれる神話」について動画でチェック!

こういった、現代の人々の生活にも実は深く関係している「神話」。その神話についての学問が、勝又さんが教える「神話学」です。一体どんな学問なのか、詳しくは動画で見てみましょう。

「神話学」ってどんな学問なの?(動画01:40~02:16)

Mythology is relatively new as a academic discipline. It said that it started at the middle of the 19th century. And scholars are interested in the relationship between myth and nature. So for example, Friedrich Max Muller, he worked in Greek and India myth

神話学は、学問分野としては比較的新しいものです。この分野は、19世紀の中頃に始まったと言われています。(当時の)学者たちは、神話と自然の関係に興味を持っていました。例えばフリードリヒ・マックス・ミュラーは、ギリシャとインドの神話を研究しました。

19世紀の学者であるフリードリヒ・マックス・ミュラーやエドワード・バーネット・タイラーらは、神話と自然の関係に興味を持っていました。ミュラーは神話の例を太陽の機能に結び付け、タイラーは自然現象に人格を与える「アニミズム」こそが神話の起源だと主張しました。神話は自然界の象徴にすぎず、神話をそれ自体に価値のあるものとは決して認めなかったのだと、勝又さんは話しています。この後、20世紀に入ると、人間と神話の関係性についてより深く考える学者が登場し、神話学はさらなる発展を見せていき、現在へと至るそうです。

ENGLISH JOURNAL1月号で音声と内容をチェック!

1~3月号レクチャー動画には勝又さんご本人が登場されていますが、1月号誌面に収録された音声はPeter von Gommさんによる吹き替えとなっています。レクチャー動画とともに誌面の音声、スクリプトも併せてご覧ください。

動画での学習は、視覚情報を伴い、英語でどんな内容を話しているかをより理解しやすくなるため、初級者の方にもおすすめです。レクチャー動画を実際に見ながら、「神話」についてぜひ英語で学んでみてください!

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2020年1月号

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2020年1月号

  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: 雑誌
 

英語でのレクチャーが充実! EJオリジナル動画はこちら

ENGLISH JOURNAL の連載「EJ Lecture」ではこれまで、ロッシェル・カップさん(経営コンサルタント)による「英語での働き方」、ギャヴィン・ブレアさん(ジャーナリスト)による「Brexit問題」、ソンヤ・デールさんによる「ジェンダー/LGBT」についてレクチャーしていただきました。ビジネスパーソン必見の動画となっていますので、ぜひこちらも併せてお楽しみください!

www.alc.co.jp

写真:田村 充
構成・文:須藤瑠美(ENGLISH JOURNAL編集部)