GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「英語がネイティブに通じたか?」という不安の解消法を同時通訳者が教えます!

英語学習解決室

日本にいながらにして使える英語を身に付けようとすると直面するさまざまな悩み。この連載「通訳者の英語学習解決室」では、短大卒業時に英検4級、TOEIC 280点ながら、そこから3年半で通訳者デビューした「国産同時通訳者」、小熊弥生さんが、今日からできる解決法を教えます。今回の相談は、「言いたいことが相手に伝わったかどうかの確認方法」です。

相談:自分の言った英語が伝わっているか不安

今回のご相談は、「なんとか英語で話しているけど、言いたいことが相手に伝わっているか分からない」です。

「通じているか?」「間違っていないか?」と心配し過ぎない

その不安な気持ちはよく分かります!

「私の英語、正しいのだろうか?」などと常に考えていると、伝わっているかどうかが気になって、不安になりやすいですよね。

私も、英会話を習い始めた当初は、とにかく正しい英語を知りたくて仕方がなくて、ネイティブスピーカーにいつも「これで合ってる?」と確認していました。これはある意味、日本の教育を真面目に受けてきた人であれば、当然感じてしまう不安です。なぜなら、正解・不正解によって、成績や、時には進学や就職までもが決まってしまうことがあるからです。

しかし、私が通訳者として1万回、日本人と外国人の言葉の壁を乗り越える橋になってみて分かったことは、他国の人たちは間違っているかどうかなんて気にしていなくて、それよりも、発信者が何を言いたいかを知りたいのです。

ですから、合っているか間違っているかを気にし過ぎる必要はありません。正誤に過度にとらわれると、間違えたときに自分を責めてしまいます。さらには、間違える前に挑戦したいなんてとても思えず、英語が話せないと決め込んで、話さないままになってしまうかもしれません。

これまでに何百人もの人たちが「英語は完璧ではないから話せません」と言うのを聞いてきました。しかし、私が通訳した1万回の現場のうち半数以上では、話者は完璧とは程遠い英語を話していました。

現実には、ネイティブスピーカーもThere is a lot of people.などと、私たちが学校で通常習う文法通りに話していないこともあります。そして、英語の正しさよりも、伝わったかどうかの方がはるかに大切だということを、多くの人が見落としているのです。

理解してもらえたかを尋ねる英語表現

英語が相手に伝わっているか不安なときは質問をしましょう。次のような言い方があります。

Does that make sense to you?

今のは分かりますか?

このmake senseを使った言い方は、「私が言っていることはあなたにとって意味を成しているか?」ということで、相手に対してあまり失礼のない表現です。

Do you understand what I said?という表現が思い付くかもしれませんが、これは、「私が言ったことをあなたは理解しているのか?」と、ちょっと偉そうな感じに聞こえなくもありませんので、make senseを使った表現の方がおすすめです。もちろん、Do you understand what I said?は、パートナーや部下などに対して、けんか腰で言いたいときには使えます(笑)。

Do I make myself clear?

私が言いたいことは明確になっていますか?

「私がちゃんと自分の言いたいことをクリア(明確)に言えているか?」という聞き方で、これもおすすめです。ただ、教師が生徒に言う場合などに使われると感じる人もいるようです。(例:If you arrive late again, I’ll send you to the headmaster. Do I make myself clear?[今度遅刻したら、校長先生のところに行かせますよ。分かりましたか?])。

こんなふうに聞けるようになれば、不安からも解消されますね。

本当に伝わったか確認できるパラフレーズ

ただ、もしYes.と返事をしてくれたとしても、本当に自分の意図が伝わったのかがまだ不安な場合は、どうすればいいでしょうか?

相手が日本語もできるなら、日本語で言ってもらうことができますが、そうではないときは、どのように理解しているかを英語で言ってもらうしかありません。

これはつまり、「パラフレーズ」してもらうということです。パラフレーズとは、「言い換える」という意味です。

Does that make sense to you?などと聞けば、自らパラフレーズしてくれる人もいるかもしれませんが、返事が単にYes.などだけだったら、次のような表現を使って、パラフレーズしてくれるよう促しましょう。

Just to make sure that you got it, would you mind paraphrasing what I said?

ちゃんと理解してもらえたかを確認したいので、言い換えてもらえますか?

Would you mind repeating what I just said to ensure that you are on the same page?

Would you mind repeating what I just said so that I know you understand me?

私の発言が通じたかどうかを確認したいので、私が言ったことを繰り返してもらえますか?

パラフレーズをスピーキングなどに生かす

もしあなたの意図が伝わっていたら、上記のような表現を使った依頼を受けて、ネイティブスピーカーや英語が流ちょうな人がパラフレーズしてくれた言い方は、あなたが言いたいことのナチュラルな英語表現だと考えられます。そのため、その表現をしっかり聞いて、自分のものにしましょう。

私はこういうとき、メモしたり、おうむ返しで言って即使うようにしたりしていました。これは英会話の習得でかなり大切です。今の時代であれば、スマホで録音するのもいいでしょう。そうすれば、書き出す手間も時間もかかりませんし、しかも音で覚えられます。

パラフレーズは、自分が相手の話を理解したかどうかを相手に伝えるときにも、使えます。また、同じ語の繰り返しを避ける言語である英語では、パラフレーズが多用されるため、強くなっておくと、リスニングやリーディング、ライティングにも役立ちます。

次回は、この連載のスペシャル回として、パラフレーズの練習法を紹介します。

英語の会議で成果を出せる!小熊弥生さんの本

GOTCHA!新書『「英語で電話会議」の教科書』では、英語の電話やテレカンファレンスで使える英語フレーズや準備方法はもちろん、会議やビジネス一般にも役立つノウハウやヒントを紹介しています。いつでも手元に置いて参照できる手頃な決定版としてご活用ください。

▼詳細・購入はこちら↓

小熊弥生

文:小熊弥生

http://www.sokupera-english.com/opt2/
株式会社ブリッジインターナショナル代表。TOEIC 280点から、独自の勉強法で半年後にTOEIC 805点を取得。短大卒業から3年半で通訳者デビュー。現在は自身の経験をベースにした英語学習サービスを展開。ひとりひとりの目的に合った効果的な学習プログラム作りを指南し、のべ1000人以上の英語力アップに貢献している。

速ぺらEnglish:著者がTOEIC 280点から各国首脳の同時通訳を担当するまでに実践した英語勉強法を伝授。リスニング力とスピーキング力アップに特化したプログラムです。

編集:GOTCHA!編集部/写真:山本高裕(GOTCHA!編集部)