GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

格安で行ける留学

留学するために必要なのは「意欲」だけではありません。どうしても必要になるもの・・「お金」です。でも費用がかかるからといって諦めるのはもったいない!留学を考える時の選択肢として「格安で行ける留学」を加えてみてください。費用を抑えていくことのできる留学先をご紹介します!

どの国を留学先にするか考えてみよう

人によって留学の目的はさまざまですが、圧倒的に多いのは「語学留学」ではないでしょうか。そして、人気の留学先は「アメリカ」「イギリス」「オーストラリア」「カナダ」などの英語圏です。英語が公用語の国で英語を学ぶのは当然と言えますが、やはり人気の国の語学学校は学費や生活費もそれなりにかかります。

アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダなどの人気の国に留学した場合の費用を見てみましょう。

  • 学費・居住費・食費:約40~60万円/月

1ヶ月間、語学留学するにはかなりコストがかかりますね。

この他にも航空券や保険、ビザの申請などもかかります。特にアメリカやヨーロッパ方面への航空券は高いので時期を見て購入しないとなりません。どうしても行く時期が限定してしまう事情なら、それもなかなか難しいですね。

では学費や生活費が安い国はあるのでしょうか?

英語を公用語にしている国は意外と多くあり、母国語とともに英語を使う国も多くあります。アフリカ地域やアジア、ヨーロッパでも公用語として広く使われています。正式に認められていないが、事実上英語が公用語となっているなど、さまざまな理由はありますが、多くの国と地域で話されている言語です。

アメリカやイギリスでは費用がかかってしまい、留学ができないという人にも、「留学」ができる国はたくさんあります。お金で留学を諦めなくてもいいのが「格安留学」です。ブームになっている背景にはお金をかけて一部の人だけが行かれる時代ではなく、留学したい人が留学できる時代になったということですね。

格安留学に多いリゾート地での留学

フィリピン

格安留学の代名詞となった「セブ島留学」。時間のない社会人向けに作られたプログラムはとにかく効率を重視した内容となっています。セブ島留学の大きな特徴は学校と滞在する寮が同じ場所にあり、3食付きのオプションが付けられます。すべてが一カ所に集約されていることで、無駄な動きをすることなくしっかりと英語学習することができます。また、「スパルタ式の英語学習」が人気で、留学生たちは短い期間で大きな成果を感じることができます。スパルタと聞くと心配になりますが、これは圧倒的な学習量のことを指しています。1日8時間ほどを英語学習に充てるため、通常の語学学校とくらべると学習時間が多いのです。この学習量の多さで必ず英語力がアップすることから忙しい社会人や大学留学前の学生の支持を受けています。

フィリピン・セブ島の留学費用の相場

  • 学費・居住費・食費:約15~25万円/月

セブ島の語学学校の多くは寮完備で3食付いています。住むところ、食事がセットになっているので節約に気を配ることもなく集中できます。フィリピンへの航空券も比較的安いので、初期費用を考えてもリーズナブルです。レッスンはマンツーマンレッスンが基本。自分の苦手を重点的に学習したり、会話レッスンを多くすることで英語を話す抵抗感や苦手意識を取り除きます。

セブ島はフィリピンのビーチリゾート。週末はショッピングやアクティビティも楽しめるので、観光+英語が身に付く留学として人気が高いのです。海よりも山がいいという人にはフィリピンの避暑地ルソン島のバギオもおススメです。 

マルタ共和国

透明度の高い美しい海と自然が溢れるマルタ。イタリアのシチリア島の先、地中海に浮かぶ小さな国です。マルタ語と英語が公用語になっていますが、イタリア語が公用語に加わっていた時代もあり、イタリア語のテレビ放送なども行われています。マルタはヨーロッパへのアクセスも良いので、週末旅行にヨーロッパ各地を回る人もいるほどです。留学+観光ができるとあって社会人には人気の留学先です。ヨーロッパでの留学ではかなり費用がかさみますが、マルタは格安で留学ができます。

マルタ共和国の留学費用の相場

  • 学費・居住費・食費:約25~30万円/月

寮完備の語学学校が多いので住むところを探す必要はなさそうです。自炊をすれば食費も安く済ませることができるので、アクティビティにもお金を使うことができます。マルタの首都バレッタは市街が世界遺産となっているので、美しく歴史のある地で英語を学ぶことができるという素晴らしい特典がつきます。マルタはシーズンによって値段が変動します。夏休みなど学生が増える時期は、寮もすぐに埋まってしまい、割高になってしまいます。安い時期を選んで行けば、ヨーロッパに留学しているのに、「格安」で留学できます。

スリランカ

タミル語、シンハラ語が公用語のスリランカですが英語のための留学先として注目を集めています。スリランカでは英語はタミル語、シンハラ語を結ぶ連結語としており、準公用語になっています。そのため、語学学校も年々増加傾向にあり、珍しくて変わった場所に留学したい人にも人気です。日本の3分の1程度の物価でレッスン費用も格安。日本から留学するには距離がありますが、スリランカの人々も日本からの留学生も互いに英語が第2外国語です。都市部では英語が通じるので臆することなく英語を使えば、コミュニケーション力も間違いなく上がります。

スリランカの留学費用の相場

  • 学費・居住費・食費:約20~30万円/月

スリランカも寮完備の語学学校が多くあります。授業料に寮費が含まれているので、安心ですね。生活費も5万ほどあれば余裕が持てます。インド料理に近いスパイスの効いた美味しいスリランカ料理を味わえるのも楽しみの一つになります。数多くある世界遺産で観光には困りません。女性に人気のインド古代の医学を学ぶアーユルヴェーダ体験も盛んなスリランカ。文化のまったく違うスリランカでは新しい体験ができる留学になるでしょう。

フィジー

人気急上昇のフィジー留学。オーストラリアとニュージーランドの近くにある小さな国です。イギリス領だったことから英語も公用語になっています。フィジー人とインド人が多く住んでいるフィジーですが国民の約90%以上が英語を話すことができます。日本より物価が安く、贅沢したと思っても3万円も行きません。生活にはほとんどお金がかからないので、格安で英語を学ぶことができます。日本人が多くいますが、わからない所を教え合うということもでき、心細さはなくなります。また、非常に気さくで明るいフィジーの人々は気軽に話しかけてくれるので、街へ出て自分の英語力を試すことができ、スピーキング練習ができます。

フィジーの留学費用の相場

  • 学費・居住費・食費:約15~20万円/月

フィジーではホームステイと寮での留学がほとんどです。ホームステイの場合は食事が付きます。娯楽は多くないので、海と自然を楽しんだり、のんびりするが癒しになったりする人にはおすすめです。良い意味で緩く、楽観的なフィジーの人々。何事も予定通りにはいかないけれど、焦らず、怒らずのんびり暮らす幸せがなんなのかを教えてもらえます。心の休暇を取るのにもぴったりです。

格安留学できる4ヵ国を紹介しました。他に行きたい国がある、暑い地域は苦手・・・という人もいるでしょう。他にも格安で留学できる国があります。 

留学スタイルややりたい事で考えてみよう 

格安で留学できる留学をいくつかご紹介しましたが、それ以外にも留学できる方法があります。行きたい国に格安で留学できる留学スタイルを見てみましょう。

ワーキングホリデーをする

日本がワーキングホリデーで協定を結んでいる国は現在23ヵ国あります。ワーキングホリデーは対象国に1~2年滞在できるビザで、就労と就学が可能になります。数ヵ月語学学校に通い、その後は観光やボランティア、アルバイトなどができる制度です。語学学校の学費はかかりますが、就労により、生活費や学費を稼ぐことができます。

ワーキングホリデーでは以下のようなルールがあります。

  • 18~30歳まで(国によっては25歳、26歳、29歳まで)
  • 各国一生に1度までビザ発給が可能(オーストラリアのみ2回目の申請が可能) 
ワーキングホリデー協定国

オーストラリア
ニュージーランド
カナダ
韓国
フランス
ドイツ
アイルランド
デンマーク
イギリス
台湾
香港
ノルウェー
ポーランド
ハンガリー
チェコ
スロバキア
スペイン
アルゼンチン
チリ
ポルトガル
アイスランド
リトアニア
イギリス(Youth Mobility Scheme)※

※現在、イギリスはワーキングホリデービザの発給はしていませんが、2年間就労ができる似たようなビザを発給しています。

1年間の滞在費を準備する必要があります。例えば、語学学校で3ヵ月学ぶのであれば、3ヵ月は収入がありませんので、その分の費用は準備しなくてはなりません。最初にかかる費用としては、ビザ申請費、航空券、語学学校学費などがありますので、自分が現地でどれだけ稼ぐことができるのかを想定して準備しましょう。

1ヶ月の生活費は10~20万円を想定しておきます。
3ヵ月の語学学校卒業後8ヵ月は自分のアルバイト収入でまかなうことができれば、実質3ヶ月分の語学留学費用だけで1年間滞在できるというわけです。

  • 学費・居住費・食費:100~180万円/年

滞在する国や、自分の英語力によってできる仕事など、人それぞれです。
オーストラリアは日本人が最も多くワーキングホリデーする人気の国です。物価も高いですが、シドニーなど都市部では英語力が高くなくても就ける仕事も多く、給料も高いため、毎年多くの日本人が渡航しています。

インターンシップをする

就職前の学生が企業に職業体験をするインターン。基本的には無給インターンがほとんどです。海外でインターンをする人は転職や就職のため、または海外で活躍するためなど、積極的な就職活動の一環としてインターンに参加しています。ある程度の英語力が必要になりますが、キャリアを考える若者世代で、海外インターンを希望する人は年々増えています。費用としてかかるのは、初期の航空券、保険、ビザ申請費などがあります。学費が必要ないので、物価の安い地域でインターンをすれば、費用も抑えることができます。(※国によって大きく物価が異なります。)

  • 生活費・居住費:約10~30万円/月

企業によっては無給の代わりに居住費が出ることもあります。また、有給インターンで仕事をすることができれば、生活費と居住費を賄うことができます。フィリピンの一部の語学学校では、インターンをすることで英語レッスンを無料で受けることができる特典があるなど、英語力があまりなくてもインターンをすることができることがあります。

インターンとは少し違いますが、ファームステイや、ホテルでの住込みなども労働を対価として部屋と食事を出してもらえるものなど、探せばさまざまなスタイルで見つけることができます。格安で行ける留学のパターンは一つではありません。
自分のやりたい事や、英語力と合わせて考えてみましょう。

格安で行ける留学ってちゃんと英語が身に付くの?

期間で、格安で留学するとあまり意味がないという意見や、行っても変わらなかったという体験談を目にすることがあるかもしれません。確かにどんな言語も1ヶ月程度では完全に習得できるまでには至りませんね。留学中は学生としてしっかり学習してインプット、学校が終わっても積極的に英語を話してアウトプットをしていく。そんな英語に浸かる生活をすれば必ず英語力はついています。「思っていたのとは違っていた」や「自分で立てた目標には届かなかった」などの個々の考え方もあるので、なかなか思い描いていたような結果が得られないこともあるかもしれません。格安でも必ず英語力はアップします。留学をするというのは本人の強い意志に基づいています。自分で決めて留学体験することが何よりの一歩です。

留学は自分を成長させる一つの手段

今まで経験したことがないことをするというのは必ず自分を成長させてくれるものです。すべての国が日本と同じように便利なわけではありません。設備が整っていても、文化の違いから不便と感じることもあり、思い通りにいかないものです。慣れない場所で学習することは大きなプレッシャーとなりますが、壁を乗り越えて成長することができます。もちろん留学だけが自分の成長ではありませんが、大きく自分を変えてくれる留学をして、成長したい人、世界で活躍したい人、英語を使ってたくさん友達を作りたい人、留学準備のためにお試ししたい人など希望を持っている人にはおすすめの格安留学をしてみませんか?

あの国で留学 編集部

執筆&編集:あの国で留学 編集部 

https://anokuni.com/

海外留学の専門情報サイト「あの国で留学」の編集部です。32か国、800以上のプログラムからあなたの理想の留学を見つけることができる!留学に必要なお役立ち情報、ビザ情報、体験談など、豊富な情報であなたの留学をお手伝いしています。