GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「○○が死ぬほど欲しい!」って英語でなんて言うの?【映画で英語】

映画で英

映画は生きた英語の宝庫。おすすめ映画から、ちょっとおしゃれですぐに使える英語表現を毎回1つ紹介します!

今日のおすすめ表現

I would kill for xx.

ものすご〜く何かが欲しい、というとき、日本語でも「喉から手が出るほど・・・」とか「死ぬほど・・・」などいろいろな比喩表現がありますが、英語ではこんな言い方をします。

「そのためなら殺人だっていとわないくらい○○が欲しい」という強い思いを表現しています。日本語では「死ぬほど」と言うところが、kill(殺すほど)になるのが興味深いですね。

表現の出どころ

今回は、2006年に公開された作品『プラダを着た悪魔』(原題:The Devil Wears Prada)からの表現です。

ジャーナリスト志望の女性アンディ(アン・ハサウェイ)がやっと見つけた仕事は、一流ファッション誌『RUNWAY』のカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントでした。

当初は、一番やりたい仕事であるジャーナリストの職へのチャンスをつかむまでの腰掛けと考えていたアンディですが、厳しいことで有名なミランダ編集長のもとで奮闘しながら、RUNWAYでの仕事に真剣に向き合うようになります。そして忙しい日々を過ごす中、アンディは自分にとって何が一番大切なのかを悟っていきます。

服装に無頓着だったアンディがおしゃれに目覚めたあとの変身ぶりも楽しいので、ファッションに興味がある人は必見です。

アメリカで90年代に大人気を博し映画にもなった『セックス・アンド・ザ・シティ』やその現代版とも言えるドラマ『NYガールズ・ダイアリー』でもそうでしたが、ニューヨークのファッション業界を扱った作品は、大切な場面でフランスのパリが出てくることが多いようです。この映画も大事なシーンでパリの街が登場するのも見どころの一つです!

表現の使い方

この表現は、映画のかなり冒頭に出てきます。

RUNWAYのアシスタントの面接に来たアンディが、「レジェンド」と評されるほどの編集長ミランダを知らなかったために、第1アシスタントであるエミリーが、ミランダとは何者かをアンディに説明する中で使われています。

非常に厳しいミランダのもとでアシスタントとして1年やっていければ、その後はどんな雑誌の仕事でも手に入れることができる、と説明したエミリーはこう続けます。

A million girls would kill for this job.

この仕事が死ぬほど欲しいって女の子は山ほどいるのよ。

アンディはこのあと何度も、友人や同僚からこの言葉を言われます。アンディが手に入れた仕事がどれほど憧れの的であるかが伝わってきます。

なお、日本語の「死ぬほど○○したい」と同じ表現である “die to も映画の中で使われています。アンディが仕事で落ち込んだときに泣きついた相手、ナイジェルがこんなふうに言う場面です。

Because this place, where so many people would die to work, you only deign to work.

たくさんの人が死ぬほど働きたがっているこの場所で、君はただ「働いてやっている」という態度だ。

ここではwouldを使っていますが、一般的には進行形(dying toまたはdying for)で使い、「今まさに○○したい!」という思いを表現することが多いようです。

また、die(ダイ「死ぬ」)とdeign(デイン「嫌そうに~してくれる」)で韻を踏んでいます。

まとめ

ものすごく欲しい!という強い気持ちを表現したWould kill for ですが、人を殺すほど・・・というのはもちろんあくまでも仮定の話なので(笑)、Will ではなく Would にすることをお忘れなく。

「ものすごく○○したい」と動詞にしたいときは、Would kill to とto不定詞にしてくださいね。

 

松丸さとみさん

文:松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員としてイギリスで計6年強を過ごす。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に翻訳・ライティング(・ときどき通訳)を行っている。
Blog:https://sat-mat.blogspot.jp/
Twitter:https://twitter.com/sugarbeat_jp

編集:GOTCHA!編集部