GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語学習で効率的なのはどっち?TOEIC一直線派VS.映画など娯楽を楽しむ派

英語パートナーシップ学習

連載「英語パートナーシップ学習」では、英語学習コーチ・メンタルコーチの船橋由紀子さんが、NLP(神経言語プログラミング)やアドラー心理学も生かして、「英語学習を楽しく頑張れる」方法を一緒に見つけていきます。第3回は、「タイプ別英語学習法」です。

「英語パートナーシップ学習」とは?

こんにちは!英語学習コーチの船橋由紀子です。

学習者の皆さんが「自分と、周りと、そして英語と、上手にパートナーシップを結びながら、楽しく英語力をアップ!」していけますようにという思いの下、心理学の要素やコーチとして経験した実例を併せて紹介していきます。

外食に対する態度・行動で分かるタイプの違い

今回は、目標達成に関してそれぞれの人が持つ「タイプ」を踏まえながら、より自分と、周りと、そして英語スクールとうまく付き合っていく方法を考えていきましょう。

さて、今回も、わが家の夫婦エピソードから紹介します(笑)。外食するときの「わが家あるある」です。

「今日は外にディナーに行こう!」となったとき。

私は、具体的なお店が決まったら、「何時ごろ、そこに行く!」と心の中でイメージします(人気のお店であればもちろん予約も)。おなかをすかせ、1日の終わりにそのお店に到着するのを楽しみにして過ごします。

一方、同様のシチュエーションにおいて、私の旦那さんは真逆のタイプです。

「ディナーに行こう!」と言っていたのに、うっかり遅めのお昼ご飯をしっかり食べてしまったり、あるいは、決めたお店に向かっている途中で、「あ!ここのモツ鍋屋もうまいんだよねー!」なんて、新たな提案をしてきたりします。

ここまで読んで、どちらかのタイプに、「あ、これ私のことだ!」と思い当たるのではないでしょうか?

まさに、タイプが真逆なんです(・・・という認識がないと、けんかが絶えない組み合わせとも言えます・笑)。

目標達成における「山登り型」と「波乗り型」

外食に行くというシーンを紹介しました。

実は、「外食」を「目標」に置き換えてみると、「目標達成におけるタイプの違い」と言うことができます。当然、英語学習におけるプロセスにも大いに関係する話なのです。

お伝えした2種類のタイプは、言うなれば、「山登り型」と「波乗り型」です。

「山登り型」の人は、目標を立てて、そこに向かって戦略を立て、目標に近づいている感覚に喜びを見いだして頑張れるタイプです。

「波乗り型」の人は、あまり先のことを計画せず、目の前のことに一生懸命取り組んだり、好きなこと、夢中になれることを大事にしながら、力を伸ばしていくタイプです。

これ、どちらが悪い、ということではありません。

しかし、タイプによってハマりがちなワナがあるのです。例で見ていきましょう。

「波乗り型」がスクールに通う際の注意点は?

近年、「短期間で目標達成を支援する英語スクール」が、首都圏を中心にサービスを展開しています。いわば、「山登り型」の特徴を持つ学びの場ですね。

そういった場所で、「波乗り型」の人が学ぶ際、一体どんなことが起こり得るのでしょうか?

例えば、スクールで大量の単語暗記を宿題として出されたとしましょう。

目標と期限を設定して守ることがどちらかというと苦手な「波乗り型」の場合、「なかなか気持ちが乗らないなあ」と思っているうちに、宿題の締切日が来てしまう、なんてことがあり得ます。その結果、その人が持つポテンシャルにかかわらず、劣等生扱いをされてしまうことも。

これは、「波乗り型」の良さが生かされないケースです。

このタイプにとっては、成果を出すために「楽しむこと」「自分に合ったやり方だと思えること」がキーになります。

ですから、時には期限に対する縛りを少し緩めてでも、「楽しめる」「しっくりくる」という感覚を持てる取り組みを模索することは、とても重要です。

「楽しくなってきた!」「このやり方ならいけるかも!」という状況をつくることができれば、ポテンシャルが後から開花することも多いのです。

一見、相性抜群?「山登り型」がスクールに通うと?

さて今度は、「山登り型」の人が、先ほどと同様の「山登り型」の学びの場に入ったとしましょう。一見、相性抜群のように思えます。しかし、ここにもワナが。

「山登り型」は、目標にこだわるあまり、行き過ぎると自分を追い込みがち。すると、勉強は楽しみどころか苦行になり得ます。その結果、目標を達成した後に燃え尽き状態になってしまう、といった傾向もあるのです。

あるいは、目標を達成するプロセスに面白味を感じる一方で、英語自体に対する興味を育て損ねてしまうこともあり得ます。すると、これまた目標達成した途端に、勉強をやめてしまうことに。

目標を達成すること自体は素晴らしいです。さらに、その過程で、英語や学習の面白さに気付くことができたら、英語学習は順調に継続できそうです。

逆タイプの人から「自分にはない要素」を学ぼう!

「山登り型」と「波乗り型」の2つのタイプに分けて、英語学習における陥りがちなワナについて見てきました。

繰り返しになりますが、これは「どちらのタイプがいい!」ということではありません。自分のタイプを踏まえた上で、英語学習を進めていけるといいですね。

もし周りに自分と逆タイプの人がいる場合、どう理解し、付き合っていったらいいのでしょうか?

例えば、TOEICなどの目標を立てて英語学習を頑張っている「山登り型」のAさんにとって、映画やドラマで英語を楽しむ「波乗り型」のBさんの存在は「不真面目」に見えるかもしれません。

また逆もしかり。「波乗り型」のBさんにとって、テスト勉強にばかり励む「山登り型」のAさんは「窮屈な人」と感じるかもしれません。

しかし、どちらも、「自分とは違うタイプや自分にはない良さがある」と教えてくれる存在です。

「波乗り型」の人を見習うことで、英語学習の道のりが苦行から楽しいものになることもあるでしょう。

また、「山登り型」の人を見習って目標を立ててみれば、進む方向がより定まった英語学習が可能になることもあるでしょう。

▼英語学習における他者との関わり方は、こちらもチェック↓

gotcha.alc.co.jp

英語を学ぶ「場」もタイプ別に活用

実はこの2つのタイプは、学習者(=人)だけでなく、英語スクールや英会話サークル(=場)にも当てはめることができます。

前述したように、目標達成系のスクールは「山登り型」です。一方、英会話カフェや交流パーティーのような場は、「波乗り型」と言えるでしょう。

こういった場とも、その特性を分かった上で、適切なものを選んで、うまく付き合えるといいですね!

さて、あなたのタイプはどちらでしょうか?自分のタイプを把握して、自分自身や周りの人、そしてスクールなどの学びの場とうまく付き合いながら、英語学習を進めていきましょう!

船橋由紀子

文:船橋由紀子

英語学習コーチ・メンタルコーチ。英語コーチングスクールに在籍中、7年で約4000人の英語力アップをサポート。2017年に独立。現在はオーダーメードの英語学習コーチングを提供中。NLP(Neuro Linguistic Programing、神経言語プログラミング)・アドラー心理学の資格を生かし、メンタル面からも深く学習者をサポートするコーチング・スタイルを得意としている。

ウェブサイト https://yk53.jp

編集:GOTCHA!編集部