GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

モチベーションが下がったときでも、1分あれば英語がうまくなる方法【同時通訳者・横山カズ】

モチベーションが下がったときでも、1分あれば英語がうまくなる方法【同時通訳者・横山カズ】

同時通訳者の横山カズ先生の連載が帰ってきました。英語スピーキングの大人気講師としても活躍する中で、実際に役に立った「無限のスピーキング力上達法」をうかがいます。1回目の今回は、モチベーションが下がったときのスゴイ勉強法です。

皆さん、こんにちは。同時通訳者の横山カズです。

「モチベーションを上げなければ」というトピックは、TwitterなどのSNSを見ていても頻繁に語られていますね。しかし、そのこと自体が精神的なプレッシャーとなり、さらにやる気がなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうこともあるようです。

モチベーションが下がったときは、自分を責めずに発想を変えることをおすすめしたいと思います。

「英文1文。勉強時間1~2分」のすすめ

モチベーションが下がっていると感じたら、「英文1文。勉強時間1~2分」へのシフトチェンジを試してみましょう。たとえば、音読に使用する例文がたったの1文であればどうでしょう?「少ないマテリアルから、多くのスキルを手に入れること」ができるんです。

では、1文からどんなスキルが得られるかを見ていきましょう!

たった1つの英文から得られる4つのスキル

スキル1:英語的発想の表現が身に付く

たとえば、無生物主語(生物でないものが主語になること)または、関係詞節(that、which、who、whom、whoever、whomever、whoseによって導かれる節)が使用されている例文を1つ学習素材に選びましょう。

われわれ日本人は、英語を話すときに受動態を好んで使う傾向があるようです。それは日本語を直訳しようとする発想からかもしれません。

「無生物主語」や「関係詞節」を使うと、受動態を多用することなく、より自由に英文が思い付くようになります。これが英語の発想に切り替わることであり、英語の瞬発力を向上させるスキルになるのです。

無生物主語の例文

日本語の発想からは思いつきにくいのですが、英語の瞬発力を向上させます。

Thoughts wander in when he doesn't reply to me.

返信がないと、忙しいのかな?っていろいろ考えてしまう(気が散ってしょうがない)。

The exam is waiting for me and I'm totally unprepared.

テストはもうすぐなのに何も準備できてない。

※『スピーキング のための音読総演習』(桐原書店)PP. 90-94

関係詞節の例文

I wonder(私は思う) とセットで音読しておくと、英語でいつも「思い」を表現することが可能となり、発話の瞬発力を極限まで高めることができます。「*   *」で囲んだ箇所が関係詞節です。

I wonder *what she's doing.*

何しているのかな。

I wonder *where she is. *

どこにいるのだろう。

I wonder *when I can see her again. *

次はいつ会えるかな。

I wonder *who(m) she's spending time with. *

誰と過ごしているのだろう。

I wonder *who her boy friend is. *

誰とつきあっているのかな。

I wonder *how it happened.*

どういういきさつでこうなったのか。

I wonder *if I'm okay thinking about her all day long. *

一日中こうして気になってていいのだろうか。頭から離れない。

※『スピーキング のための音読総演習』(桐原書店)P. 74

このように例文を音読する練習によって普段のリーディングやリスニングにおけるインプット時にも、似たような英語的発想の表現が自然に目に入るようになり、結果として英語の「センス・発想」が意識下に蓄積されていくことになるんです。

スキル2:語順に慣れる

英語と日本語の大きな違いの一つが語順です。名詞を修飾する語句が、日本語だと名詞の前にありますが、英語だと名詞の後ろにあります。後置修飾とよばれるこの語順に慣れることができます。

私が読む
the book I read

私が話すのが好きな話題
the topic I enjoy talking about

話さないといけない
the person I need to talk to

実際のスピーキングでは、この後置のパターンが瞬間的に口から出てこなければなりません。このthe book I readだけでも何度も徹底的に音読することにより、英語の語順に慣れ、英語を自動化する非常に有効なトレーニングとなります。たったこれだけで、リーディングやリスニングも語順通りに処理する力が格段に上がるのです。

ほんの1で、この名詞節が何回言えるか実験してみてください。何十回と言えるはずです。モチベーションが下がっていても、「これで有効なトレーニングが一つできた!」と考えましょう!知識の量ではなく、スキル自体を手に入れる感覚をつかみましょう!

スキル3:発音の上達によるリスニング力の向上

音読するのがたったの1文であれば、できるだけ中学校2年生までに習った簡単な単語のコンビネーションを含んだものを選択するのも良いです。

What I think makes him stand out as a teacher is his ability to relate to the students.

私は、彼が先生として際立っているのは、彼の生徒との関わる能力だと思う。

※『パワー音読入門』(アルク)P. 39

この例文を次のように音読してみましょう。

What I THIn(k) MAkes him sTAn(d) ou(t) as a TEAcher is his aBIlity to reLA(te) to the students.

  • What I 「ワダィ」のように発音
  • as a 「ェズァ」のように弱く短く発音
  • to the 「トゥダ」のように to を弱く短く発音

簡単な基本語のコンビネーションこそ聞き取りが難しいものです。文構造把握のかなめであり、また本音のスピーディーな手加減なしの会話で使用されます。「なんとなくは理解できるけれど、はっきりとは分からない」を解消できます。

太字の大文字は強く高めに、かっこで囲んだ小文字は発音する寸前で飲み込むように寸止めして省略しましょう。これで、急がずとも驚くほどスピーディーに音読でき、聞き取り能力が向上します。

音の数が減るほど当然読むスピードは上がってしまうので、「ゆっくりと、速く」読めるようになります。100メートルを急いで走るのではなく、70メートルを余裕を持って走るイメージですね。最も極端に省略された音のパターンを優先して練習しておくことです。これによって、それより省略されていないパターンはすべて聞き取れるようになります。

冠詞、前置詞、代名詞、基本動詞といった簡単で短い単語ほど聞き取りは難しいのです。特にそれらが固まりとなったときに激しい音の脱落と連結が起こります。

リスニングは自分が「言えたら聴ける」と覚えておきましょう!言い換えれば、スペルの長い難しい単語ほど実は簡単に聞き取れます。リスニングではItの方がParticularlyよりも圧倒的に聞き取りにくい、ということになります。

また、モチベーションが極端に下がっていて、この1文でさえ「長すぎて嫌いやだ!」と感じたのであれば、最初のWhat I think makes him stand out as a teacher

というかたまり(主語として一語として認識する部分)だけを音読するのはどうでしょうか?12分あれば何十回と練習できてしまいます。

これでも、発音、聞き取り、英語の語順通りの処理(リーディング・リスニング)、英語的発想(無生物主語的な関係詞の使い方)といった英語のスキル、自動化の獲得においてこれだけ多くのことを体に練りこむことが可能となります。

スキル4:作業興奮(やる気を起こす力)

上記のことができれば、1、2分もあれば、たいてい作業興奮が起こり、さらに多くの練習をしたくなってしまうものです。その場合、追加の練習をしたなら、すべてが予定以上の「プラスアルファ」として練習になるので、計画に追い立てられるプレッシャーがゼロの状態であくまでポジティブにトレーニングを進めることができるでしょう!


上達が実感できる限り、やる気は下がらない」ものです。ともに上達を楽しんでいきましょう! Let's give it our best!!

横山カズ先生の本
[音声DL付]最強の英語独習メソッド パワー音読入門

[音声DL付]最強の英語独習メソッド パワー音読入門

 
CD付 ビジネス英語パワー音読トレーニング

CD付 ビジネス英語パワー音読トレーニング

 
世界に通じるマナーとコミュニケーション――つながる心,英語は翼 (岩波ジュニア新書)

世界に通じるマナーとコミュニケーション――つながる心,英語は翼 (岩波ジュニア新書)

 
英語に好かれるとっておきの方法――4技能を身につける (岩波ジュニア新書)

英語に好かれるとっておきの方法――4技能を身につける (岩波ジュニア新書)

 

"スピーキング"のための音読総演習 (即戦Navi)

 
英語“瞬発

英語“瞬発"スピーキング

 

横山カズ

文:横山カズ @KAZ_TheNatural

関西外国語大学・外国語学部スペイン語学科卒。同時通訳者(JAL)、翻訳家、武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部実務家教員、英語講師。エスコラピオス学園 海星中・高等学校英語科特別顧問。学びエイド、リクルート・スタディサプリENGLISH講師。英語を日本国内で独学し、航空・IT・医療・環境・機械・国際関係・文学など多分野で同時通訳者として活躍中。JAL(日本航空)グループ、楽天株式会社では英語力向上と社内公用語化に貢献。「英語4技能」・英語スピーキングのエキスパートとして日本全国で授業と講演を行っている。発音検定EPT100(満点・指導者レベル)ICEE(国際英語コミュニケーション検定)2回優勝、英検1級。著書多数。ジパングマネジメント株式会社・文化人枠所属

編集:増尾美恵子