GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「ハンバーグ」って英語でなんて言う?【週末英単語】

「ハンバーグ」って英語でなんて言う?【週末英単語】

週末のひとときに、のんびり英語クイズに挑戦する「週末英単語」。略して「マッタン」。今回は、みんな大好き(?)「ハンバーグ」を取り上げます。

「ハンバーグ」と「ハンバーガー」、英語で何が違う?

初めにお断りしておくと、気軽に取り上げた「ハンバーグ」ですが、取り上げて少し後悔しています。結構複雑なんですね、ハンバーグとハンバーガーの関係が・・・。

とりあえず、まずは「ハンバーグ」を英語で説明すると、

hamburger steak
Salisbury steak

ハンバーグとは言わずに、「ハンバーガー・ステーキ」「ソールズベリー・ステーキ」と言う・・・というか、それが日本のハンバーグに似ている、ということのようです。ただし後者は北米限定です。

日本のハンバーグの起源を調べると、19世紀の終わりごろ、ニューヨークのレストランで流行したメニューに「Hamburg steak(ハンブルグ・ステーキ)」という食べ物があったそうです。

どんな食べ物だったかというと、Wikipediaでは次のように説明されています。

In the late 19th century, the Hamburg steak became popular on the menus of many restaurants in the port of New York. This kind of fillet was beef minced by hand, lightly salted and often smoked, and usually served raw in a dish along with onions and bread crumbs.
19世紀末、ハンバーグステーキはニューヨークの港にある多くのレストランで人気のメニューとなった。この肉は、手作業でミンチされた牛肉で、軽く塩で味付けてスモークされることが多く、玉ねぎとパン粉を添えて普通は生で提供された。

生か軽く火を通すだけだったようで、調理も簡単で人気のメニューとなったようです。日本の「ハンバーグ」の名前はどうやらこのあたりから来ているようですが、見た目は全然別のもののようです。

北米の人たちが日本のハンバーグに近いと感じるのは、このハンブルグ・ステーキではなくソールズベリー・ステーキとのこと。子どものころからよく食べるメニューの1つなんだそうです。

このソールズベリー・ステーキは、J.H.ソールズベリーさんという人が開発したメニューで、卵、パン粉や玉ねぎなどを混ぜたひき肉で作ったパテを、揚げたり煮たり、焼いたりした食べ物で、グレイビーソースをかけて出来上がり。

なるほど、それなら日本のハンバーグに近そうです。

なんだかうんちくが長くなってしまいましたが、ハンバーグに関する文をいくつか見てみましょう。

Do you know that there’s no word for hanbargu in English?
ハンバーグって言葉が英語にないって知ってる?

So, we should call that dish a hamburger steak or Salisbury steak.
だから、ハンバーガー・ステーキとかソールズベリー・ステーキって言うといいんだって。

I like a cheese topping on my hamburger steak.
チーズが載ったハンバーグが好き。

I loved the hamburger steak my mom often made.
母がよく作ってくれたハンバーグが好きだったなあ。

Are there any good hamburger steak recipes on Cookpad?
クックパッドに何かいいハンバーグのレシピ、載ってない?

 

ああ、おなかすいた!では、良い週末を!

 

おすすめの本
CD-ROM付 キクタン英語でコレ言える?【身のまわり編】

CD-ROM付 キクタン英語でコレ言える?【身のまわり編】

  • 作者: 一杉武史
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2016/01/20
  • メディア: 単行本
改訂第二版 起きてから寝るまで英単語帳

改訂第二版 起きてから寝るまで英単語帳

  • 作者: 荒井貴和、武藤克彦
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2018/10/01
  • メディア: 単行本

gotcha!

文:GOTCHA!編集部
英文校正:Margaret Stalker(アルク)

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOU から生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。

トップ画像:Valentin SabauPixabay