GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

渡辺謙さんインタビュー~新しいことに挑戦し、見る人を楽しませたい

渡辺謙さんインタビュー~新しいことに挑戦し、見る人を楽しませたい

数々のハリウッド大作に出演されてきた、日本を代表する国際派俳優、渡辺 謙さん。渡辺さんは2015年にミュージカル『The King and I 王様と私』の王様役でブロードウェイ・デビューし、日本人として初めて、トニー賞ミュージカル部門主演男優賞にノミネートされました。ニューヨーク、ロンドン公演に続き、東京での公演を終えたばかりの渡辺さんに、お話を伺いました。

「こんなに大変だとは思わなかった」ミュージカルへの挑戦

渡辺さんにとって、初めてのブロードウェイミュージカル出演は大きなチャレンジでした。日常会話では使わない英語表現、ミュージカル特有の発声、多いときには1日に二幕の舞台をこなすハードな日々……。特に王様は、まるで早口言葉のような歌やセリフもたくさんあります。

渡辺さんは「こんなに大変だとは思わなかった」と話します。

東京公演を終え、「ハードな生活からやっと解き放たれた」とほっとした様子の渡辺さんですが、新しい世界に挑戦することが好きな「根っからのチャレンジャー」。ミュージカルへの挑戦は大変だったと言いつつも、それが楽しくて仕方がない様子が表情からにじみ出ています。

演劇は“play”、遊びの“play”と同じ

渡辺謙さん

渡辺さんのチャレンジといえば、42歳の時、ほとんど英語が話せない状態で『ラスト サムライ』(2003)に出演し、ハリウッドデビューを果たしたことが挙げられます。しかしそれよりもずっと前から、チャレンジを楽しむ姿勢は身に付いていたといいます。きっかけとなったのは、ある外国人演出家の言葉でした。

俳優になりたての20代の頃、イギリスの著名な劇団出身の外国人演出家と仕事をする機会があったそうです。「彼に、『なぜ君たちはそんなに深刻な顔をしているんだ? 演劇は“play”、子どもが遊ぶときの“play”と同じだ。日常の中から何かを発見したり、新しいことに挑戦することを面白がろう。そうでないと、見ているお客さんも楽しくないだろう』と言われたんです」

この言葉は、強く渡辺さんの心に残りました。昔から、新しいものに対してオープンでありたいという気持ちは持っていたそうですが、それに加えて、新しいことに挑戦し、試行錯誤することを楽しむ姿勢を持つようになったといいます。

「何が話せるか」が大事

渡辺謙さん

今では英語での映画や舞台出演はもちろん、海外メディアのインタビューも難なくこなす渡辺さんですが、普段は、「特別英語の勉強はしていません」と話します。「生活の中でしゃべるだけ。勉強は、『やらなきゃいけない』という状態にならないとやらないんだよね」と笑います。

「やらなきゃいけない状態」というのはもちろん、海外作品への出演です。「英語のセリフがある場合は、必ず(セリフ指導を行う)ダイアログコーチについてもらいます」。今や海外でもベテラン俳優の渡辺さんですが、取り組む姿勢は謙虚です。ネイティブではないのだから、足りないところはプロの手を借りて努力する。「それは決して恥ずかしいことではないですからね」と強調します。

重要なのは、「『英語が話せるか』だけではなく、『何が話せるか』」だといいます。ただ台本に書かれた英語のセリフが話せればいいというものではないのです。日本人として、アジア人として、その作品に出演するからには、背景となる文化や歴史を、監督や共演者、海外のメディアなどに説明すべき場面が出てきます。「その時に、そうした知識を持っていなかったり、表現すべき自分の考えがなければ、話の中身が空っぽになってしまう。話す相手もつまらないと思います」

新しいことに挑戦し、見る人を楽しませたい。試行錯誤をしてよりよい作品を作り、観客を喜ばせたい。渡辺さんは、サービス精神が旺盛です。海外でのメディア対応でも、その精神は発揮されています。「英語でインタビューを受けるときにも、とにかくウケたい。相手を笑わせたいんです」と、いたずらっぽい笑顔を見せます。「英語、日本語にかかわらず、ユーモアって大事。言葉の選び方だけでなく、間の取り方や機転の利かせ方を、いつも考えています」

『ENGLISH JOURNAL』11月号は明日発売!

10月4日(金)発売の『ENGLISH JOURNAL』11月号「あっぱれジャパニーズ」では、渡辺 謙さんのインタビューをさらにお楽しみいただけます。『王様と私』のストーリーのテーマとなっている「異文化間の相互理解」や、NY・ロンドン・東京での観客のリアクションの違いなどについて、お話しいただきました。

渡辺謙さん

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年11月号

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年11月号

  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: 雑誌
  •  

渡辺謙さんの最新情報はこちら!

ロンドン版『The King and I 王様と私』9月27日より凱旋ロードショー

1951年初演の大ヒットミュージカルを2015年に渡辺 謙、ケリー・オハラにより再演。トニー賞の最優秀リバイバル作品賞など4部門を受賞した本作のロンドン公演を映像に記録した、ロンドン版『The King and I 王様と私』が9月27日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて凱旋ロードショー。

1860年代、シャム王の子どもたちの家庭教師として王宮に迎え入れられたイギリス人女性アンナ(ケリー・オハラ)が、専制君主であるシャム王(渡辺 謙)と、衝突しながらも互いに理解を深めていく様子を描く。

『ベル・カント とらわれのアリア』11月15日 日本公開

Amazon ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝くベストセラー小説を、ジュリアン・ムーア×渡辺 謙×加瀬 亮といった日米豪華キャストで待望の映画化。テロリストと人質――なぜ、正反対の立場の彼らが心を通わせたのか?危機的状況で生まれた絆の行方を描く感動ドラマ。

11月15日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

 

gotcha!

取材・文・構成:大井明子(ライター)/須藤瑠美(ENGLISH JOURNAL編集部)
写真:田村 充

衣装協力:ブリオーニ/ブリオーニ ジャパン03-6264-6422、ヘアメイク:筒井智美(PSYCHE)、スタイリスト:馬場順子