GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語が「速く読める」ようになる簡単なテクニック5つ【3分で分かる】

英語が「速く読める」ようになる簡単なテクニック5つ【3分で分かる】

3分あれば、学べることがたくさんあります!TOEIC 対策特化型スクール「トイグル」の講師であり、代表の田邉竜彦(たなべ たつひこ)さんに、3分で英語の上達法を教えていただく連載。7回目の最終回は、英語が速く読めるようになるテクニックを教えていただきます。

こんにちは。トイグルの田邉です。

英語の学習中に必ずぶつかるのが、読解速度の壁です。あなたは次のような悩みを抱えていませんか?

  • 英語の文章を読むスピードが遅い
  • 英文メールを読むのに日本語の倍時間がかかる

読解速度を上げるには、単語力や文法力を伸ばすことが何よりも重要です。

しかし、即効性のある方法として、英語を読む方法を変えたり、事前にある準備をするだけで、読解速度は大きく上げられます。

この記事では、流暢な読解力を身に付ける5つの方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1. プレビューイングで構成を把握する

プレビューイングとは、本文にざっと目を通し、全体像を把握する方法です。

いま、海外の取引先から英文の資料が送られてきたとします。600ページほどある分厚い資料で、全てを読むには大変な手間がかかりそうです。

こうした状況では、小説のように1ページ目から読み始めるのは得策ではありません。代わりに、目次と本文にざっと目を通し(プレビューイング)、読むべき箇所とそうでない箇所を区別するとよいでしょう。

必要な箇所を重点的に読み、残りは見出しやまとめに目を通せば、資料の目的は達成されます。プレビューイングはたくさんの英文を短時間に読む方におすすめです。

2. プリディクティングで内容を推測する

プリディクティングとは、内容を予測しながら英文を読む方法です。

料理の英文レシピを読む場面を想像してみましょう。もしあなたが料理経験者なら、「パンケーキミックスに水と卵を混ぜる」の次に「フライパンで焼く」が来るのは、おそらく英文をほとんど読まずとも予測できるはずです。

逆に、料理未経験者なら次に何が来るか想像できません。英文を一言一句解読しなければならず、読みに大きな時間がかかります。

英文を速く読めるようになるには、こうした予測力が大事です。英文のテーマが明らかになっている場合、日本語の情報でも構いませんので、事前知識を身に付けましょう。読解がスムーズになるはずです。

3. スキミングで大意を理解する

スキミングとは、要点をつかむため、文章を飛ばし読みする方法です。

英字新聞の例を考えてみましょう。英語の練習が目的なら記事を丁寧に読んでも構いませんが、日常生活なら、飛ばし読みで概要把握することが多いはずです。

飛ばし読みの利点はたくさんの英文に目を通せるところです。気になった箇所があれば、後から戻って精読すれば理解を深められます。このように、読解の速い人は読みの緩急を付けられるのが特徴です。

よいスキミングの目安は1分間に800ワードと言われています。練習を積んで徐々に速度を上げていきましょう。

4. スキャンニングで情報を探す

スキャンニングとは、特定の情報を探すためにテキストを速読する方法です。

いま、何かの商品を購入するため、海外の通販サイトでレビューを読んでいるとします。高額な商品のため、慎重に検討しなければなりません。

ここで私たちは、「購入後、すぐに壊れてしまわないだろうか」と不安になって悪いレビューを読むとか、「期待以上の使い方はできないか」と思って良いレビューを見るといった行動を取ります。目的が先にあり、それを達成する情報を探す読み方です。

スキャンニングができると英文処理能力が上がります。必要に応じてスキャンニングをできるようにしましょう。

5. 知らない単語に適切に対処する

英語の文章を読んでいると、どうしても知らない英単語が出現します。

英単語は辞書で意味を調べられるのが理想ですが、時間がないとき、あるいは辞書を使えない場合、別の方法で対処しなければなりません。

知らない単語に対処するもっとも良い方法は、語形から推測することです。例えば、unimportant(重要でない)を知らなくても、important(重要な)に否定を表すun-が付いていると気付けば、意味を推測できます。

他にも、知らない語彙を文脈から推測する方法があります。例えば、deadline(締め切り)を知らなくても、「deadlineに間に合わなければ」といった話であれば、何か締め切りに関することだと推測できます。

私たちが英文を読む際、文中の単語を100パーセント知っていることは極めてまれです。知らない単語が出ることを前提にして、それをうまく対処できるようにしましょう。

まとめ

この記事では英文を速く読むための5つの技術を紹介しました。

  1. プレビューイングで構成を把握する
  2. プリディクティングで内容を予測する
  3. スキミングで大意を理解する
  4. スキャンニングで情報を探す
  5. 知らない単語を適切に対処する

学習の役に立てば幸いです。

この記事の詳細は、トイグルのウェブサイト 英語リーディングの仕組みと勉強方法 TOEICリーディングを時間内に解き終える「速読力」の勉強法 でご覧いただけます。

田邉竜彦(たなべ たつひこ

田邉竜彦(たなべ たつひこ)

英語教師。月間40万人に読まれる英語学習メディア「トイグル」を運営。TOEIC 対策特化型スクール「トイグル」代表。マンツーマン講座とセミナーで社会人を中心に200名以上の英語学習をサポート。英ストラスクライド大学大学院経営学修士(MBA)、英ウォリック大学大学院英語教授法修士。

トイグル: https://toiguru.jp/

編集:増尾美恵子