GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「常識だよ!」は英語でなんて言う?【スティーブ・ソレイシィ】

「常識だよ!」は英語 It's common sence. とは言わないの?【スティーブ・ソレイシィ】

来年2020年に、スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』が発売20周年を迎えます。本連載では、累計発行部数90万超、Amazonでベストセラー1位を記録したこともある「なるほどフレーズ」シリーズから、最も使える英会話表現を紹介。皆さんの「英語の得意表現」を増やしていきましょう。第5回は「常識だよ!」をお届けします。

記事を読むのにかかる時間
約2分

「常識」を表すフレーズはこの3つ

英語で常識を表すフレーズは3つあります。日本語では「常識」という一言に広い意味を持っていて便利だなと、僕はびっくりしています。

  1. common knowledge(みんなが知っている情報の常識)
  2. common courtesy(マナーに関する常識)
  3. common sense(どちらかというと相手を批判するときに使う)

「二人が付き合っていることはみんな知ってるよ!」とか、「あのお店はおいしい/まずい」などのように、みんなが知っている情報に関する常識なら、common knowledge

common knowledge を口語で表現するなら・・・

Everyone knows that!

常識だよ!/そんなことはみんな知ってるよ!

「ドアを開けてもらったら、お礼を言う」などのようなマナーに関する常識なら、common courtesy

common courtesy を口語で表現するなら・・・

It’s the polite thing to do.

常識だよ!/それはマナーとして当然だよ。

もう1つは、common sense 。この言葉は多くの人に知られているようですが、使い方が限られています。「熱いものは素手で触らないこと」「刃物を赤ちゃんに渡さないこと」などのような常識を表します。正しさを強調したり、相手を批判するときに使われます。つまり、何かの理由を聞かれて、「だってそれが常識でしょう」と反論するときに、「言うまでもなく当たり前」という口調で言ってみましょう。

口語表現として、そのまま使うことができます。

It’s common sense.

だってそれが常識でしょう。

今日の英会話

A:  Let’s give our seats to that older couple.
B:  But....
A:  It’s the polite thing to do. 

A:  私たちの席をお年寄りの二人にゆずろうよ。

B: でも・・・

A: それはマナーとして当然だよ。

EXERCISES

次の「常識だよ」を英文にしてみましょう。

  He should at least say “thank you”. (あのひとはせめて「ありがとう」って言えばいいのに。)に続けて「基本常識だよね」

We have to take computers out of our bags at security at the airport.(空港のセキュリティーでは、カバンからパソコンを取り出すんだよ)に続けて「もう常識でしょ」

解答例は記事の最後をご覧ください。

※ 本記事は『英会話きちんとフレーズ100』の内容をもとに構成しています。

『英会話きちんとフレーズ100』ってどんな本?

前刊の『英会話なるほどフレーズ100』の続編にあたる『英会話きちんとフレーズ100』では、日本人の心「和マインド」をきちんと伝えられる表現をトップ100を揃えました。シンプルで、自然で、日本語の感覚にきちんとマッチした表現を身に付けて、自分を表現する言葉として楽しめます。

CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

CD付 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う 英会話きちんとフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 
こちらもオススメ
CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 
EXERCISESの解答例

It’s just the polite thing to do.

Everyone knows that.

gotcha!

スティーブ・ソレイシィ(Steve Soreisi)
アメリカ・フロリダ州出身。1990年英語指導助として岐阜県に初来日。1998年早稲田大学大学院政治経済学部で増すコミュニケーション理論を学び同大学院修士課程を修了。2009年青山学院大学大学院国際政治学研究科博士課程を修了。拓殖大学、東洋英和女学院大学の専任講師を経て、2011年ソレイシィ研究所(株)を設立。現在、同研究所の代表として日本の「英語が使える國の仲間入り」を目指した英語教材の企画開発、英語教授法の研究と人材育成、英会話コーチ、セミナー、公演などを行っている。BBT大学教授。NHKラジオ第2放送『英会話タイムトライアル』講師(2012年4月~現在)。