GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語でポケモンGO!交換するときに便利なフレーズ50

英語でポケモンGO

2016年の夏にサービス開始した、スマホアプリゲーム「Pokémon GO(以下、ポケモンGO)」。いまだ人気の衰えを知らず、子どもから年配の方はもちろん、世界中で大人気です。今回はアメリカと日本のハーフで英語が堪能な、ポケモンGOの体験レポートや解説で大人気のYouTuberのJASHさんに、ポケモンGOで英語を話すときに便利なフレーズを紹介していただきます。

YouTubeでポケモンGOの解説動画配信中のJASHです!

初めまして!JASHです。

僕は今まで日本はもちろん、海外でもいろいろな国の人とポケモンを交換してきました。最近、英語でポケモンを交換するときに何と言ったらよいか、よく聞かれます。以前、ポケモンGOで使える英語教室をオンライン上でリアルタイムで行ったこともあります。

▼その様子がこちら!

今回はここで紹介した、ポケモンの交換の成功率が上がる英語フレーズを紹介します。 

英語でポケモンGOについて話すときってどんなとき?

ポケモンGOはオンライン上のイベントだけではなく、海外や日本でポケモンのリアルイベントも頻繁に開催されています。イベント会場では「トレーニングポスト」という交換所が設置されていて、レアなポケモンの捕獲はもちろん、海外から日本に交換目的でわざわざ訪れる人もいます

通常、自分が持っていないポケモンを人からもらう「特別な交換」は1日1回しかできません。でも、そのイベントに参加すると、その会場の交換所に限り5回まで交換が可能で、これから開催されるイベントでも同じルールになる可能性が高いです。

リアルイベントに出かけてチャンスがあれば、ぜひ英語で海外の人とポケモンを交換してみましょう。日本では見つけられないレアなポケモンが手に入る可能性大です!

まずはテロップを準備しよう!

海外の人とポケモンを交換をするとき、英語が得意な人は英語だけで説明をしてもいいですが、何百種類もあるポケモンの英語名を知らないといけないし、覚えていても発音が通じないときもあります。また、英語圏の以外の人はフランス語やドイツ語などの名前しか知らない人もたくさんいるので、「テロップ」があった方が確実です

ぜひ、絵や写真付きで欲しいポケモンを交換できるように準備して、交換の成功率を上げましょう!

ポケモンは自分で絵を描いてもいいし、写真を貼ってもOKです。自分の交換して欲しいポケモンと日本限定の自分が交換できるポケモンが分かるようにしておきましょう。

▼編集部でテロップのサンプルを作ってみました!

英語でポケモンGO

交換のときに使えるポケモン英語表記

  • stardust 星の砂
  • shiny 色違い
  • good IV (individual value) 高個体値
  • Lucky Pokémon キラポケモン

海外の人に人気の日本人が持っているポケモン

  • カラナクシ Shellos(シェロス)
  • ユクシー Uxie(ユクシー)
  • ジーランス Relicanth(レリカンス)
  • トロピウス Tropius(トロピウス)
  • アンノーン Unown(アノーン)
  • アグノム Azelf(アゼルフ)
  • エムリット Mesprit(メスプリット)
  • フカマル Gible (ギブル)

▼他のポケモン外国語表記を知りたい方はこちら。

w.atwiki.jp

初対面の人とあいさつで使える英語フレーズ

あいさつは「こんにちは」「おはようございます」「どこから来たのですか?」などいろいろありますが、すでに交換目的で来ている人が多いので、軽いあいさつを済ませて、いきなりストレートにポケモンの話をしても大丈夫です。

Hello. こんにちは。

Excuse me, sir/madam. すみません。*大人の方に声をかけるときの丁寧な言い方

Hi! My name is xxx. やあ!私はxxxです。

Hi! How are you? どうも!元気?

Trade? 交換ですか?

Do you want to trade? 交換したいですか?

Can you trade? 交換できます?

テロップを見せながら交換交渉に使える英語フレーズ

ポケモンの英語名は覚えるのも大変!国によってポケモンの名前は違うので、ポケモンの画像付きのテロップを見せながら交渉するのがおすすめです。

テロップにある、あげられるポケモンを指さしながら話しかけると、自分の欲しいポケモンと交換してもらえる成功率が高まります。

Do you have this? この(ポケモン)持っていますか?

Do you want one of these? この中に欲しいもの(ポケモンの)はありますか?

Do you have one of these? この中のどれかを持っていますか?

I can give you these Pokémon. これらのポケモンをあげられます。

I can give you this. これをあげられます。

Let’s trade! 交換しよう!

Let’s become friends! フレンドになろう!

初対面の人とポケモンを交換するには、まずはフレンドにならないといけません。それを説明するにはこんなフレーズが便利です。

We can’t trade unless we’re friends (first). まずはフレンドにならないと交換できません。

交換のときに使える英語フレーズ

成功率を上げるなら、朝一の交換が必須!

イベント会場には参加チケットを持っていない人も多数集まってきます。イベント参加チケットを持っている人は5回まで交換できますが、チケットを持っていない人は通常通り1日1回しか交換ができません。

だから、遅い時間に行くと、すでに多くの人が交換し終わった後の可能性が高く、成功率はかなり下がってしまいます。確実に交換を成功させるには、イベントに朝一に行ってみましょう。

「仲良し度」を上げるときに便利な英語フレーズ

初めての交換のとき図鑑未登録の伝説や色違いには「ほしのすな」が100万、イベントのときはボーナスにもよりますが、約40万かかります。

また、特別な交換のときはポケモンGOのフレンド機能にある「仲良し度」を上げておかないといけません。仲良し度は、フレンド同士で次のことをすると上げられます。

  • ギフトをプレゼント
  • ポケモンの交換
  • いっしょにバトル(ジム/レイド)に参加
  • トレーナーバトル(対人戦)

たまに知らない人がいて、「どうして特別な交換ができないんだ?」と言われるときがあります。

そんなときはこう言いましょう。

We have to raise the level of our friendship. 「仲良し度」のレベルを上げないといけません。

カタコトのゲーム用語で言うなら、

Friendship higher. 仲良し度、上げる。

Level up friendship.  仲良し度、レベルアップ。

初対面の人と交換するときに一番の難関は「仲良し度」を上げることです。「仲良し度」を上げるためには、ギフトの送り合いか普通の交換をするのが一番手っ取り早いです。

そんなときに使える英語フレーズはこちらになります。

Can you send me a gift? ギフトを送ってもらえますか?

I will send you a gift. ギフトを送ります。

Can I have a gift, please? ギフトをください。

相手の持っているポケモンを確認するときの英語フレーズ

図鑑登録済か(すでに持っているかどうか)そうでないかによって、必要な星の砂は変わってきます。確認したいときには、

I already have this Pokémon. すでにこのポケモン図鑑登録済です。

と答えればOK。積極的な外国の人であれば、

Do you have any shiny ones as well? 君も色違い持っている?

と聞いてくることもあるかも。色違い狙いなら、こんなフレーズも覚えておこう。

Do you have any shiny ones? 色違い持っていますか?

Please show me your shiny ones. あなたの色違い見せてもらえますか。

 会場では5回特別な交換ができるので、こういう言い方を覚えておいてもいいでしょう。

I can do two more special trades. あと2回、特別な交換ができます。

交換後はCP(個体値)は変わってしまいますが、CPの高いまたは低いポケモンと交換したい人も多いです。

Do you have high CP (combat points)? 高個体値持っている?

Do you have low CP? 低個体値持っている?

どのポケモンが欲しいか分からなかった場合はスマホの画面からポケモンを見せてもらうのが早い。こう言ってみよう。

Please show me a picture . (ポケモンの)写真見せて。

図鑑を開いてもらったら、そのポケモンの写真を指で示して、

Will you trade it? これと交換してー?

と言っても良いでしょう。

また、相手が良いポケモンを持っているときはこう言って褒めてあげよう。

That’s great! それ、いいね!

交換を断るときに使える英語フレーズ

もう今日は交換したりして本当に出来なかったり、断りたいなと思った場合。そんなときはこう言ってみよう。

I’m sorry, I can’t. ごめん、できません。

Let's trade next time we meet. 今度会った時に交換しましょう。

I’ve (already) used up my special trades. 特別な交換は使ってしまいました。

*use up = 使い切った

交換以外の便利な英語フレーズ

もっと仲良くなりたいと思ったら、SNSを交換するのもアリです。気軽にこんな風に聞いてみましょう。

Do you do Twitter? / Are you on Twitter?  ツイッターやってます?

Do you do Facebook? / Are you on Facebook?  フェイスブックやってます?

Do you have/use Twitter? ツイッター(のアカウント)持ってます?

Do you have an Instagram account? Can I follow you? インスタグラムやっています?フォローしていいですか?

Can we be friends on Pokémon Go? ポケモンgo友達になりましょう。

もっと仲良くなるための英語フレーズ

話しているうちに仲良くなったら、海外のポケモンgo友達ともっと仲良くなってみよう!こんな風に誘ってみても良いかも?

Let’s go eat meat! / I want to eat some meat.  肉を食べに行こう!

Let’s have ramen. ラーメンを食べに行こう

聞き取れなかったときの英語フレーズ

話をしていて聞き取れなかったときはこう言ってみよう。

Pardon me? 何ですか?

Excuse me? すみません、何?

Slowly, One more time? ゆっくりもう一回(言って)?

Can you repeat it slowly one more time (please)?  もう一度ゆっくり言っていただけませんか?

お別れを言うときの英語フレーズ

最後には

That was fun! Thanks! 楽しかったよ。ありがとう!

Thank you very much. どうもありがとう。

Have a nice day! よい一日を!

感謝の言葉をかけましょう!

多少、出川イングリッシュでも(多少間違っても)同じ「ポケモン」という共通点があるから、つたない英語でも、皆、優しく教えてくれます。英語力を磨いて、ぜひ、次のイベントで海外の人とポケモンの交換にチャレンジしてみてください。

JASH(ジャッシュ

監修:JASH(ジャッシュ)

ポケモンGOの解説や体験レビューをほぼ毎日配信している、アメリカ人と日本人のハーフのYouTuber。チャンネル登録数は7.91万人(2019年9月現在)。街中でも他のトレーナーと気さくに交流したり、オフ会を開いたりとフレンドリーな人柄で人気。ポケモンの解説も分かりやすいと定評がある。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/mugiwarax3d2y

Twitter:https://twitter.com/mugiwarax3d2y

構成:GOTCHA!編集部