GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

将来、生まれるかもしれない「新しい死に方」とは【英語多読ニュース】

f:id:moutainbook:20190913145131j:plain

「英語多読ニュース」(9月18日号)。今回取り上げるのは、「死因」に関する話題です。この先、科学技術の進歩などにより人々の暮らしが変化すると、今までとは違った死因がでてくるはず。

どんな死に方をしたいですか?

私たち人間を含めて、生あるものに死は訪れます。不死の研究に取り組む科学者もいると思いますが、それが本当に可能になるのか、今の段階では予想もつきません。

ただ、科学技術の進歩を含め、地球上にさまざまな変化が訪れるにつれ、今までとは違った「死に方」が生まれる可能性はあります。今回取り上げる記事では、そんな「死因」をベスト10形式で紹介しています。

While death itself might be timeless, new causes of death are being invented all the time. With that in mind, here are some ways we might die in the world of tomorrow that are a little more interesting than “fell in the shower while reaching for the shampoo,” ranked from least cool to most.
死自体はいつの時代にもあるものだが、新しい死因は常に生まれ続けています。そのことを念頭に置き、「シャワー中にシャンプーに取ろうとして転倒する」よりも、ほんの少し面白い明日の世界での死に方を、すごい順に紹介しようと思います。

gizmodo.com

ランキング並んでいるものを見ていくと、

10位 未知の突然変異物質を吸い込む
9位 人工の人肉ハンバーガーでのどを詰まらせる

のような、極めてSFっぽい死因が並びますが、次のような、そのうちひょっとしたら起きるかもと思えるもものも並びます(とはいえ、まだまだSFっぽいですが)。

8位 意識をクラウドにアップロードする最中に停電する

7位 悪いAI(人工知能)によってクリップに変えられてしまう

6位 ロボットの反乱にあって殺される

人間の意識が取り込まれたコンピューターが話をするような映画もありますが、取り込んでいる最中に停電・・・。本当にありそうで怖いです(笑)。

5~2位にも「まあ、ありえないだろう」的SFチックな死因が並びますが、そこは元の記事で確認していただくとして、1位はというと・・・

1. First (confirmed) murder in space
Look, as far as we know, there haven’t been any straight-up murders in space yet. Whether or not that’s true, it still presents an enormous, extremely cool opportunity.
ほら、私たちが知る限り、宇宙で正真正銘の殺人はまだ起きていませんよね。それが本当かどうかはとにかく、私たちにはまだ、途方もなく極めてクールなチャンスがあるということだ。

本当に一番乗りをしたらクールかどうかはともかく、近い将来に生まれそうな「死因」であることは間違いなさそうです。 

ちなみに2位はタイムトラベルネタで、「Accidentally time-traveling to the second before you left, blowing yourself up」(不運にもタイムトラベルをする直前に戻ってしまい、自分自身を吹き飛ばしてしまう)というのが面白いと思いました。

タイムトラベルがテーマの映画やドラマはたくさんありますが、同一人物が重なってしまった場合、何が起きるんでしょうか。いえ、試してみたくはありません。

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。まだまだ生きます。

トップ画像:Jerzy GóreckiPixabay