GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

英語のスペリングが簡単に覚えられる方法3つ【3分で分かる】

英語のスペルが簡単に覚えられる方法3つ【3分で分かる】

3分あれば、学べることがたくさんあります!TOEIC 対策特化型スクール「トイグル」の講師であり、代表の田邉竜彦(たなべ たつひこ)さんに、3分で英語の上達法を教えていただく連載。6回目の今回は、英語のスペリングを簡単に覚えられる方法を教えていただきます。

こんにちは。トイグルの田邉です。

英語の勉強中に苦労するのがスペリング(つづり)です。あなたは次のような悩みを抱えていませんか?

  • 英語のスペリングをよく間違える
  • 英語のスペリングが覚えられない

そこでこの記事では、英語のスペリングを上達させる3つの方法を紹介します。ぜひとも試してみてください。

1. スペリングはまとまりに分けて覚える

私たちがスペリングを間違えるのは、たいてい文字数の多い語です。

例を見てみましょう。あなたは次の語を正確に書けるでしょうか?

identification (身分証明書)

難しいのが t、 i、f、i の箇所です。うっかりしていると、idenfitication(tifi が fiti になっている)や identication(fi が抜け落ちている)と間違えそうですね。

文字数の多い語を正確に書くコツは、音節(1音で発音される語のまとまり)に区切って考えることです。先ほどの identification であれば、次の6つに分解できます。

まとまり6つ  identification (身分証明書)  i / den / ti / fi / ca / tion

まとまりは辞書を引けば確かめられます。新しい単語を見たときは、まとまりに区切って覚えるようにしましょう。以下、まとまりが3つ以上の単語の例を紹介します。

まとまり3つ   appointment (約束)  ap / point / ment
まとまり4つ   presentation (プレゼンテーション)  pre / sen / ta / tion
まとまり5つ   representative (代表者)  re / pre / sent / a / tive
まとまり6つ   interdepartmental (部署間の)  in / ter / de / part / men / tal

2. 書かれるのに読まれない文字に注意

英語のスペリングにあるのに、読まれない文字があります。

例を見てみましょう。あなたは次の語をどのように発音するでしょうか?

  honest (正直な)

カタカナで表記すれば「オネスト」が正解です。決して「ホネスト」とは読まれません。

読まれない文字を含む語は、スペリングを間違いがちです。頭の中で「オネストは『正直な』の意味だったはずだけど、どうやって書くんだっけ・・・?」となってしまいそうですね。

次に、注意すべき単語をいくつか紹介します。知っておくだけでスペリングミスが減りますよ。

 listen(聞く)

 t が読まれない

 「リステン」ではなく

「リッスン」のように読みます

autumn (秋)  n が読まれない

 「オータムン」ではなく

「オータム」のように読みます

debt (借金)  b が読まれない

「デブト」ではなく

「デット」のように読みます

island (島)  s が読まれない

 「イズランド」ではなく

「アイランド」のように読みます

receipt(領収書)  p が読まれない

 「レシプト」ではなく

「レシィト」のように読みます

3. 複雑な単語は語源から理解する

英語はラテン語、ギリシャ語、その他多くの言語の影響を受け、今日の形になりました。つづりが複雑な語は、こうした外来語に由来している場合があります。

例えば、GRAPH はギリシャ語で「書くこと」を意味します。英語の autograph(サイン)、telegraph(電報)、paragraph(段落)などは、いずれも何かを書くという意味で共通していますね。

語源を知れば、単語はただの文字の固まりから、意味を持った集合体へと変化します。スペリングに対しても当然敏感になれるので、間違いの余地は減るでしょう。

以下、語源の例をいくつか紹介します。

スペリング  語源  単語の例
BIO  ギリシャ語で「生命」

 biography (伝記)

GEO  ギリシャ語で「地球」

 geography (地理学)

MANU  ラテン語で「手」

 manual (説明書)

MULTI  ラテン語で「たくさん」

 multinational (多国籍の)

SOC  ラテン語で「友人」

 social (社会の)

まとめ

この記事では、英語のスペリングを覚える3つのポイントを紹介しました。内容をまとめると次のようになります。

1. スペリングはまとまりに分けて覚える
2. 書かれるのに読まれない文字に注意
3. 複雑な単語は語源から理解する

スペリングミスが減ると、英語が上達したと実感できます。ぜひとも参考にしてみてください。

この記事の詳細はトイグルのウェブサイトでご覧いただけます。

次回もお楽しみに!

田邉竜彦(たなべ たつひこ

田邉竜彦(たなべ たつひこ)

英語教師。月間40万人に読まれる英語学習メディア「トイグル」を運営。TOEIC 対策特化型スクール「トイグル」代表。マンツーマン講座とセミナーで社会人を中心に200名以上の英語学習をサポート。英ストラスクライド大学大学院経営学修士(MBA)、英ウォリック大学大学院英語教授法修士。

トイグル: https://toiguru.jp/

編集:増尾美恵子