GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

オトナのための英語夏休みドリルに挑戦しよう!

オトナのための英語夏休みドリルに挑戦しよう!

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌、ENGLISH JOURNAL(EJ)。2019年9月号では夏らしく、「オトナの夏休みドリル」をご用意しました。学生時代、夏休みの宿題に苦戦した方もいるかもしれません。そんなほろ苦い思い出を懐かしみつつ、日常的に使える英語を身に付けられるドリルにチャレンジしてみましょう。

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年9月号

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年9月号

  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/08/06
  • メディア: 雑誌

「使える」英語を身に付けるためのオトナの英語ドリル

オトナのための英語夏休みドリル


夏休みといえば、宿題。宿題といえば、ドリル。大人になった今ではめっきり取り組む機会もなくなってしまったかもしれませんが、たまには童心に帰り、ドリル形式で英語に取り組んでみてはいかがでしょうか?

『ENGLISH JOURNAL』(EJ)2019年9月号では、語彙・文法・リーディング・リスニングの4つの分野について1日ずつ取り組み、5日目に確認テストを行って完成する5日間のドリルをお届けしています。

問題はEJで過去に扱った英語表現、英文、トークなどをもとに作成されています。ネイティブスピーカーが実際に使っている英語をドリル形式で学びましょう。

語彙問題に挑戦してみよう!

ドリルで1日目に扱うのは語彙問題。ここでは、そのうち2問に実際に取り組んでみましょう。4つの選択肢から空欄に当てはまる語句を選んでください。

問題

1. Nowadays, more and more Japanese people are choosing to go to the Philippines to study English because of its geographical (          ) to Japan and relatively low living expenses.
(a) amenity
(b) velocity
(c) proximity
(d) maturity

2. In order to (          ) Japan’s population, companies are supposed to encourage workers to take childcare leave and couples to share more time to household chores.
(a) banish
(b) expedite
(c) solicit
(d) rejuvenate

答えは…

1. (c) proximity

Nowadays, more and more Japanese people are choosing to go to the Philippines to study English because of its geographical proximity to Japan and relatively low living expenses.
【訳】
最近では、ますます多くの日本人が、日本との地理的な近さや比較的安い生活費を理由に、フィリピンで英語を勉強することを選んでいる。

【解説】
proximity は「(場所・空間の)近いこと、近接」。数字が近いときに使うapproximately(およそ、約)と関連付けて覚えるとよい。(a) amenity(快適さ)だと、空所後のto Japan につながらない。(b) velocity は「速度」、(d) maturity は「成熟」の意。

2. (d) rejuvenate

In order to rejuvenate Japan’s population, companies are supposed to encourage workers to take childcare leave and couples to share more time to household chores.
【訳】
日本の人口を若返らせるため、企業は従業員が育児休暇をとったり、夫婦で家事を分担したりするように促すべきである。

【解説】
rejuvenate は「~(若さ・活力など)を取り戻させる、~を若返らせる」の意味だが、ここでは「出生率を上げる」ことを意味している。juvenile は「若い、未熟な」という意味の形容詞で、juveniledelinquency(少年非行)なども併せて覚えておきたい。(a) banish は「~を追放する」、(b) expedite は「~を促進させる」、(c) solicit は「~を懇願する」の意。and の後にはencourage が省略されていると考える。

確認テスト(リスニング)に答えて応募!

いかがでしたか? EJではさらにいろいろな問題に取り組むことができます。日々の学習成果の力試しに、ぜひ取り組んでみてください。

また、ドリルの最終日は確認テストになっています。リスニング問題を解いて専用のフォームから応募すると、全問正解の方の中から抽選で10名様に図書カード3000円分が当たります。挑戦してみてくださいね!

エンタメから政治経済までお届け

ENGLISH JOUNAL 2019年9月号

さらに9月号では、エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』の公開を記念し、主演のタロン・エガートンのインタビューを掲載しています。また、エルトン・ジョン本人とそのパートナー、デヴィッド・ファーニッシュが取り組む、エイズ撲滅のための運動などについても本人たちの声で学ぶことができます。

インタビュー2には環境法学者のダニエル・ファーバー教授が登場。気候変動に対し、私たちはどうしていけばいのか、わかりやすく語ってくれました。

特別企画では過去のEJ Interviewの中から、海外セレブの印象的な発言を精選。困難を乗り越えるために必要なこと、未来への可能性、人生で大切にすべきこと……何かに迷ったときにぜひ思い出してほしい言葉の数々をご紹介します。

ENGLISH JOURNAL2019年9月号、ぜひお手に取ってご覧ください。

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年9月号

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2019年9月号

  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/08/06
  • メディア: 雑誌
年間購読なら1冊分お得!

江頭茉里

構成・文:江頭 茉里
ENGLISH JOURNAL編集部員。夢は自分が編集した本ばっかりの本棚を作ること。 熱しやすく、冷めにくい。好きなもの・趣味が多すぎるのが悩み。