GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

ラーニー(LEARNie)の口コミ公開!無料体験の内容と感想は?

ラーニー(LEARNie)口コミ

ラーニー(LEARNie)は、日本発の子ども向けオンライン英会話サービスです。バイリンガルの先生が、少人数のグループレッスンで楽しく英語を教えてくれます。アクティブラーニングやゲーム形式のアクティビティで英語を学べるのが特徴とされており、実際はどのようなレッスンを行っているのか気になるところです。今回は、小学校1年生になった私の娘がラーニーの無料体験レッスンを受講してみましたので、その内容や感想についてお伝えします。

小学校1年生の女の子

無料体験受講者>

小学校1年生の女の子。ちょっと飽きっぽい性格で、興味を持てないことは頭に入らない。逆に興味を持てることには、長い時間でも集中できる。他のオンライン英会話の無料体験レッスンを受けたことがあるものの、英語はまだ全く話せない。

*その他にもたくさんあるオンライン英会話各社の特徴などを比較した記事はこちら。
オンライン英会話はどれがおすすめ?(年間No.1の人気記事です)

小学校1年生の娘がラーニー(LEARNie)に挑戦!

私の娘は小学校1年生です。小学校に上がる前までは、英語を本格的に学ばせるのは高学年になってから始めればいいかと考えていました。しかし2020年から小学校でも英語教育が必修化されますし、将来仕事をしていく上では英語が必須になるでしょう。英語の本格的な勉強とまでは行かなくても、英語を好きになってもらう程度の働きかけはしたいと考えるようになりました。

そこで、まずは英語に親しんでもらえるような英語スクールがないかなと考え、いくつかオンライン英会話の無料体験レッスンを受けてきました。その一つが、今回ご紹介するラーニー(LEARNie)です。あえて通学型のスクールではなくオンライン英会話サービスを選択したのは、私の送り迎えの負担がなく気軽に続けやすいからです。

ラーニーってどんな特徴のオンライン英会話サービス?

ラーニーの最大の特徴は、アクティブラーニング(学習者である生徒が受動的になる授業ではなく、能動的に学ぶことができる授業)を取り入れた少人数のグループレッスンが主体であることです。

ユニークな参加型レッスン

ラーニーでは、英語をインプットするのはもちろん、他の子どもたちとディスカッションしたり学習内容を発表したりといったアウトプットの機会が設けられています。毎回のレッスンでは、最初に自分で目標を立て、インプットとアウトプットを織り交ぜつつレッスンを進め、最後にその日の学習内容と目標達成度を発表します。

自分の言葉で学習内容を振り返ることができるので頭に残りやすいと思います。また発表内容を動画に記録して後からメールで送ってくれるので、保護者もわが子の英語力の向上を毎回、リアルに実感できます。

講師はバイリンガルで全員日本語OK!

講師は全員バイリンガルであり、レッスン内における英語と日本語の使用割合を子どもの英語力に応じて変更してくれます。英語を初めて学ぶ「Level1」だと英語3:日本語7、次の「Level2」だと英語6:日本語4、最も上の「Level3」で英語8:日本語2となっており、英語を話せず詰まってしまいレッスンがストップするようなことがありません。この点は、全く英語の話せない私の娘でも安心してレッスンを受けさせられると思いました。

レッスン時間は長め!娘の集中力は続くか?

一つだけ心配だったのは、レッスンが1時間だった点です。一般的なオンライン英会話は20分から30分程度であるのに比べると、かなり長めです。小学校の授業でもこれほど長くはありませんので、飽きっぽい娘の集中力が続くかどうか不安でした。こうした不安は多くの保護者が持つものだと思いますので、必ず無料体験レッスンを受けておいた方がいいです。

結論をお伝えすると、娘についてはこの不安は杞憂(きゆう)でした。グループレッスンのため、自分が考える(話す)番と他の子が考える番が交互にやってきて、うまく飽きさせないようなレッスン構成になっています。複数の子どもが参加するので、これぐらいの長さがないと話す時間が短すぎて物足りないかもしれません。

オリジナル教材で料金もリーズナブル

ラーニーのレッスン形式はユニークなため、やはり教材もオリジナルのものを使用しています(サンプルテキストはこちら)サンプルを見ると「自分の子どもにはレベルが高すぎる!」と感じるかもしれませんが、これはLevel2の難しめのテキストなので気にする必要はありません。実際のレッスンでは、もちろんレベルにあった教材を使います。

なお料金は週1回60分のレッスンで、6980円(税抜)です。格安とまではいきませんが、オリジナル教材とバイリンガル講師、手厚いフォローまで考慮すると十分リーズナブルな水準だと思います。

ラーニーの無料体験に申し込むまでの流れ

ラーニーでは、2回までレッスンを無料体験できます。時期によっては、キャンペーンで4回まで体験できることもあります。

まずは申込フォームから保護者の名前とメールアドレス、電話番号だけ入力して送信しましょう。

ラーニー(LEARNie)

すると、自動返信メールが送信されてきますので、その中にあるアンケートに回答しましょう。ここで子どもの英語レベルについて伝える形になります。

また、担当者からメールで、レッスン可能な曜日と時間の連絡が来て、体験レッスンの日時を決めることになります。ラーニーのレッスンは毎週日時が固定されています。

パソコンを用いたレッスンなので、一般的なオンライン英会話と同様にインターネット通信環境、カメラ付きのパソコン(WindowsかMacOS)、そしてヘッドセット(Macならマイク付きイヤホンでもOK)の3つがあることは事前に確認しておきましょう。

また「ZOOM」というウェブ会議用アプリを利用するので、初回レッスン前に使えるかどうか確認しておきましょう。インストールは不要で、こちらのページから無料で利用の是非を確認するだけで構いません。

親も子もドキドキ!1回目のレッスン

いよいよ、指定された初回レッスンの日がやってきました。私の仕事の都合や娘の生活リズムを考えて、毎週水曜日19時スタートのコースをチョイスしました。娘の他に、小学校1年生の女の子と小学校2年生の男の子が所属しているクラスです。レッスンの際には、事前にメールで指定されたURLにログインすることになります。

初回は環境設定の確認が必須!

初回なのでログインやカメラ、ZOOMの設定を確認するために、レッスン開始の30分前にログインするよう指示されました。地味なようですが、後から思い返すとこれは親切なアドバイスだと思いました。

どうしても最初はパソコンやアプリの使い方に慣れておらず、「ネットワークに接続できない」「音声が聞こえない」「画面が見えない、見えづらい」などの不備が発生しがちです。早めにログインしてツールやシステムのチェックを必ずやっておきましょう。

案の定、娘の初回レッスンではパソコンのマイクがうまくつながらないトラブルが発生!今回のレッスンでは映像だけパソコンを利用し、音声はスマホにインストールしたZOOMのアプリからやり取りするようにしました。

思わぬトラブル対応に追われましたが、30分前にログインしていたおかげで何とかレッスン時間には間に合わせることができました。

日付や数字の読み方を画面に示しながら楽しく学習

レッスンの担当は、日英バイリンガルの男性の先生。英語はもちろん、日本語も問題なく話せます。初回なので、みんなで簡単に名前や学年、住んでいるところなど自己紹介をしていきました。

今回のレッスンのテーマは、日付と数字の読み方です。びっくりさせられたのが、他の2人の子どもの英語力。すでに3桁の数字や時計の読み方などを英語でスラスラ答えており、正直なところ「ついていけるかな?」と心配になりました。娘は日本語ですら答えられないほどなのに・・・。

しかし先生の教え方は手慣れたもので、うまく娘を巻き込んでレッスンを進めてくれました。読み方が画面にひらがなで示されますので、娘のように英語に慣れていない子どもでも問題なさそうです。

娘も「置いてけぼりにされている」と感じている様子はなく、他の子どもと楽しそうにレッスンになじんでいました。親としては、娘の意外な順応力に感心させられましたね。

ラーニー(LEARNie)

ラーニー(LEARNie)

レッスンの後にメールでフォロー

何とか初回レッスンを終えた後、日曜日に先生からフォローメールが送られてきました。レッスン内容のおさらいや復習用のレビューシート、発表動画、そして次回までの宿題である「チャレンジ問題」です。

こちらを見ることで、保護者がレッスン中に不在でも内容を確認できます。子どもにとっても、良い復習の機会になると感じました。特に発表動画が添付されていたのが特徴的で、娘は動画を見て「離れたところにいるお友達と話せて楽しかった」「次回はもっと話せるようになりたい」とやる気を新たにしたようでした。

レッスン完了から3日後というタイミングでしたので、娘も私も少し内容を忘れているところがありました。あえて言えばもっと早めにフォローしてもらえるとうれしいかなと感じましたが、動画や宿題を用意してもらっていることを考えると、3日後になってしまうのも仕方ないかもしれません。

慣れたかな?2回目のレッスン

2回目のレッスンは、翌週の水曜日19時から。ZOOM用のマイクの準備が間に合わなかったので、今回もパソコンとスマホを併用してレッスンを受けました。

残念ながら他の2人はお休みで、期せずしてマンツーマンレッスンという形になりました。先生は前回と同じ日英バイリンガルの男性です。

イメージを重視したユニークな教え方

今回のレッスンでは、「英語の文字を5つ覚える」という目標を立てました。前回とは異なり、アルファベットを覚えるレッスンでした。マンツーマンだったためか、より娘のレベルに寄り添った形で柔軟にレッスンを設計してくれていた印象です。娘は2人ともいなくて寂しかったようです。

小学校1年生の英語を知らない(日本語も覚束ない)子どもにどうやってアルファベットを覚えさせるのか、親の私も興味津々。

すると、先生が「このアルファベットは何の形に見える?」と聞きながら、イメージでスペルを覚えさせていく手順でした。初めて見る教え方でビックリしました。

具体的なやり取りの例)
英語の小文字のbやdを画面で見せて、「これってどんなイメージ?」と聞く

「手でイイネ!を両方やってみて!ほら、bdでしょ?」と伝える

次に小文字のcを見せて、「これってどんなイメージ?」と聞く

娘が「0が欠けている感じ」と答える

「そうだね!いいイメージだね!」と褒める

アルファベットの教え方からして、アクティブラーニングの能動的な教え方が貫かれているのかと感心しました。一方的に教え込んで覚えさせた方が一見効率的に思えますが、「英語を楽しんでもらう」という目的からするとこちらのアクティブラーニング的な教え方が良いのではないでしょうか。

ゲーム形式でアルファベットを覚えられる教材に娘も夢中

次に、アルファベットを覚えるためのゲームをやりました。

Tobyという男性がエレベーターに乗りたいけれど、正しくアルファベット数文字で構成された英語のキーワードを入れないとエレベーターが動かないという設定です。子どもの遊び心を絶妙にくすぐる設定で、探偵ものが好きな娘も夢中になって英語のスペルを読んでいました。

ラーニー(LEARNie)

結果的に最初の「英語の文字を5つ覚える」という目標をクリアでき、娘も自信になったようです。英語に触れる楽しさも感じられ、この調子ならラーニーのレッスンを続けられるかなと思いました。

ラーニーの無料体験レッスンを受講した感想は?

子どもの感想

1回目はちょっと時間が長く感じたけど、なんとか参加できた。
数字とか読むのは難しい。でも、離れたところに住んでいてもお友達と英語のレッスンができるのは楽しい。また、お友達とネットで会えるのが楽しみ。

2回目は英語のスペルを覚えるのが難しかった。
今回はお友達がだれも来なくて少し寂しかった。今度はみんなとレッスンができるといいな。

親の感想

今までいろいろなオンライン英会話を受講してきましたが、うちの子にはここのレッスンスタイルがとても合っていると思いました。「ラーニー」のレッスンはアクティブラーニング要素が多いのが素晴らしい!いつもはやる気のないうちの子でも、レッスンに参加できるゲーム要素がつまっていて、楽しく夢中になっていました。

バイリンガルの先生なので、日本語でもいろいろ聞けるのがいいみたいです。他のオンライン英会話だと日本語を全く話せない講師しかいないことも多くてレッスンを進めるのが大変だったので、この点は安心でした。

グループレッスンだと子どもの英語レベルに差があって、レッスンが難しいのではと心配でしたが、先生がとてもうまく対応してくれたのでどうにかなりましたね。まんべんなく先生が子どもに質問を投げかけて、特定の子どもが置いてけぼりにならないよう気を配っていました。また、他の子に比べて英語レベルの低い娘の番になるとそれとなくレベルを下げて質問してくれました。

単に英語と日本語の両方が話せるというだけではなくて、うまくレッスンを進めるための対応能力が優れていると感じます。

2回目のレッスンのときは他の子は誰も来なくて、マンツーマンでした。娘は寂しそうでしたが、親の自分としては正直なところお得だなと思いました。

ラーニーはどんな人におすすめ?

英語初心者の子ども

グループレッスンでも、それぞれの子どものレベルに合わせたレッスンを行ってくれます。全くの初心者でも問題ありません。基礎からしっかり英語を身に付けてほしい場合におすすめです。

普段飽きっぽい子ども

飽きっぽい子どもでも、受け身にならずレッスンに参加できるので続けやすいです。自分で学習内容をまとめたり他の子と話し合ったり、ゲームを行ったりとアクティブラーニングかつメリハリの利いた構成になっているため、1時間の長丁場でも大丈夫です。

親が仕事や家事で忙しい子ども

やはりオンライン英会話の最大の魅力は、自宅でレッスンできること。送り迎え不要なのは、親にとってありがたい限りです。レッスン中も子どもは楽しく集中しているので、隣に親が控えている必要はありません。子どもが学んでいる間、親は自分の仕事や家事などに時間を充てられます。

アクティブラーニングに関心のある保護者

ラーニーでは、アクティブラーニングを取り入れています。ご紹介したように、アルファベットですら一方的に教え込むことはせず、子どもとやり取りしながら自発的に覚えるよう促していきます。

こうしたアクティブラーニングは教育分野でも注目されており、文部科学省でも本格導入に向けた研究や実践事例の蓄積を進めています。 アクティブラーニングは能動的に授業へ参加することが求められるため、受動的に授業を受けることに慣れた子どもにはハードルが高いかもしれません。アクティブラーニングに子どもを慣れさせるという点でも、ラーニーを始めることにはメリットがあると感じました。

興味のある方は無料体験を試してみることをおすすめします。

gotcha!

編集:GOTCHA!編集部