GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

プロの英語ナレーターが実践!変顔発音トレーニング

プロの英語ナレーターがやっている!変顔ボイストレーニング

※写真は女優でプロのナレーターの宮本和歌子さんです。

「発音がきれいだね」って言われたい。帰国子女じゃなくても、留学経験がなくても、英語に自信が持てるようになれるんです!女優でプロのナレーターの宮本和歌子さんが発音の磨き方を教える連載。2回目の今回は、顔の筋肉を動かす変顔発音トレーニングです。

こんにちは、宮本和歌子です。大学卒業後、中学・高校の英語教員を経て、現在は舞台を中心に女優として活動しています。以前、NHKワールドの番組に出演し、同時に番組のナレーションも担当させていただきました。NHKワールドは海外向けの放送局なので、番組はすべて英語です。そのような番組に、帰国子女でもなく、海外居住経験もなく、ただただ日本で英語を勉強してきただけの私のような人間が、どうしてナレーションまで担当することになったのか、そのトレーニング法を書いていきたいと思います。

今回は、日本語を話すときにあまり動かさない顔の筋肉の使い方と、特に顔を動かさなければ発音できない、/w/、 /æ/、 /θ/、 /ð/ を取り上げます。

いい発音には、変顔ウォームアップが効果絶大!

英語を話すときは日本語とは違った口の動きをするため、顔の筋肉を使います。英語らしい発音をするときに変顔になっているんじゃないかと心配したり、恥ずかしがったりしていては、堂々と英語を話すことができません。発音を練習するときには、変顔を楽しむくらいの気持ちで取り組んでみてください。実際は、変顔ではなく、むしろチャーミングに見えているはずです。自信を持って顔を動かしましょう!

初めに、私がボイストレーニングのレッスンで習った方法を紹介します。

1. 目を動かす

いきなり普段使っていない顔の筋肉を動かすのは難しいので、目玉を動かすことから始めます。目玉を上下左右に動かします。そして目玉をぐるぐる動かしてみたり、目を閉じたり、思いきり開けてみたり、寄り目にしたりします。そうすると、自然と眉毛も動きますし、目の周りの筋肉を動かすことになります。

2. 首や肩を動かす

首や肩に力が入っていると、なかなか声が出にくいので、首や肩を回して、力を抜きましょう。

3. 喉を開く

英語を話すときは、息をたくさん使います。喉を開けて発声することがイメージしにくい場合は、大あくびをしてみましょう。そうすると、喉の奥が開きますよ。

4. 息を吐く

あくびで喉を開いた状態で息を吐く練習をしましょう。

5. 下顎を動かす

あくびの状態で、下顎を左右に動かします。顎が外れやすい方はご注意くださいね。

6. 舌を動かす

舌を柔軟に動かすことも必要です。舌を思い切り出して、上下に動かしたり、左右に動かしたりします。

口を大きく開けて、舌を上顎にくっつけた後、今度は舌を下顎へ沈めます。これを交互に何度も繰り返しましょう。

7. 顔全体を動かす

顔全体の筋肉を柔らかくしましょう。思い切り顔をゆがめたり、縮めたり、目を見開いたり閉じたりと、とにかく顔を自由に動かして変顔の練習すると、英語の発音をするのに役立ちます。

変顔発音トレーニングはいかがでしたか?

それでは、顔、口周りの筋肉、舌がほぐれてきたところで、実際に英語の発音の練習をしてみましょう。口の形を記憶するためにも、鏡を見ながら練習をするといいですよ。

/w/ の発音:口を思いっきりすぼめて唇を前に突き出そう!

/w/ の発音は、顔の筋肉を動かすチャンピオン級の発音です。日本語の「ウ」程度に口を動かせば十分だと思っている方はいませんか?さあ、覚悟を決めて、口を思いっきりすぼめて唇を前に出して発音しましょう。自分の目で唇が見えたら成功です!

では、まず単語で練習しましょう。

  • we(私たち)
  • would(will の過去形)
  • wash(洗う)
  • wagon(車)
  • wheels(車輪)
  • wish(望む)
  • wristwatch(腕時計)

口が慣れてきましたか。では今度は文で練習しましょう。

We would like to wash the wagon wheels.

私たちは車の車輪を洗いたいです。

I wish I hadn’t washed this wristwatch.

腕時計を洗うんじゃなかった。

/w/ のところで、思いっきり口をすぼめて発音できましたか。最初は大げさなぐらいやってちょうどいいです。練習するときに大げさに顔を動かしていると、いつのまにか意識しなくても、顔の筋肉が無理なく英語仕様に変わってきますよ。

/æ/ の発音: 口を思いっきり大きく「え」の形に開こう!

次に、/æ/ です。これは、「え」の口の形で「あ」と発音するイメージです。思いっきり口を大きく「え」に開きます。それを意識して練習しましょう。少し長めに音を伸ばすつもりで発音するとコツがつかめますよ。

  • that(あれは、それは)
  • sad(悲しい)
  • dance(踊り)
  • fantastic(すばらしい)
  • ham(ハム)
  • sandwich(サンドイッチ)

では、文で練習しましょう。

That's so sad.

それはすごく悲しいよ。

Your dance performance was fantastic.

あなたのダンスの発表はすばらしかった。

Have some ham sandwiches.

ハムサンド食べてね。

/θ/ と /ð/ の発音: 舌を上下の歯で挟んで息を出そう!

/θ/ と /ð/ は、舌を上下の歯で挟んで、息を強く出します。上の歯と舌の隙間から息を滑りを出させるようなつもりで、発音してみてください。最初は舌を出し過ぎかなと思うぐらい出して練習した方がいいです。

/θ/ と /ð/ の発音の違いは、/θ/ は息だけを出すのに対し、 /ð/ は声を出します。恥ずかしがらずに、思いっきりいきましょう!

  • through(終わる)
  • thing(物)
  • with(be through with で「~を終える」)
  • this(これ、この)
  • the(その)

では文で練習しましょう。

Are you through with this discussion?

話し合いは終わった?

Is this the thing?  

これが、その物?

Yes, this is the thing.

はい。これがその物です。

こちらもおすすめ

宮本和歌子さんが所属する劇団「狼少年」が「生きても死んでもこんにちは」を7月に公演します。宮本和歌子さんが出演します!

公演日:2019/07/26 (金) ~ 2019/07/28 (日)

sencale.com

宮本和歌子さんがナレーターを担当した、「Green and Sustainable Chemistry: Dyeing Systems("GSC 人と環境に優しい化学(染色システム)」の動画です。ネイティブスピーカーのような発音を、ぜひ聞いてくださいね。

ジュン セニサック

文:宮本和歌子
早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、中学・高校の英語科教員を経て、現在女優。2017年にはNHKワールド『Japan Railway Journal』に出演(ナレーションも担当)。2019年7月26日~28日、「狼少年」第10回記念公演(仙台の「せんだい演劇工房10-BOX」)に出演予定。中外製薬のショートムービー『未来への呼び鈴 - 保健師活動啓発ムービー』に主演。
公式Twitterアカウントは @wakako_miyamoto

写真:寺岡祥平

編集:増尾美恵子