GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

世界一「強い」パスポートを持つのは日本!【英語多読ニュース】

「英語多読ニュース」(7月17日号)。今回は「パスポート」の話題。世界ランキングというものがあるんですね。

経済大国ランキング、世界で最も住みやすい国ランキング・・・。毎年いろいろなランキングが発表されています(ご存じとは思いますが、参考までに前者の2018年ランキングで日本は3位、後者では24位でした)。

各国が発行するパスポートにも、Henley Passport Index というランキングがありました。市民権などのアドバイスを専門とする、ロンドン拠点の顧問事務所 Henley & Partners が、毎月更新しているランキングのようです。

The list was compiled by the Henley Passport Index, which analyses how many countries a passport holder can enter visa-free or on a visa-on-arrival basis.
ヘンリー・パスポート・インデックスによるリストは、パスポート所有者がビザなし、または到着ビザで何カ国に入国できるかを分析している。

www.thesun.co.uk

そんなランキングで、日本のパスポートはなんと世界一。すごいですね。

Japan and Singapore have held onto their joint top spot, with each country offering visa-free access to 189 destinations. This latest ranking marks an 18-month long winning streak for both countries, after they unseated Germany from its long-held 1st position at the beginning of 2018.

日本とシンガポールが1位の座を分け合った。両国はビザなしで189カ国に入国することができる。日本とシンガポールは、2018年の初めに長い間1位だったドイツからその座を奪い、以来18カ月にわたり連続して1位を守り続けている。

今回取り上げたニュースは The Sun のもの。イギリスのメディアの記事のため、後半ではイギリスの Brexit(イギリスの EU 連合離脱)の話題にも触れています。

なんでも今、イギリス人によるEUやアイルランドのパスポートの申請数が急増しているそうで、現在、世界第6位というパスポートランキングは今後、さらに低迷する可能性があるとのこと。

世界の情勢やお国事情も垣間見ることができる、このパスポートランキング。日本はいつまで1位を維持できるのでしょうか。

 

Takahiro Yamamoto/山本高裕

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。外国旅行したい!と思って「あ!パスポートが切れていた!」と慌てて申請した経験を持つのは、私だけではないはず。