GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

自己啓発書や対策マニュアル・・・英語モチベーションが下がったときの3つの対処法

自己啓発本や対策マニュアル・・・英語モチベーションが下がったときの3つの対処法

今回、英会話講師のパンサー戸川さんが取り上げるのは、英語学習者にとって永遠の課題である「モチベーションの保ち方」。ご自身の経験を交えてお話しいただきます。

英語学習のモチベーションを保つ3つのヒント

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

「モチベーションが保てません・・・」や、「今日はやる気が全然出ないんです・・・」という声を、生徒さんを含め多くの方から聞きます。

実際、英語学習において、モチベーションが高いときもあれば、当然下がるときもありますよね。僕もこう見えて、下がるときがいっぱいありますので安心してください(笑)。

そこで今回は、「英語学習のモチベーションを保つ3つのヒント」として、僕の経験を交えながらお伝えしていきたいと思います。

その1)自己啓発書を読む

僕はオーストラリアに合計3年半留学していました。留学当初の3カ月は何もかも新鮮で、「英語って楽しい♫」という感じになっていました。

しかし3カ月を過ぎたころ、停滞期に差し掛かります。その期間は英語をしていても変化が感じられず、何もかも停滞している状態でした。

気持ちの面でもあまり上がらず、目の前に霧がかかり、もやもやしている感じでした。

「こんなことではダメだ!」

・・・と思うのですが、体が動きません。

机に向かうのも面倒だし、やる気が出ないのです。「明らかにモチベーションが下がっている。どうしよう?」そう思っていたとき、日本を出国する前に買った本のことを思い出しました。

それは『夢をつかむ イチロー262のメッセージ』でした。

僕はイチロー選手が大好きで、彼の考え方や哲学に非常に興味があったんです。オーストラリア留学前に書店に行き、「何か良い本はないかなー?」と思って探していると、彼の本に出会いました。

僕は英語学習をしている以外の時間はよく読書をしていました。その中の1冊が『夢をつかむ イチロー262のメッセージ』でした。この本を読んでいると、本当にたくさんのエネルギーをもらえるんです。

僕がモチベーションを保つことができたのは、この本のおかげと言っても過言ではありません。というのも、本の中には調子が良いときのイチロー選手の言葉だけでなく、スランプのときのイチロー選手の考え方、行動の仕方も書かれていたからです。

僕はそれを読んで、背中を押されました。

「あのイチロー選手でも調子の悪いときがあるんだ。でも、それでも彼はプレーしなければいけないし、どうにかして乗り越えなければいけないんだ。僕もできる範囲で頑張ろう」

この本のおかげで、なるべく高い状態でモチベーションを保つことができました。

ですから、自己啓発書の力を借りることも、一つの方法だと感じています。

その2)対策マニュアルをあらかじめ作っておく

人間、調子が良いときもあれば、そうでないときもありますよ。僕も、モチベーションが下がって、「もうこれ、ダラダラし過ぎだろ!」って自分で突っ込んでしまうくらい、怠惰になるときもあります。

そんなときのために、「対策マニュアル」を作成しておくのです。例えば、どういうときにモチベーションが下がる傾向にあって、下がったときに自分はどうなるのか?ということを把握しておきます。

そしてそれを踏まえた上で、「最短でモチベーションを回復するにはどうすればよいか?」を、あらかじめ「対策マニュアル」として作成しておきます。

すると、「何をどうすれば最短でモチベーションが回復し、いつもの状態に戻れるか?」という事が分かるようになります。回復法については人それぞれだと思います。寝ることで回復する方もいれば、スイーツを食べることで回復する方もいます。

回復法は人それぞれなので、「自分の負けパターン(=モチベーションが下がるパターン)」を把握して、対策マニュアルを作成しておきましょう。

そうしておくと、いざモチベーションが下がってしまったときでも、落ち着いて対処できるようになります。

その3)友達や英語仲間と話す

英語学習はダイエットと同じで、基本的に孤独です。一人の時間が多く、気付けば何かしらのモヤモヤが頭の中にたまるんです。それをほったらかしにしておくと、モチベーションも徐々に下がってきます。

そういうときに友達や英語仲間と話すと、あなたの心の中に「循環」が生まれます。

ずっと締め切った部屋の空気は悪くなります。だから、窓を開けて空気を入れ替えてあげる必要があります。これと同じで、あなたの頭や心の中も、適度に「循環」してあげないといけません。

「話す=離す」という行為を通すと、今までたまっていたモヤモヤが晴れてスッキリします。

英語だけでなく、人生でも上がり下がりは必ずあります。もちろん上がっているときはほったらかしでも上がっていくので、あまり気にする必要はありません。

私たちがしなければいけないのは、「下がったときに、どのように対処するか?」です。焦る必要はありませんが、できるならなるべく早くモチベーションを向上させたいですよね。

まずは落ち着いて、今回お伝えした3つのことを参考にしながら、モチベーションを保って英語学習に励んでいただければと思います。

オススメの本
イチロー 262のメッセージ

イチロー 262のメッセージ

パンサー戸川

2005~2008年の約3年半、オーストラリア留学後、日本に帰国。その後約3年間、フィットネスクラブでアルバイトを経験し、2012年にインターネットを活用したスカイプ英会話講師として独立。ツイッターフォロワー数約15万人、アメブロランキング1位獲得(英語・英会話部門、アラサー男性部門)

ブログ https://togawaakio.com/
Twitter(3秒英会話@パンサー戸川)https://twitter.com/akiotogawa8888/
インスタグラム(3秒英会話)https://www.instagram.com/3secondsenglish/