GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

ALUGOのユーザーが2ヶ月で上達実感を持つのはなぜ? → コンサル出身の社長が自らに課した特訓をサービス化したから

ALUGO

ビジネススピーキングに特化した、コーチング系スマホ英会話の「ALUGO」(アルーゴ)を紹介します。ALUGOを運営する、アルー株式会社 代表取締役の落合文四郎さんにお話を伺いました。

ALUGO(アルーゴ)とは?

ALUGOは、ビジネス英会話に特化した、コーチング系のスマホ英会話サービス。レッスンに出てくる場面やトピックはビジネスシーンに即しており、ビジネス英語のなかでも「話す」ことが求められる方向けの内容です。通学は一切不要なので、忙しい人には最適。

ALUGO

右:レッスンでの発話内容&自然な言い回しへの修正版・ネイティブ版の計3種類を送付
左:レッスン中に話した単語や構文をAIで解析して「スピーキング力を見える化」

社内でのキャリアアップや外資系への転職を目指す人、また、海外出張や海外赴任を前に短期集中で英語力を高めたい人など、短期集中で「成果」を必要としている人には特におすすめです。

ALUGO 3つの特長
  • 担当カウンセラーが2カ月間徹底サポート
  • 発話内容を書き起こし&フィードバック
  • 通学不要。日本全国どこでもアプリで受講可能
ALUGOの運営会社&代表的な料金プラン
  • 運営会社:アルー株式会社
  • 代表的な料金プラン(税抜):入学金 50,000円、Standardプラン 328,000円(2カ月)

(語彙力や文法力がまだ少し足りないという方には基礎力養成を重視した「Basic」プランも用意されています。)

法人向け英会話サービスから生まれたスマホ英会話

ALUGO

アルー株式会社 代表取締役社長 落合文四郎さん

アルー株式会社では、 2003年から法人向けの人材育成サービスを展開していますが、その中でも英語教育は重要なテーマでした。ビジネスにおける英語のニーズは高まる一方ですが、アジアのほかの国と比べても日本には英語が話せる人は少ない。この状況を何とか改善したいと開発したのがALUGO(アルーゴ)です。

2カ月での上達実感は実体験から

実は私(アルー代表の落合さん)自身も英語を「話せない」人でした。大学4年のときにコンサルティング会社に内定が決まり、英語はできたほうがいいとスクール通いや語学留学もしましたが成果はいまひとつ。そのためコンサルタント時代は英語が必要な案件には関われませんでした。転機は現在の会社を立ち上げた後にやってきました。アメリカで業務提携の交渉という大事な仕事が入り、「通訳を介さずに直接話したい」という思いが強まったのです。準備期間は2カ月間、交渉の際に必要になりそうな英文を徹底的に暗記しました。この方法が功を奏し、“本番”ではスラスラとは言えないまでも、自分の考えをしっかり相手に伝えることができたのです。

こうした実体験もあり、ALUGOでは実践的なビジネス英会話に特化しました。大前提としたのは、TOEICのスコアアップでも英語の流ちょうさでもなく、「ビジネスで目的を達成するための英語」。いくらTOEICが高得点でも会議や交渉の場で自分の意見が言えなければ、仕事の相手として信頼は得られません。相手が求めていることをしっかり聞き取り、自分の考えを完全な文章で話しきる力こそがビジネスでは必要なのです。

効果を最大化するフィードバック

ALUGO

短い期間で成果が感じられることは、その後の英語学習のモチベーションになります。そこでALUGOでは受講期間を2カ月と短く設定。「Standardプラン」では期間中に1回25分の外国人ネイティブとの英語レッスンを48回(週3回程度、1日25分×2回を推奨)と担当カウンセラーによるセッションを8回(週1回)受けるほか、リスニングや発話添削、例文暗記などアプリを使った学習も進めていきます。推奨している学習時間は1日2時間。宿題・復習などのタスク管理からレッスンまで、すべてストレスなくスマホ1台で完結できるので、通勤時間やオフィスでのちょっとしたすき間時間を有効活用して学習を進めている方が多いです。

特徴的なのは Skypeなどのビデオ通話ではなく、電話を使っている点。表情やボディーランゲージなどの視覚的なサポートがない分、相手の話をしっかりと聞き取る必要があり、リスニング力も鍛えることができます。負荷が高い分、トレーニングの成果も出やすいと考えて意欲的に取り組んでいただきたいと思います。なお、ALUGOには独自のホワイトボード機能が搭載されているので、レッスン中のコーチからの説明は、目でも確認できます。

そして、ALUGOがどこよりも充実していると自負しているのが、担当コーチからのフィードバックの質と量です。レッスンでの発話内容を書き起こしたものが24時間以内に添削&フィードバックされてきます。「ネイティブスピーカーならこんな感じで表現します」という自然な言い回しに変換したものも一緒に送られてくるので、丁寧に復習をすることで、「使えるフレーズ」を確実に蓄積していくことができます。

AIも駆使した「オリジナル教材」

AIとカウンセラーによって個別最適化された宿題も高い評価をいただいています。レッスン中に話した英単語や構文を詳細に分析し強みと弱みをレポートで「見える化」。受講者は自分の英語力を客観視でき、カウンセラーも同一のレポートを毎週チェックしています。また、勉強中に生じた疑問や質問は随時チャットで質問ができ、平日24時間以内に返答されます。レポートもレッスンのフィードバックメールも、言ってみれば自分だけのオリジナル教材。上手に利用することでより効率的に学習を進められます。

学習成果については、ALUGO独自のアセスメントテストで12レベルに分けて判定。電話を使ったアセスメントでスピーキング力を判定しているので、TOEICでは上級レベルに該当する人でも、一番下のレベル1からのスタートになることはよくあります。ただ、そうした受講生は、語彙や文法の力はすでに十分備わっているので、レッスンを受け始めるとぐんぐん伸びていく傾向があります。

英会話は階段のように少しずつ上達していくものです。私もそうでしたが、一段上がったと感じたときには英語を話すことが楽に感じ、その成功体験がモチベーションにつながります。ALUGOでぜひその一段をクリアしてほしい。「こんなに勉強してきたのに全然話せるようにならない」と悩んでいる人にはぜひ「ALUGO」を試していただきたいですね。

ここに注目! ALUGOの先輩たちの体験談

自分に合うかどうか迷っている方は、ALUGOの体験談をまとめたブログをぜひ参考にしてください。

https://alugo.net/blog/category/experience

ユーザーの声

ユーザーの声外資系企業に転職し受講。学習法の指導も丁寧で、電話会議の内容が7、8割聞き取れるようになった。(男性・会社員)

ユーザーの声海外赴任前に受講。たった2カ月で、英語で聞かれたことに、瞬発的に答えられるようになったのには驚いた。(男性・メーカー勤務)